カマンベールチーズの『皮』は食べる?食べない?知っておきたいマナーと食べ方

2019.06.19

お菓子の材料にも時折使われるカマンベールチーズは、クセがなくクリーミーで柔らかい白いチーズです。スーパーでも買うことができるカマンベールチーズですが、どう食べれば美味しいのか気になりますよね。この記事ではカマンベールチーズの食べ方をまとめました。

カマンベールチーズの食べ方。外側の皮は?

カマンベールチーズは表面が真っ白が皮のようなものに覆われています。食べようと思ったときに、その皮の扱いで悩んだことがある方もいるのではないでしょうか?まずはカマンベールチーズの皮の扱い方について紹介します。

外側の皮は白カビの一種

カマンベールチーズの外側は白カビで覆われています。皮のように感じますが、これは白カビが集まって表面を固めた『リンド』と呼ばれるものです。

既にカットされているタイプのカマンベールチーズだとリンドが付いていないものもありますが、円形の丸ごとタイプのカマンベールチーズですとリンドの扱いに困る方も少なくなりません。この白カビ部分は、どうするのが正解なのでしょうか?

結論からいえば、この白カビ部分は『食べても食べなくてもいい』ということになります。カビということで敬遠する人もいますが、食べてもまったく問題ありません。

「白カビ部分は包装紙のようなもので、取り除くべき」と考える人もいれば、「白カビ部分の風味こそカマンベールチーズの醍醐味」と考える方もいるため、食べ方は人によって変わります。

皮を外すのはマナー違反ではない

レストランやバーなどで皮付きのカマンベールチーズが出てきたとき、皮を取って残すのはマナー違反ではないかと心配する方もいます。しかし先述の通り、この皮を取り除くかどうかは個人の自由であり、残してもマナー違反とはなりません。

チーズの本場フランスでも、食べる派・食べない派で意見が分かれているようで、どちらが正解というわけではないようです。どうしても外側の皮が気になるようであれば、残してもOKです。

ただ、白カビが皮のようになったリンド部分もいっしょに食べることで、よりチーズの香りを楽しめるという意見もあります。したがって、あまりにも硬い部分のみを取り除き、歯ざわりがそれほど悪くならないような柔らかい部分はそのまま食べるという食べ方をおすすめします。

カマンベールチーズの基本の食べ方

カマンベールチーズはクセがないのが魅力のチーズ。カビ系のチーズではありますが、青カビ系のゴルゴンゾーラやロックフォールといったいわゆるブルーチーズとは違い、カビ特有の臭みが少ないです。

そのため、まずはシンプルな食べ方で楽しむのががおすすめです。

そのまま食べる

カマンベールチーズは、そのまま食べるだけで十分にチーズの美味しさを堪能できる点がメリットです。

ほどよいサイズにカットして軽く黒コショウをかければ、カマンベールチーズのクリーミーさを黒コショウのスパイシーさが絶妙に絡み合います。ぜひワインに合わせてみて欲しいスタンダードな食べ方です。

バゲットやクラッカーと合わせる

カマンベールチーズを小さめもしくは薄めに切れば、バゲットやクラッカーに乗せることで手軽に美味しく食べられます。

コショウやオリーブ、ケッパーなどを合わせればおつまみになりますし、ジャムとの相性もいいのでおやつにも最適です。

カマンベールチーズのより美味しい食べ方

カマンベールチーズはシンプルに食べても十分にその味わいを楽しむことができますが、加えてちょっとしたアレンジを知っておくことで、よりカマンベールチーズが食べたくなりますのでぜひ参考にしてみてください。

カマンベールチーズのフライ

居酒屋やダイニングバーで見かけることが多くなったカマンベールチーズのフライ。実は家でも簡単に作れてしまいます。

材料

  • カマンベールチーズ(カット済みでも丸ごとでもOK)
  • 小麦粉
  • パン粉
  • サラダ油

作り方

  1. カマンベールチーズを一口サイズにカットします。このとき、カマンベールチーズはしっかりと冷やしておくことで型崩れを防ぐことができるのでおすすめです。
  2. カットしたカマンベールチーズに小麦粉、卵、パン粉を順番につけ、熱したサラダ油に入れて揚げていきます。
  3. 表面がこんがりときつね色になったら完成です。
  4. そのままで十分美味しいのですが、お好みで黒コショウやケチャップで味付けするのもおすすめです。

丸ごとカマンベールチーズフォンデュ

チーズフォンデュというとオシャレで難易度の高い料理に思えますが、実はこれも手軽に自宅で作れます。道具をそろえる必要もないのでより簡単です。

材料

  • 丸ごとタイプのカマンベールチーズ
  • アルミホイル
  • 黒コショウ
  • お好みの具材(ジャガイモ、ブロッコリー、バゲット、ソーセージなど)

作り方

  1. 円形の丸ごとタイプのカマンベールチーズの表面の皮を上側だけ取り除きます。
  2. アルミホイルで外側を覆って、オーブンやトースターでカマンベールチーズの内側がとろとろになるまで温めます。このとき、カマンベールチーズの表面に包丁で切れ目を入れておくとより早く溶けやすいです。
  3. カマンベールチーズが溶けたら黒コショウを振れは完成です。そこにお好みの具材をつけて食べます。具材として食べるジャガイモやブロッコリーは下茹でしておくようにしてください。

カマンベールチーズの食べ方はシンプル

クセが少なく入手も簡単なカマンベールチーズは、そのまま食べてもアレンジしても美味しく食べることができます。

普段チーズを食べることに馴染みがない人こそ、そのまろやかな味わいを楽しんで欲しいチーズです。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME