香水を作る方法とは?各地のおすすめスポットやWebサイトを紹介

2019.06.12

香水は自分で作ることも可能ですが、どこで作ったらいいのかわからない人も多いと思います。香水を作るには、作り方を知るためにスクールなどに通うのがおすすめです。自分のオリジナルの香りを作りたいなら、自宅付近にあるスクールを探してみてはいかがでしょうか。香水を作る人の仕事内容なども合わせて、各地域の香水作りのおすすめスポットを紹介します。

香水を作る人の種類や仕事内容

香水を作る人には、それぞれ種類があります。知らない人も多いと思うので、香水を作る人の種類や仕事内容を紹介します。

調香師の仕事とは?

香りの種類は数千種類あります。その中からいくつかの香料を組み合わせることによって新たな香りを作る仕事が調香師の仕事です。香りや化学的な知識はもちろん、香りによるセンスや先見性なども問われます。

パフューマー、フレーバーリストの仕事は同じ?

実はどちらも「調香師」のことを言います。調香師の仕事の幅は広く、味の香料の抽出も調香師がします。英語での呼び名として、フレーバー(味)を作る人をフレーバーリスト、香水やフレグランスを作る人をパフューマーと呼んでいます。

香水を作るおすすめのスポット

では、実際に香水を作るためのおすすめのスポットを紹介していきます。

新宿ならKAORI BAR FINCA

こちらは香りの種類が約60種類もあり、すべて国産のオリジナルの香りとなっています。落ち着いたカフェバーのような店内で、香りを楽しむことができ、自分のオリジナルの香りを見つけることができます。

大阪なら堀江のTHE FLEVOR DESIGN

このお店の特徴は何と言っても自分の好みに合った香りをその場で作ってもらえるということ。自分のイメージの香りを持っているならすぐに約130種類以上の香りの中から調合してもらえます。

横浜ならOrange Flower Studio

ここではオリジナルの香りが作れる調香体験があります。香水作りのプランでは自分の作りたい香りのイメージがあれば、アロマセラピストやコーディネーターの講師がしっかりと教えてくれます。

愛知ならLOVEHOUSE

こちらは手作りのオリジナルアロマ雑貨が作れるショップです。約100種類の香りが用意されていて、アロマクラフトを楽しむことができます。初心者の方でも材料等はすべて揃っているので通いやすくなっています。

関西で有名な香水作りスポット

関西でも様々な香水作り体験ができるところがたくさんあります。関西といえば大阪ですが、人里離れたところにも素敵なスクールやショップがあります。

パルシェ香りの館・香りの湯

こちらは兵庫県の淡路島にあるショップと体験ができる香りのテーマパークです。香水作りやバーバリウム、キャンドル作りなど幅広く行っている体験教室があり、その他にもハーブを取り入れた温泉施設やレストランなども併設しており、様々な施設を楽しめるスポットです。

福岡で有名な香水作りスポット

福岡でもいくつか香水作りのスポットはありますが、その中でも人気のスポットを紹介します。

アロマヒーリングマンギス

ここでは、アロマで香水作りの体験ができます。世界に一つだけの香水を作ることができ、使用する精油はすべて天然100%です。どんな香りを作りたいかというところからスタートするので、イメージを固めておくと早いかもしれません。

香水を作るおすすめのサイトがある?

実は、香水はショップだけではなくサイトで作ることも可能なんです。なかなかスクールに通えない人には嬉しいですよね。

「Dance」で香りをオーダーメイド

「Dance」では、オーダーメイドフレグランスというのがあり、一人一人の個性に合ったオリジナルの香水を作ることが可能です。カウセンリングフォームを送信しすすめていく流れとなります。

近くに香水作りのスポットがない人や、わざわざ行くのが面倒なときには、家にいながらオリジナル香水を作れるというのは魅力ですよね。

【Dance】 Original Fragrance~オリジナル香水

自分だけの香水は世界に一つだけ

香水作りの最も魅力的な点は、世界に一つだけの自分の香りが作れるということ。各地域の香水を作ることができるスポットを紹介しました。今の自分の気分や状態に合わせて作る香水を纏って癒されたいですね。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME