口溶け感が堪らない!ガナッシュクリームの簡単レシピや注意点

2019.06.16

トリュフチョコレートのトッピングや中身に使われているガナッシュクリーム。あのまろやかな口溶けを、自分の手で再現してみたいと思っている方もいることでしょう。この記事ではガナッシュクリームの基本知識や簡単な作り方などについてご説明していきます。

ガナッシュクリームとは?

ガナッシュクリームとはどんなものなのか、まずはガナッシュクリームの基本的な知識をご紹介します。

チョコと生クリームを混ぜて作る

ガナッシュ(ガナッシュクリーム)は、一般的に生チョコレートより柔らかめのチョコレート菓子のことを指し、チョコレートと生クリームを混ぜて作るのが基本的な作り方です。溶かしたチョコレートに生クリームを加えるか、温かい生クリームにチョコレートを溶かし込んで作るので、優しい口溶けと甘さが特徴です。

ガナッシュ作りに使用するチョコレートの種類別の基本的な割合はこのようになっています。柔らかくしたい場合は生クリームの割合を少し増やしても良いでしょう。

  • ダークチョコレートと生クリームの場合…3:2の割合
  • ミルクチョコレートと生クリームの場合…2:1の割合
  • ホワイトチョコレートと生クリームの場合…3:1の割合

また、使うチョコレートのカカオ配合量分の目安は次の通りです。これらのチョコを使用すれば、乳脂肪分が分離せず失敗しにくいのでおすすめです。

  • ダークチョコレート…55~60%
  • ミルクチョコレート…32~40%
  • ホワイトチョコレート…33〜36%

ガナッシュの保存期間は?

ガナッシュは生クリームが入っているお菓子なのであまり日持ちはしません。基本的には保存せず早めに食べてしまうのがベストです。

保存する場合は冷蔵庫(10℃以下)で保存するようにしてください。保存して食べられる期間は、だいたい3〜4日程度です。

ガナッシュクリームの簡単レシピ

ここからはガナッシュクリームの基本的な作り方をご紹介していきます。

ガナッシュを作る時のポイント

ガナッシュ作りに使用する生クリームは、総脂肪分35%位の低脂肪タイプがおすすめ。油分が多くなると分離しやすくなるという点に注意です。沸騰させた生クリームを、溶かしたチョコレートに混ぜてガナッシュを作り、そこにやわらかくしたバターを加えていく方法もおすすめです。

簡単なガナッシュの作り方

少ない手順で簡単に美味しいガナッシュが作れるレシピです。

  1. 生クリームとチョコレートを一緒にレンジで温め、一度取り出します。
  2. 取り出した生クリームとチョコレートをスプーンでかき混ぜます。
  3. 生クリームとチョコレートがなじんできたら、再びレンジで温めます。
  4. 再びレンジから取り出して、形を分け、冷蔵庫で冷やして完成です。

レンジで温めてから混ぜるのを繰り返すだけなので楽ですね。完全に生クリームとチョコレートが溶けた後、ラム酒を少々入れても良いでしょう。

生クリーム以外で作るガナッシュのレシピ

基本的にガナッシュづくりには生クリームを使用しますが、実は生クリームを別のものにしても作ることができるので、生クリームが無い時のためのアレンジレシピをご紹介します。

クリー三クリーム以外でもガナッシュは作れる

生クリームの代わりにクリームチーズでガナッシュを作ると、甘さ控えめな仕上がりになります。甘さ控えめに作りたい方にはぴったりで、ホワイトチョコとも相性が良いです。レモンマーマレードとも相性が良く、こちらは少し酸味のある爽やか風味のガナッシュに仕上がります。

オレンジマーマレードガナッシュのレシピ

オレンジマーマレード、もしくはレモンマーマレードとチョコレートを合わせたガナッシュのレシピです。

  1. 溶かしたチョコレートとマーマレードを混ぜます。割合は1:1くらいで。
  2. 柔らかくトロトロの状態から、冷えて少し固まってきた段階で、クッキングシートの上にスプーンですくって落としていきます。
  3. そのまま冷蔵庫で冷やして完成です。

このレシピは簡単に短時間でガナッシュを作ることができます。チョコレートに柑橘類を足すと、ほろ苦さ・甘さがうまく合わさり、エレガントな香りも付与されるので、大人向けのガナッシュが仕上がります。

まずはガナッシュの基本の作り方をマスターしよう

ガナッシュ作りのポイントは、チョコを生クリームに混ぜる前にきちんと湯煎で溶かしておくことと、材料および分量を間違えないことです。特に生クリームを植物性脂肪のホイップクリームなどで代用してしまうと、うまく混ざらないこともあるので、作り慣れるまでは、無難に製菓用チョコと純正の生クリームを使うのがおすすめです。ぜひガナッシュの基本の作り方をマスターして、ご自宅でもガナッシュを楽しんでみてはいかがでしょうか?

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME