ウニの香りのするバター!?話題のフレーバーバターとはいったい何?

2019.06.19

フレーバーバターはグルメな人におすすめな食材です。普通のバターとほぼ変わりなく利用できるため、使い勝手がよく、おしゃれな食材を求めている人にぴったりでしょう。フレーバーバターの特徴や種類、おすすめなアイテムなどをまとめました。

フレーバーバターとは?

フレーバーには『香味』や『風味』という意味があります。フレーバーを加えたバターの特徴をチェックしましょう。

バターにフレーバーを練りこんだもの

フレーバーバターとは『バターに様々な素材を混ぜ込んで作られたバター』で、味や風味のバリエーションが豊かなことが特徴です。

バターと聞いて、パンに塗るものだと考える人は多いでしょう。しかし、フレーバーバターは使う素材によって、洋食だけでなく和風の料理にもよく合います。

パンやクラッカーに塗ってそのまま食べるほか、野菜や肉のソテーに使うなど、様々な食べ方ができるところが魅力です。

北海道の川島旅館で生まれた商品

フレーバーバターは北海道にある、川島旅館で誕生しました。旅館のレストランで出していたものが評判になったことをきっかけに、一般向けに販売されるようになったといわれています。

ヨーロッパにもフレーバーバターとよく似た食材があり、フランスでは『ブールコンポーゼ』と呼ばれます。

ブールコンポーゼにはハーブやトリュフなどの素材を使うことが多く、フランス料理に使うソースに風味を加える目的で使用されることが一般的です。

川島旅館のフレーバーバターは北海道産の新鮮なバターに、北海道で採れた素材をふんだんに練り込んでいます。日本人の味覚に合わせたフレーバーが多いことが特徴です。

フレーバーバターにはどんなものがある?

様々な素材との組みわせを楽しめるところがフレーバーバターの魅力です。塩気だけでなく、甘味のある素材を加えたフレーバーバターもあります。フレーバーバターの種類をチェックしましょう。

ウニや鮭ぶしなどの和風テイスト

バターはまろやかでコクがある食材です。洋風の料理に使うイメージがありますが、和風のテイストにもマッチします。醤油やみそといった日本の調味料とも相性がよく、食材の旨味をより引き出してくれるでしょう。

例えば、北海道産のウニや鮭ぶしをバターに混ぜ込んだフレーバーバターは、パンだけでなく白米や和風のおかずにも合います。

利尻昆布や山わさびといった変わった食材を練り込んだフレーバーバターもあり、新しい味の発見を楽しめるでしょう。

バジルやフェンネルなどのハーブテイスト

バターにハーブを練り込んだフレーバーバターは、アレンジの幅が広く色々な料理に使えます。

バジルやフェンネルは、魚や肉の臭み消しや風味付けに使われるハーブです。ハーブ入りのフレーバーバターはそのまま味わうこともできますが、料理に使用するといつものメニューをワンランクアップさせられるでしょう。

味覚だけでなく嗅覚に働きかける作用が強いハーブを使ったフレーバーバターは、ワインのお供にもおすすめです。クラッカーやパンに塗るだけでおしゃれなおつまみが完成します。

いちごやはちみつなどのフルーツ&スイーツ

バターのコクとまろやかさは、フルーツの酸味や甘味と好相性です。フルーツを使用したフレーバーバターは、デザートにうってつけなラインナップが揃っています。

ドライフルーツ入りのフレーバーバターをよく冷やしてカットすれば、ワインのおつまみにも合います。

いちごやブルーベリーのフレーバーバターは、酸味と甘みの取り合わせだけでなく美しい色合いを楽しめるところも魅力です。パンケーキやフレンチトーストといったスイーツメニューと組み合わせてもいいでしょう。

フレーバーバターの食べ方

フレーバーバターはそのまま味わうこともできますが、炭水化物との相性がいいため白米やパンに塗って食べる方法がおすすめです。フレーバーバターを入手したら試してみたい、おすすめの食べ方を紹介します。

ご飯にバターを乗せて醤油をかける

ご飯に少量のバターを乗せ、好みで醤油をかければバターご飯が完成します。食事を軽く済ませたい時や、フレーバーバターの味をしっかりと楽しみたい時におすすめなメニューです。

バターのコクと醤油の塩気が旨味となるだけでなく、ご飯の上で溶けるバターは非常に食欲をそそります。炊きたてのご飯を使用すると、より美味しさを堪能できるでしょう。

朝食のバゲットにつけて食べる

朝食にパンを食べる人におすすめな食べ方が、バゲットにフレーバーバターを塗って食べる方法です。

バゲットはフランスパンの一種で、長細い見た目をしています。トースターで軽く火を通すことで香ばしい香りとパリッとした歯ごたえが味わえることが特徴で、日本でも広く販売されています。

シンプルな味わいで風味がいいバゲットと、フレーバーバターは好相性です。フルーツ入りのフレーバーバターをつけて味わうのも良いでしょう。

お菓子作りに使う

バターを使用しているお菓子はたくさんあります。焼き菓子のレシピにフレーバーバターを少々加えて、リッチな風味を楽しむのも良いでしょう。

お菓子作りに使うフレーバーバターは、フルーツ入りのものやハーブ入りのものがおすすめです。

一から手作りが大変だと感じる場合、焼き立てのクレープやパンケーキに塗って食べてもいいでしょう。温かいスイーツに使用すると、フレーバーバターならではの香りを存分に堪能できます。

フレーバーバターは東京でも買える?

北海道で作られているフレーバーバターを入手したくても、行く機会がないという人は多いでしょう。フレーバーバターは東京でも手に入れられます。ここでは、フレーバーバターを手に入れる方法をまとめました。

オンラインショップで購入可能

フレーバーバターは北海道へ足を運ばなくても、オンラインショップを利用して手に入れられます。

例えば、フレーバーバターの人気の火付け役である川島旅館のフレーバーバターは、楽天市場やyahooショッピングなどで取り扱いがあるため、手軽に手に入れられるでしょう。

また、人気のあるショップのフレーバーバターは、百貨店やセレクトショップのオンラインショップでも取り扱っている場合があります。

オンラインショップで取り扱っているものは、フレーバーバター単品だけではありません。ギフトボックス入りのものやバターナイフ付きのものなどもあり、自宅用だけでなくギフトにも使いやすくなっています。

ふるさと納税の返礼品で入手

北海道産のフレーバーバターは、ふるさと納税の返礼品としても人気を集めています。川島旅館がある北海道豊富町の返礼品の中に、フレーバーバターを見つけられるでしょう。

うにや鮭といった北海道ならではのフレーバーバターのほか、ガーリックやブルーベリーと言った普段の料理に取り入れやすいラインナップが魅力となっています。

ふるさと納税であれば日本全国どこからでも寄附が行えるため、ふるさと納税の活用を検討している場合はお礼品としてフレーバーバターを入手することが可能です。

通販で購入できるおすすめフレーバーバター

フレーバーバターは様々な通販ショップで取り扱いがあります。フレーバーバターを作っているメーカーによって、ラインナップに違いがあることが特徴です。

北海道産の良質なバターを原料にしているフレーバーバターを購入できる通販ショップを紹介します。

本家 川島旅館 フレーバーバター

数多くのメディアに取り上げられ、ふるさと納税の返礼品としても人気が高い川島旅館のフレーバーバターは、健康的に飼育されている北海道豊富町の牛から採取した牛乳と、北海道産の材料を使って作られています。

うに・利尻昆布・山わさびといった和風テイストの素材に加え、爽やかな風味のハーブ類を混ぜ込んだものや、いちご・さくらんぼ・ハスカップといったフルーツ入りなどバリエーション豊かです。

1種類のフレーバーのみ購入することも可能ですし、数種類のフレーバーをセットにで購入することもできます。

  • 商品名:バターフィールド レギュラータイプ
  • 価格:972円~(税込み)
  • 楽天:商品ページ

北の宝石箱 うにバター

うにバターは北海道新千歳空港の人気土産として知られます。蒸したうにを丁寧に裏ごしし、北海道産のバターとあわせて練った食材です。

原料の半分にうにを使用しているため、濃厚な風味を味わえます。パンに塗ったりご飯に乗せたりして食べる他、蒸かしたじゃがいもにトッピングして食べると美味しいです。

クラッカーに塗るだけでおしゃれなオードブルとして楽しめます。普段使いはもちろん、ちょっとしたホームパーティーでも活躍してくれるでしょう。

  • 商品名:うにバター 150g
  • 価格:2410円(税込み)
  • 楽天:商品ページ

サツラク 彩りセット

サツラクは北海道札幌市にある酪農を専門にした農業協同組合です。乳製品をはじめとした食材を展開しています。

『サツラク 彩りセット』は、バジル・シナモン・行者にんにくの3つのフレーバーがセットになったアイテムです。 いずれのフレーバーにも北海道産の新鮮なバターを使用しています。

フレッシュな風味を楽しめるバジルは、パスタとあえると本格的な味わいを楽しめるでしょう。シナモンはデザートにトッピングすると、甘い風味を堪能できます。行者にんにくは肉料理にアレンジするなど、それぞれ違った使い方ができるでしょう。

それぞれ違った味わいを楽しめるだけでなく、豊かな彩りも魅力です。瓶詰となっているため保存しやすく、食卓に出しやすい工夫がされています。

  • 商品名:サツラク 彩りセット(フレーバーバター)
  • 価格:3456円(税込み)
  • 楽天:商品ページ

フレーバーバターでワンランク上の食事を

フレーバーバターはいつもの食事にプラスするだけで、リッチな気分を味わえるところが魅力です。

パンに塗ったりご飯に加えたりと、食べ方が簡単なところも人気がある理由だといえます。使われている素材に様々なバリエーションがあるためデザートやスイーツにアレンジすることもでき、使い方が幅広いです。

特殊な材料を用意しなくても気軽に食べられるため、持て余すことなく使用できるでしょう。

原料がシンプルなだけに、原料となるバターの品質や材料の新鮮さにこだわっているものを選ぶことをおすすめします。自宅での使用はもちろん、ギフトやお土産にもきっと喜ばれるでしょう。

「バター」のその他の記事
    その他のテーマ

    ART

    CULTURE

    CRAFT

    FOOD

    TIME