世界各地の紅茶の歴史とは?「東インド会社」の紅茶も紹介

2019.06.15

普段何気なく飲んでいる紅茶には、何百年にも渡る長い歴史があります。この記事では世界三大銘茶に数えられる3つの産地における発展の歴史や茶葉の特徴や、紅茶を語る上で欠かせない東インド会社についてもご紹介します。

世界各地の紅茶の歴史

世界三大銘茶の産地にまつわる紅茶の歴史をご紹介します。

インド

インドは世界最大の紅茶生産国です。圧倒的な紅茶生産量を誇るインド国内では、200万人以上が茶の生産に関わる仕事に就いているようです。

インドでの紅茶の発祥は、1600年の東インド会社の設立あたりからとされていますが、1823年にロバート・ブルース少佐がインドのアッサム地方の北東で自生していたお茶畑を発見し、1838年にアッサム産茶葉のイギリスへの輸出を開始して以降拡大の歴史を辿ります。1850年代には、ヒマラヤ山脈におけるダージリン茶の栽培も始まり、それ以降もインド産の紅茶生産量・輸出量は高まり続け、2015年時点では紅茶生産量は約12億3300万kg、輸出量は2億3292万kgにまで達しています。

スリランカ

スリランカは、世界最大の紅茶輸出国で、1995年にインドを超えその輸出規模は2000年時点で2億8013万kgにまで拡大しています。

スリランカはインド南部にある島国です。この地域で作られている紅茶はセイロンティーと呼ばれていますが、スリランカの国名はかつてセイロンだったことに由来しています。スリランカは山地が多く、セイロンティーは標高の異なる様々な場所で栽培されています。標高差によって、セイロンティーの種類も以下のように区分されています。ちなみに、最上級品のセイロンティーは「ハイ・グロウン」で栽培されています。

  • ロー・グロウン(標高0~600メートル)
  • ミディアム・グロウン(標高600~1200メートル)
  • ハイ・グロウン(標高1200~1800メートル)

中国

中国は世界最大のお茶生産国ですが、紅茶の生産量はインドやスリランカ、ケニアなどのアフリカ諸国に比べると少ないですが、世界有数の紅茶輸出国です。

中国の代表的な紅茶は、安徽省で生産され世界三大銘茶の一つに数えられている「キーモン(祁門)」。キーマン、キーモンとも呼ばれ、生産時期が限定されるため少量しか栽培できない希少な紅茶です。蘭のような香りと独特のスモーキーさが特徴です。

「東インド会社」における紅茶の歴史

紅茶の歴史を語る上で欠かせないのは、東インド会社の存在です。東インド会社とは、エリザベス一世統治下の英国で1600年に勅命により設立がされた世界発の株式会社。東インド会社が国王に紅茶を献上して依頼、イギリスで紅茶を飲む習慣が生まれ、急速に紅茶文化が発展していったのです。

東インド会社は紆余曲折を経て1874年に解散しますが、1978年に紅茶販売企業として復活を遂げます。現在も、その名を冠した紅茶が販売されており、高級ホテルなどでも取扱いされています。

東インド会社公式HP

東インド会社のおすすめ紅茶

歴史ある東インド会社の紅茶のラインナップからおすすめ商品をご紹介します。Amazonでも購入ができるのでチェックしてみてください。

ファインティーセレクション

東インド会社で人気の6種類の紅茶を積み合わせたセットです。紅茶を積み合わせたの紅茶を色々試してみたい方におすすめです。ロイヤルブレックファースト、アールグレイ、ダージリン、アッサム、ボンベイチャイ、ディレクターズブレンドが入っています。色々な味をまずは試してみたい方におすすめです。

商品名:東インド会社 紅茶ファインティーセレクション(1箱20袋入り) 容量:20袋入り(ティーバッグ) 参考価格:1,026円 Amazon商品ページはこちら

ロイヤルフラッシュ リーフティー

続いてはリーフティーのラインナップから。エリザベス二世とフィリップ殿下が、初めてセイロンに国賓として訪れた際、広大な敷地面積を誇り高品質な茶栽培で有名な「ヌワラ・エリア農園」を訪れ苗木をした事からインスピレーションを得て生まれた紅茶です。この紅茶にはヌワラ・エリア農園の茶樹で採れる手摘みされたオレンジ・ペコーが使用され、その味わいは繊細かつ上品で至高の逸品です。

商品名:ロイヤルフラッシュ OP1 100g リーフ・ティー 容量:100g 参考価格:2,024円 Amazon商品ページはこちら

マンダリンオリエンタル・アフターヌーンブレンド

最後に東インド会社のプレミアムラインからおすすめを紹介します。この商品は世界有数の高級ホテル「マンダリンオリエンタルホテル」専用のブレンドティーです。スリランカのオレンジ・ペコーと中国のゴールデン・モンキーをブレンドし、飲み終えた後も美味しい味わいが残るように作られています。

商品名:マンダリン・オリエンタル・スペシャルティー・アフタヌーンブレンド容量:150g 参考価格:2,494円 Amazon商品ページはこちら

産地別に様々な紅茶の味わいに触れてみよう

世界中で愛され続けている紅茶には、数百年の歴史があり、産地によってその歴史は異なります。この記事では紅茶大国をご紹介しましたが、紅茶には数多くの産地・種類があり、その味わいは様々です。まだ飲んだことの無い紅茶があれば、ぜひ産地別に飲み比べてみてください。

おすすめの関連記事

【関連記事】紅茶の基礎知識まとめ。紅茶の発祥や種類、カフェイン量や効能まで

【関連記事】紅茶で有名な国・ブランドと言えば?知っておきたい紅茶の基本情報

【関連記事】紅茶の種類の違いとは?産地と味を見分けて脱・紅茶初心者。

【関連記事】紅茶の種類や特徴とは?ジャンル別におすすめの紅茶をご紹介

【関連記事】いまさら聞けない『紅茶の正しい保存方法』とは?おすすめの保存容器も紹介

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME