おしゃれなネクタイの選び方大全。素材やブランド、結び方も徹底解説

2019.06.13

ビジネスやプライベートだけでなく、冠婚葬祭などのフォーマルな場所で身につけるネクタイは、服装全体の印象を決める大切なアイテムです。ネクタイの結び方や選び方、さらには購入の際におすすめのブランドなどを解説します。

ネクタイをおしゃれに身につけるポイント

ネクタイを上手に選びスーツに合わせて身につけると、相手におしゃれな印象を与えることができます。第一印象は自身のイメージに影響するので、ネクタイをおしゃれに身につけることで好感度を上げることもできるかもしれません。

逆にネクタイの選択を間違うと全体の印象が野暮ったくなり、自身の好感度を下げる原因にもなりかねません。ここではネクタイの種類やネクタイの柄、ネクタイの色が相手に与える印象について具体的に解説します。

ネクタイの種類は2種類

ネクタイには大きく分けて以下の2つの種類があります。

  • レギュラータイ
  • ナロータイ

レギュラータイは、大剣と呼ばれる一番広い幅の長さが約9cmあるものを言います。それに対してナロータイは体験の幅が約6cmあり、カジュアルなファッションと相性が良いのが特徴です。

大剣の幅が広いほうが、相手によりフォーマルな印象を与えます。シーンに合わせて選びましょう。

柄の種類を知る

ネクタイの代表的な柄は次の通りです。

  • ストライプ柄
  • ドット柄
  • ペイズリー柄
  • 小紋柄

ネクタイの柄には色々な種類があり、スーツに合わせて使い分けることができます。定番の柄から派手な柄、落ちついた柄までバラエティが豊かで、いくつ持っていても困ることはありません。

色が与える印象

ネクタイを選ぶ際、ネクタイの色には気を配って選択すると良いでしょう。ネクタイの色によって、相手に与えるイメージは大きく変わってきます。

例えば、ビジネスマンの定番である青は冷静さや誠実な印象を与えます。相手に親近感を与え、明るく快活な印象を与えてくれるのが黄色です。

このように、ネクタイの色によって相手が受ける印象は大きく変わるので、シチュエーションによって上手に使い分けるように心がけましょう。

ネクタイの選び方

紳士服売り場に行くと数多くのネクタイが並んでいて、どのネクタイを選んだら良いのか分からずに悩んでしまうことがよくあります。

しかし社会人になると自らネクタイを着用する場面や、人にネクタイをプレゼントする場面が増えてきます。ネクタイに関する知識をしっかり身につけておくと安心でしょう。

ここからは、正しいネクタイの選び方について解説します。

素材はシルクがおすすめ

ネクタイの素材は、シワになりにくい上質なものを選ぶと長く使うことができます。中でもおすすめの素材はシルク生地です。手触りが滑らかで柔らかく、光沢があるので高級なイメージを相手に与えることができます。

素材に迷ったときはシルク生地のネクタイを選ぶと、様々なシーンで活用できるでしょう。

襟の長さとネクタイの幅

ネクタイには様々な幅のタイプがあります。細い幅から太めの幅までさまざまな幅のネクタイがあるので、ネクタイ選びに慣れてない場合はどれを選べばいいのか分からず苦労するものです。

一つの目安として、着用するワイシャツの襟の長さに合わせてネクタイを選ぶと無難にまとめることができます。統一感のあるバランスのいい印象を相手に与えることができるのです。

シチュエーション別の選び方

ネクタイは、色や柄、形によって相手に与える印象が大きく異なります。それぞれの特徴をきちんと理解し、シチュエーションごとに上手に使い分けることが重要なポイントになるのです。

ここではシチュエーションにあった適切なネクタイ選びについて、ケースごとに紹介します。

ビジネスではスマートな印象のものを

ビジネスにおいては相手にスマートな印象を与えることが大切です。無難な色は誠実で真面目な印象を与える青色や、落ち着いた堅い印象を与える茶色でしょう。

また仕事の立場によって色を選ぶことも重要です。会社のリーダーなど多くの人の上に立つ立場であれば、存在感を表現する赤色のネクタイがおすすめです。落ち着きを演出したい場合には緑も良いでしょう。

結婚式では白やシルバーが定番

結婚式に出席するのであれば、白やシルバーのネクタイが昔からの定番です。お祝いの場にふさわしい華やかで清潔な印象を与える白やシルバーのネクタイは、1本購入しておけば何かと便利でしょう。

しかし最近は白だけでなく、パステルカラーやゴールドといった一段と明るい色のネクタイを着用する人も増えてきました。友人や知人として結婚式に出席するのであれば、明るい色のネクタイでもいいでしょう。

パーティーではカジュアルに

結婚式の二次会や誰かをお祝いするパーティーでは多くの人と接することになるため、カジュアルな印象を与えるオレンジや黄色のネクタイを選ぶといいでしょう。和やかなキャラクター柄も相手の印象に残るのでおすすめです。

逆にあまりに落ち着いた茶系や黒、彩度の低い色はあまりおすすめできません。場合によっては相手に暗い印象を与えることになり、パーティーの雰囲気にそぐわない結果になる可能性があるからです。

おしゃれなネクタイの結び方

ネクタイには多くの結び方があり、その結び方によって相手に与える印象は異なります。着用するシャツの雰囲気や襟の形、大きさによって適切なネクタイの結び方も変わってくるのです。

いくつか代表的なネクタイの結び方を知っておくと、その日の服装に合わせて柔軟に対応できるのでとても便利です。ここからは、おしゃれなネクタイの結び方を3つ紹介します。ぜひこれらの結び方をマスターして、ファッションセンスを磨いてください。

フォーマルでおしゃれなウインザーノット

その名の通りイギリスで生まれたフォーマルな結び方がウインザーノットです。大きな正三角形に近い形になり、大切な行事や商談など改まった場所にふさわしい結び方です。

  1. 小剣を短くとり大剣を小剣にクロスして後ろに出す
  2. 大剣を左の首元の上の輪から通す
  3. 全体を締めたら大剣を前から回して右側へ移動させる
  4. 首元の輪に大剣を下から上の方向へ通す
  5. 小剣を押さえながら大剣を下へ引く
  6. 結び目を調整して完成

ウインザーノットは結び目の大きさ次第で相手に与える印象はガラリと変わります。大きな結び目の場合は真面目で堅い印象を与える一方、コンパクトでスッキリとした大きさの場合は、おしゃれでスマートな印象を与えるのです。

結び目が目立つクロスノット

結び目のノットの部分にアクセントとなるラインが入るおしゃれな結び方です。一般的な結び方と比較すると複雑で時間がかかるので、ある程度ネクタイ結びに慣れた方におすすめです。

  1. 小剣を長めにしてネクタイを首に回して、大剣の上に置く
  2. 小剣を大検の裏側に回し、反対側へ移動させる
  3. 小剣を大剣の上に回して反対側へ
  4. さらに小剣を裏側へ回し、再び上から反対側へ移動させる
  5. 2周巻かれた小剣を首のループの上から反対の襟元へ通す
  6. 小剣を中心の結び目の中に通す
  7. 小剣が大剣の下にくるようにバランスを整えて完成

柄物で特徴が出せるトリニティーノット

結び目の3つの部分を重ねたおしゃれな結び方がトリニティーノットです。クロスノットと同様に見た目が華やかになるので、パーティーや晴れの場でファッションを楽しみたい場合におすすめの結び方となります。

  1. 小剣を長めにとりネクタイをクビに回し、大剣の上に置く
  2. 小剣をぐるりと1周させ、首のループの下から上に引き出す
  3. もう一度小剣を1周させ、首のループの上から下へ引き出す
  4. さらに小剣をぐるりと1周させ、首のループの下から上に引き出す
  5. 先ほどできた輪の中に小剣を通す
  6. もう一度小剣を1周させ、できた輪に小剣を下から差し込む
  7. 小剣の残りを首元の裏側に隠し、バランスを整えて完成

プレゼントにも使えるネクタイブランド

ネクタイは働く男性の必須アイテムです。様々な色や形、デザインのネクタイが販売されているため、何本持っていても決して困るものではありません。また、何かの機会にネクタイをプレゼントされると男性は嬉しいものです。

ここではおすすめのブランドを年代別に紹介します。

20代におすすめのPaul Smith

Paul Smith は、20代を中心とした若い世代に人気があるブランドです。イギリス発祥のブランドですが日本でも人気が高く、伝統的なイギリスのスタイルを保持しながらデザイン性の高い製品を数多く世に出しています。

Paul Smithのネクタイで定番なのは、色鮮やかなストライプ柄のネクタイです。美しいグラデーションはセンスが良く、おしゃれな印象を与えてくれます。他にも豊富なデザインのネクタイがあるのでおすすめのブランドです。

30代におすすめのFAIRFAX

30代におすすめなのは、日本発のブランドであるFAIRFAXです。丁寧に裁縫されておりクオリティが高く、目の肥えた30代のビジネスマンに愛されているブランドです。

上質な生地で作られたFAIRFAXのネクタイは、全体的に上品な印象のものが多いくなっています。平織りのストライプ柄ネクタイは手縫いのしっかりとした作りが印象的で、クラシックスタイルでありながらおしゃれな雰囲気をかもし出しています。

40代におすすめのARMANI

イタリア発の高級ファッションブランドであるARMANIは、大人っぽい落ち着いた雰囲気を出してくれます。シンプルかつ趣向を凝らしたデザインセンスが特徴的で、大人の男性にぴったりのおすすめブランドです。

一流ブランドとしてデザインだけでなく作りも丁寧でかつ繊細です。ファッションの王道を押さえた貫禄のある印象なので、長く着用できるネクタイとなっています。

ネクタイでスーツをおしゃれに着こなそう

社会人としてバリバリ働く男性にとって身だしなみは非常に重要です。加えてファッションセンスが相手に与える印象も決して小さくなく、スーツを着る際に着用するネクタイを適切に選ぶことが大切になります。

ネクタイは色や形、柄や生地などバラエティが豊富にあり、経験が浅いとなかなか上手に取り扱うことができません。しかし正しい知識を身につけ、状況に合わせた結び方を学ぶことで次第にネクタイを正しく扱うことができるようになります。

ネクタイに関する知識を身につけて実践を繰り返し、スーツをおしゃれに着こなしましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME