猫好き必見!猫の漫画サイト「ねこねこ横丁」とは?

2019.06.09

「ねこねこ横丁」とは、集英社グループ「ホーム社」が運営する猫漫画などを掲載するWEBサイトです。エッセイや物語、おもしろ4コマ漫画など、数多くの猫漫画が話数限定で無料で楽しめます。今回はその中から6作品をピックアップし、猫好き必見サイトの魅力をお伝えします。

猫との日常をつづったエッセイ漫画

まずはエッセイ漫画を2作品ご紹介します。猫好き・猫を飼っている人なら「あるある」とおもわず微笑んでしまうでしょう。

鴨居家のマルちんは猫です

  • 作者:鴨居まさね
  • 発売年:2017年

鴨居まさねさん家の不思議カワイイ猫・マルちんは今日も想像を裏切るほんわか行動で見る者を魅了する。(byねこねこ横丁)

ちょっと猫離れした猫・マルちんの行動に、つい微笑ましくなる漫画。『鴨居家のマルちんは猫です シニア編』では、シニア猫のあるあるや、一緒に暮らす上でのハウツーなども満載です。

「鴨居家のマルちんは猫です」をAmazonで購入する

ぬくぬく+

  • 作者:秋本尚美
  • 発売年:最新刊の『ぬくぬくファイナル』が2016年

ささやかな出来事に心が和む…しまねこの「しま」とねこ大好きな「山田さん」の同居物語。(byねこねこ横丁)

『ぬくぬく』は2009年から続いているシリーズものです。同年には温水洋一主演でDVD化もされました。妻に先立たれ、一人暮らしの中年男性山田さん。彼の「しま」へのゾッコンぶりと、それをわかっているかのような彼女の振る舞いにほっこりさせられます。

ねこねこ横丁HP「ぬくぬく+」へ

「ぬくぬくファイナル」をAmazonで購入する

猫を飼うと物語が動き出す?ストーリー漫画

つづいて、猫を飼い始めたことで紡がれる物語を2作品をご紹介。

30歳女子、ネコを飼いはじめました。

  • 作者:やまもとりえ
  • 発表年:2018年

30歳女子、未婚、一人暮らし、ネコを飼いはじめました。……が!? (byねこねこ横丁)

8年間付き合った彼氏と別れた主人公は猫を飼いはじめます。ところがこの猫さん、関西のおっちゃん口調でしゃべりだす。「なんの努力もせず全部受け身で相手ばかり責めて…」「もうやめて…」「まあいっぺん考えてみぃ。自分がどうしたいのか」。猫さんの後押しで、主人公は動きはじめます。

「30歳女子、ネコを飼いはじめました。」をAmazonで購入する

あぶらあげは知っている

  • 作者:なかだまお
  • 発売年:未刊(2019年6月現在)

ふてぶてしい&女好きな猫を期間限定で預かることになった高校生の拓実。実は彼、重度の猫アレルギーで? (byねこねこ横丁)

愛嬌ゼロでブサイクな猫「あぶらあげ」。彼となんとか仲良くなろうとする拓実。ふたりの距離は話数を追うごとにほんのすこしずつ縮まっていきます。幼馴染の鈴との関係もこの先どうなるのか、続きが気になる漫画です。

ねこねこ横丁HP「あぶらあげは知っている」へ

猫が主役の猫目線のほんわか漫画

最後に、擬人化された猫たちがおりなすレトロな物語や、猫目線で描かれた心温まる漫画をご紹介します。

まんが ねこねこ横丁 東京かんばん猫

  • 作者:ミューズワーク(ねこまき)
  • 発売年:2018年

猫たちの暮らすレトロモダンな「ねこねこ横丁」の、素敵な猫スポットを観光案内所のねこ長と共にご案内。(byねこねこ横丁)

2018年にアニメ化された『まめねこ』の作者の作品。実在の店舗をモデルに、擬人化された猫たちが人情味あふれる物語をつむいでいきます。おなじ作者の『ちびネコ どんぐり』『ぽよネコ×ちびネコ』もねこねこ横丁で連載中です。

「まんが ねこねこ横丁 東京かんばん猫」をAmazonで購入する

ボクと教授の20年

  • 作者:杉作
  • 発売年:2016年

泣いて笑ってケンカして…。猫と過ごす何気ない時間が愛おしくなる小さな相棒とボクの20年間の物語。(byねこねこ横丁)

同じ年に生まれたボクと飼い猫の「教授」。ふたりの成長が「あたし」という教授目線でつづられます。4コマ漫画のようなコマ割りで読みやすく、それでいて最後はほろっとさせられます。杉作さんは実写映画化された『猫なんかよんでもこない。』の作者でもあります。

『ボクと教授の20年』をAmazonで購入する

「ねこねこ横丁」の漫画の魅力

ここで紹介した猫漫画はほんの一握り。ねこねこ横丁では他にもたくさんのエッセイ、物語、4コマ漫画などが掲載されていて、猫好きには堪らないサイトになっています。

また、猫の写真が毎日更新されたり、オリジナルのキャラクターグッズの通販や特集記事が組まれていたりと、漫画以外にも楽しみ方はいろいろ。猫が好きで漫画も好きという方は、ぜひ一度「ねこねこ横丁」をのぞいてみてはいかがでしょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME