完成まであと何年?サグラダ・ファミリアがなかなか完成しない理由とは

2019.06.18

1882年に着工したサグラダ・ファミリアは、100年以上経過した現在でも完成していないことで有名です。では、いったいなぜ完成にここまで時間がかかるのでしょうか。この記事では、サグラダ・ファミリアがなかなか完成しない理由をご紹介していきます。

完成しない理由1、資金不足

ご承知の通り、サグラダ・ファミリアは非常に大きな建築物です。あれだけの大きな建築物を建てるには莫大な費用がかかる訳ですが、1990年頃まではその費用は信者達からの喜捨(寄付金)で賄われていたのです。

いかに信者の多いキリスト教とはいえ、喜捨だけでサグラダ・ファミリアの建築費用を賄うことはできず、長い間資金不足に悩んでいました。そのため、設計者であるアントニ・ガウディ自身ですらも、無償で仕事を請け負っていたほどです。

ただし、1990代以降は、いわゆる観光収入が大幅に増えたために、資金不足は解消されたと言われています。

完成しない理由2、資料不足

アントニ・ガウディが亡くなったのは1926年です。この時、サグラダ・ファミリアはまだ全体の4分の1ほどしか出来ていませんでした。

当然、弟子達が建築を引き継ぐことになった訳ですが、ガウディは詳細な設計図を描かず、スケッチや模型のみでイメージを伝えていたため、その後の工事は困難を極めました。

さらにスペインは、1936年から内戦に突入します。この際、激しい内戦によってガウディが残していた資料のほとんどが散逸してしまい、余計に完成のイメージが分からなくなってしまったのです。

そのため、現在では当時の職人から話を聞いたり、わずかに残った資料から推測したりしながら、工事が行われています。

完成しない理由3 ガウディの哲学:『神は急いではいない』

アントニ・ガウディが生きていた頃、「サグラダ・ファミリアの完成までには300年かかる」と言われていました。300年は言い過ぎだとしても、ガウディ自身、生きている間に完成することはないと覚悟していたはずです。

それでも、ガウディは設計を簡素化したり完成を急ごうとすることすらなく、少しずつ工事を進めていきました。

この背景には、ガウディなりの哲学がありました。その哲学を表す言葉として彼が残したものに『神は急いではいない』というフレーズがあります。

つまり、彼はこの建築を「神」に対する捧げものと考えており、自分の功名心や我欲よりも、「神」が満足してくれるほどの素晴らしい建築物を建てることを優先していた訳です。

「神」は永遠の存在ですから、急ぐ必要がないというのはガウディにとっては当然のことだったのでしょう。その後を継いだ弟子や責任者たちも、彼の遺志を尊重し、妥協することなくサグラダ・ファミリア建設に取り組んだのです。これが、サグラダ・ファミリアが完成しない最大にして最も崇高な理由かもしれません。

サグラダ・ファミリアは無許可建築だった?

『資金不足』『資料不足』『ガウディの哲学』という理由のほかにも、いくつかの理由があります。

たとえばサグラダ・ファミリアは、1882年に着工して以来、ずっと行政から許可をうけずに工事を進めていました。その無許可建築が2006年に発覚するのですが、これにより、工事が一時中断していたこともありました。このような事情もあり、サグラダ・ファミリアの建設は遅れていったというわけですね。

完成は間近?2026年が目途

ちなみに、2019年時点では、9代目設計責任者のジョルディ・ファウリ氏が工事を監督しています。

ジョルディ・ファウリ氏によるとサグラダ・ファミリアは『2026年の完成を目指している』とのことで、いよいよ完成が見えてきたことになります。

これは、近年になって建築技術が発達したために、当初の推測よりも大幅に工期が短縮されたことも一因だと考えられます。

2026年といえば、ちょうどガウディの没後100年となる年でもあります。ぜひとも完成させて、ガウディの労をねぎらってあげてほしいところです。

サグラダ・ファミリアはもう完成間近

サグラダ・ファミリアがなかなか完成しなかった理由は、『資金不足』『資料不足』『ガウディなりの哲学』という3つのほかにも様々な原因があることがわかりました。なかでも資金不足は深刻だったのですが、現在では安定した観光収入が入るようになり、問題は解消されています。

そのため、2026年には完成すると言われており、アントニ・ガウディの悲願も成就間近となりました。

資料不足も手伝って、アントニ・ガウディの思い描いた通りのものができるかはわかりません。しかし、自分の人生をも超えて妥協することなくサグラダ・ファミリア建設に取り組み続けたガウディの遺志を尊重して、最後まで妥協することなく工事にあたってほしいものです。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME