チーズの女王「カマンベールチーズ」とは?特徴や美味しく食べるコツ

2019.06.15

チーズの女王と言われている「カマンベールチーズ」は多くのチーズ愛好家から愛され、色んなアレンジ料理にも活用されています。この記事ではカマンベールチーズの歴史や味わいの特徴、美味しく食べるコツをご紹介します。

カマンベールチーズについて

「チーズと言えばカマンベールチーズ」と言われるほど、有名なチーズですが、どのような特徴があるのでしょうか。まずはカマンベールチーズの基本的な情報をご説明します。

そもそもカマンベールチーズとは

カマンベールチーズは、フランス北部ノルマンディ地方のカマンベールで生まれたチーズとして1791年頃から広まりました。そのまま食べることができるので、料理やワインのつまみとしても重宝されています。

日本で売れらているカマンベールチーズは、熟成が進まないような加工をしていることが多く、缶詰やパックに入って売られています。チーズケーキの材料として使われることでも有名です。

味や香りの特徴

チーズの中でもクリーミーで優しい食感と味わいを感じることができるのが特徴です。特に表面をコーティングしている表皮の苦みと内側のコクが絶妙にマッチするので、肉料理や魚料理など様々な料理のトッピング材料としても活用することもできます。

熟成具合で味が変化

カマンベールチーズの食べごろは、チーズの中心に白い芯が少し残っている状態。2/3程度熟成しているのが美味しいと言われています。熟成すればするほど中心まで溶け出していくので、溶けたカマンベールチーズも深みがあってとても美味しいです。

カマンベールチーズをチーズ専門店で購入する場合には、熟成度合いを確認することをおすすめします。カマンベールチーズの中にはチーズの熟成度が一定になっている「ロングライフタイプ」という種類がありますので、熟成していくのを楽しみながら食べたい方は、一般的に売られているカマンベールチーズを頼みましょう。

カマンベールの美味しい食べ方

つづいてカマンベールチーズの美味しい食べ方をご紹介していきます。ぜひ色々な食べ方を試して、ご自分お気に入りの食べ方を見つけてみてください。

そのまま食べる

そのまま食べるカマンベールチーズは、本来の味わいをそのまま感じることができワインとの相性が抜群です。普段ワインをよく飲まれる方におすすめの食べ方です。

食材にのせて食べる

カマンベールチーズはあらゆる食材との相性が良いのが特徴です。例えばクラッカーにのせたり、お肉にのせたり、パスタにのせてもいいでしょう。普段の料理にもカマンベールチーズを加えることで、チーズのコクが食事の美味しさをより引き立ててくれることでしょう。また溶けたカマンベールチーズを味わいたい時には焼いた食材にのせるのもおすすめです。

デザートとして食べる

カマンベールチーズは、冷やしてデザート感覚で食べることもできます。バニラアイスやチョコアイスとの相性が良く、甘いアイスの中に濃厚なチーズを加えることで、濃厚で深みの味わいを楽しめます。普段のカップアイスにアクセントを加えたい方は一度カマンベールチーズをのせてみてください。きっと美味しさにはまってしまうのではないでしょうか。

どんな食材にも合う万能チーズ

カマンベールチーズは、どんな食材にも合う万能チーズなので、ご家庭の料理のアレンジにぜひ活用してみてはいかがでしょうか。色々な食材と合わせてみると、これまで味わった事のないカマンベールの新たな美味しさに出会えることでしょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME