卓球はサーブ練習で強くなる。1人でもできる練習方法や場所を公開

2019.04.29

卓球では、サーブがとても重要です。いいサーブが打てると、ゲームを有利に展開でき、戦術の幅も広がります。卓球が強くなるにはサーブの上達が不可欠ですが、1人での練習方法が分からないという人もいます。そんな人のために、サーブ練習の秘訣を紹介しましょう。

卓球のサーブを上達させるポイント

卓球において、サーブは「1球目攻撃」と呼ばれるほど重要です。攻めの意識を持ってサーブを打つことは、卓球で勝利するには欠かせません。

ただ漫然とサーブを繰り出すことは控えましょう。相手にペースを握られないためのいいサーブが打てるようになることが、卓球の上達には必要なのです。

それでは、いいサーブとは、どのようなものなのでしょうか。卓球のサーブを上達させるポイントについて解説します。

基本となる打ち方

サーブの基本をおさらいしましょう。まず、手の平にボールを乗せます。この時、ボールを握ってはいけません。きちんと、相手に見えるように注意しましょう。

手の平からトスを上げます。このトスの高さにも決まりがあり、16cm以上上げなければならない決まりがあります。反対に、これ以上高くしてはいけないという決まりはありません。

しかし、「ネットにかかりやすい」「台をはみ出してしまう」そのような悩みを持つ人がいます。その時は、トスの後にボールを打つ高さを調整してみましょう。

ネットにかかりやすい人は少し高い位置で、台をはみ出てしまいやすい人はいつもより低めの位置で打つようにします。打球点の調整は、とても役立つでしょう。

サーブの種類は何がある?

卓球のサーブには、大きくわけて3種類あります。フォアサーブ・バックサーブ・しゃがみこみサーブです。それぞれについて見てみましょう。

フォアサーブは、フォアハンドで打つサーブです。ほとんどの選手が、このフォアサーブをメインにしています。初心者は、フォアサーブから練習しましょう。

バックサーブは、バックハンドで打つサーブです。バックサーブをメインにしている選手もいますが、少数です。試合の流れを変えたい時などに使用する選手もいます。

しゃがみこみサーブは、フォアハンドで打つサーブですが、トスの後に一度しゃがみ込むことが特徴です。しゃがみ込む勢いを利用し、ボールに強烈な回転をかけられることが利点です。

弱点を知り数をこなす事が大切

サーブはとても重要なものですが、真剣に練習に取り組む人は意外に少ないようです。多くの人は、苦手を克服するよりも、得意なプレーに重きを置いてしまいがちです。

しかし、自分の弱点を知り、何度も練習を繰り返してウィークポイントを補うことは、上達には欠かせません。数をこなすことが大切なのです。

「狙ったコースに打てない」「回転が上手にかけられない」「イメージした距離で打てない」「回転のバリエーションを増やせない」など、悩みや不得意分野はそれぞれです。

自分が苦手とすることは何か、どこを改善するべきかをよく知っておきましょう。

サーブ練習ができる場所

卓球の上達に不可欠なサーブですが、普段はどこで練習したらいいのでしょうか。サーブの練習場所について紹介します。

体育館やアミューズメント施設

お住いの近くにも、自治体が運営する体育館があるでしょう。公共施設であれば、比較的に安く利用できます。思い当たらない人は、自治体のサイトなどを見てみると、すぐに見つかります。

近隣のアミューズメント施設にも、卓球コーナーを設けているところが数多くあります。短時間での貸し出しをしているケースが多いので、探してみてはいかがでしょうか。

自宅でも可能

「家のすぐ近くに体育館も娯楽施設もない」「できるだけお金を使いたくない」そのような場合は、自宅も立派な練習場所になります。

自宅でのサーブ練習は、素振りが中心になります。

その際、できれば鏡の前で行うことをおすすめします。フォームの確認は、とてもいい練習でもあるのです。

サーブ練習を1人で行う方法

相手がいないとサーブ練習がやりにくい、そう感じる人もいるかも知れません。そこで、1人でできる効果的なサーブ練習について説明します。

ボールつき

サーブ練習の基本中の基本、それがボールつきです。サッカーのリフティングのように、ボールが落ちてしまわないように、ラケットでボールを繰り返しつきます。

これを何度も行うことで、卓球に求められる基礎的な打球感が身につきます。時間を見つけて、反復して行いたい練習です。

応用編として、フォアやバックを交互に行う方法もおすすめです。これをやることで、ボールへの感覚に広がりが生まれます。

壁打ち

壁打ちも、サーブ練習に効果的です。ボールを打つ力加減を知ることができ、卓球台でラリーをするときの準備にもなります。

壁から2~3m離れ、フォアハンドを打つフォームを作ります。トスを上げ、ボールを打ちます。そして、壁から跳ね返ってきたボールを、連続で打ち返すのです。

いいスイングで打つと、自然とボールは床に向かい、その後壁に当たって跳ね返ります。こうして、理想的なスイングを身につけていくのです。

より精度を上げるには?

よりサーブの精度を上げるために、バリエーションを付けた練習方法を紹介します。それは、タオルを使ったサーブ練習です。

自分が打ち込んではいけない部分にタオルを敷き、タオルがない部分に確実に打つようにします。例えば、ネット直前は空けておき、それより手前にタオルを敷いておきましょう。

すると、サーブ後のワンバウンド目をネット直前に落とすことができるようになります。そのことで、レシーブしにくいサーブが打てるようになっていくのです。

上達したサーブで卓球を楽しもう

サーブが上達すると、それまで自分がプレーしていた感覚とは、大きな変化が生まれることに気が付くでしょう。ゲームを組み立て、流れを引き寄せることも可能になります。

サーブは1人でも、十分に効果的な練習ができます。サーブが上達することで、更に卓球を楽しむことができるのです。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME