フルーティーな日本酒が好きならこれを選べ。おすすめ銘柄と種類をご紹介

2019.06.14

お酒には色々な種類があります。ビールにカクテル、日本酒に焼酎など好みも人それぞれではないでしょうか。そんなお酒の種類から今回ピックアップしたのは、日本酒です。日本酒の中でもフルーティーな味わいのものを集めてみました。ぜひ、ご覧ください。

日本酒とは

日本酒とは、米と麹と水を主な原料として作られる清酒のことを言います。製法によって様々な種類に分けられるのも日本酒特有の特徴。選ぶ楽しさや飲む楽しさの両方を味わえるのが、日本酒なのです。

フルーティーな味わいや香りが特徴といえば「吟醸酒」

フルーティーな味わいや香りが堪能できる日本酒はたくさんありますが、その中でも人気なのが「吟醸酒」と呼ばれているもの。

吟醸酒とは、60パーセント以下に精米した白米を原料としており、低温で発酵させ、醸造した日本酒のことを言います。白米を原料とし、低温で発酵させることにより、フルーティーな味わいと香りを実現しています。

日本酒に合うつまみ

日本酒にはどんなつまみも良く合います。ポテトチップスなどのお菓子から、から揚げや餃子、ステーキなど相性抜群。ぜひ、自分の好きなつまみと一緒に、日本酒を味わってみましょう。

フルーティーで飲みやすい甘口日本酒

それではここから、フルーティーで飲みやすい甘口日本酒について紹介します。

屋守(おくのかみ) 純米

まず最初に紹介するのは、「屋守 純米」です。この日本酒は、豊島屋酒造株式会社が手掛けているブランド。お酒を絞る際に、最初と最後の雑味のある部分を避け、瓶詰めしました。そのため、一切の雑味を失くし、フルーティーで甘い味わいが特徴となっています。日本酒が苦手な方でも飲みやすく、おすすめです。

十四代 龍の落とし子

続いて紹介するのは、「十四代 龍の落とし子」です。この日本酒は、山形名産の高級日本酒。甘さとキレのバランスが良く、すっきりとした後味を楽しむことができます。

越後鶴亀 ワイン酵母仕込み

続いて紹介するのは、「越後鶴亀 ワイン酵母仕込み」です。通常日本酒は、清酒酵母を利用して作られるのですが、この日本酒はワイン酵母を使った珍しいもの。爽やかながらも甘みを感じることができる日本酒です。ワイングラスで飲むのも一味違った日本酒を味わえるおすすめの方法です。

フルーティーで飲みやすい辛口日本酒

ここからは、フルーティーで飲みやすい辛口日本酒を紹介していきます。

春鹿 超辛口

最初に紹介するには、「春鹿 超辛口」です。この日本酒は、純米酒ながらも、まろやかな旨味が特徴。すっきりとした味わいのため、どんな料理にもマッチします。

くどき上手 純吟辛口

続いて紹介するのは、「くどき上手 純吟辛口」です。この日本酒は、豊かな香りとすっきりとした味わいが特徴。辛みと酸味のバランスも絶妙です。原料の米は雄町米を使用。雄町米の甘みも感じられる非常に飲みやすい日本酒でもあることは間違いありません。

純米大吟醸 稲村屋文四朗

続いて紹介するのは、「純米大吟醸 稲村屋文四朗」です。利用している米は、山田錦。米本来の甘さとキレのある味わいが特徴で、辛口の日本酒が好きな方には、大変人気のある日本酒です。熱燗で飲むよりも冷やして飲む方がおすすめだそうです。

上善如水 純米大吟醸

続いて紹介するのは、「上善如水 純米大吟醸」です。この日本酒は海外からも注目を浴びているおすすめの日本酒。日本酒が苦手な方でも飲みやすく、女性にも人気があります。この日本酒は、熱燗でも冷やしても、常温でも楽しめるもの。ぜひ、自分の好みの飲み方で味わってみてはいかがでしょう。

自分好みのフルーティーな日本酒を見つけてみよう

フルーティーな味わいや香りのする日本酒について紹介しました。日本酒と一言でいっても、その味や香りは様々ですが、フルーティーな日本酒は女性にも大好評のようです。ぜひ、自分好みのフルーティーな日本酒を見つけてみてはいかがでしょう。

 

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME