ネクタイケースのおすすめ商品を紹介。種類や選び方を徹底解説

2019.06.07

ネクタイはビジネスマンの個性を主張する重要なファッションアイテムです。人の視線を集めやすいネクタイにシワや折り目、汚れが付いていると恥ずかしいものです。出張先などでこれらのトラブルを防ぐネクタイケースについて解説します。

ネクタイケースとは?

ネクタイを持ち運ぶ際はネクタイケースに収納することがおすすめです。ネクタイケースとはどのようなものなのか解説します。

形を崩さずに収納できるアイテム

ビジネスマンの身だしなみの一つであるネクタイは、丁寧に扱わないとシワや折り目、汚れが付きやすいものです。また、一度付いてしまったシワや折り目はなかなか取ることができません。

そこで活躍するのがネクタイケースです。ネクタイケースとは、ネクタイの形を崩さずコンパクトに収納できるアイテムで、さまざまな形や素材のものが販売されています。

旅行や出張先での持ち運びに

例えば旅行先でドレスコードのあるレストランに行くときや、出張先で大事な商談があるときにはネクタイを持ち運ぶ必要があります。

きちんと畳んでバッグに入れたつもりでも、いざ使おうと思った時にシワや折り目が付いていた、という経験は誰しもが一度はあるのではないでしょうか。

シワや折り目を付けずにネクタイを収納できるネクタイケースは、ネクタイの持ち運びにも非常に便利なアイテムなのです。

ネクタイケースの種類

ネクタイケースは形状や素材、収納量によってさまざまな種類のものがあるため、自分の好みや目的に合ったネクタイケースを選ぶことが重要です。ネクタイケースの種類について解説します。

円筒タイプと折り畳みタイプ

ネクタイケースの形状は、大きく『円筒タイプ』と『折り畳みタイプ』の二つに分けることができます。

円筒タイプはネクタイをくるくると丸めて収納するネクタイケースで、手のひらに乗るくらいのコンパクトさが特徴です。また、丸めることで折り目がつきにくいのも円筒タイプのメリットだと言えるでしょう。

ただし、丸めることによって厚みが出てしまうため、バッグに入れるときはある程度の広いスペースが必要になります。

一方、折り畳みタイプはネクタイを折り畳んで収納するネクタイケースで、ネクタイを折り畳んで収納するためケースが薄くて長いのが特徴です。薄いのでバッグのポケットなどちょっとした隙間にも入れることができます。

ケースの素材もさまざま

ネクタイケースの素材には、主に本革やナイロン、プラスチックなどが使われます。

本革のネクタイケースは『丈夫で見た目にも高級感』があるため、大人のアイテムとして人気の高いケースです。また、本革ならではの経年変化も楽しめるので、長期間に渡って使うことができます。

ナイロンのネクタイケースには撥水加工されたものが多く、突然の雨などでバッグが濡れてしまっても『ネクタイを水から守る』ことができます。比較的安価なので、使いやすいネクタイケースだと言えるでしょう。

プラスチックのネクタイケースは持ち歩いても負担になりにくい軽さが最大の特徴です。また、透明なプラスチックのケースであれば『中に入れたネクタイの柄をすぐに確認できる』のもメリットだと言えます。

ワイシャツが入る大型タイプも

ネクタイケースを選ぶ際には、『大きさや収納量』もポイントになります。

サイズの小さいネクタイケースは収納量こそ少ないものの、小さくて軽いため荷物に入れても負担になりにくく、逆に収納量の多いネクタイケースは、たくさんのネクタイを収納することができますが、大きくてかさばることがあります。

また、ネクタイケースの中にはワイシャツと一緒にネクタイを収納できる大型のものもあるので、ネクタイを何本持ち運ぶ必要があるのか、バッグの空きスペースはどれくらいあるのかを考えて選ぶと失敗が少ないでしょう。

円筒タイプのおすすめ

ネクタイを丸めて収納する円筒タイプのものは本革を使ったものが多く、素材の感触や高級感を楽しむことができるのが特徴です。

円筒タイプのネクタイケースで、おすすめのものを紹介します。

Philippi Giorgio タイケース

Philippi(フィリッピ)はドイツ・ハンブルグのブランドで、シンプルで洗練されたデザインに定評があります。

そんなPhilippiの『Giorgio タイケース』は上質な牛革を使った円筒タイプのネクタイケースです。マグネットで開閉する開口部は10cmあり、幅の広いネクタイも楽に収納できます。

高級感のある牛革とフタにあしらわれたステンレスの組み合わせがアクセントになったデザインは、大人の男性から支持を得ており、ワンランク上のおしゃれを演出してくれるでしょう。

  • 商品名:Philippi Giorgio タイケース leather, stainless, polished 128033
  • 価格:4900円(税込)
  • Amazon:商品ページ

ダクト ネクタイケース 革

革製品や革小物を扱う日本の企業であるダクトの『ネクタイケース 革』は、ケースに付属している円筒状のクッションにネクタイを巻き付けて収納し、ネクタイをシワや折り目から守ってくれます。

開口部はスナップボタンで留めるタイプなので、ネクタイの出し入れにストレスを感じたり、バッグの中で突然開いたりすることもありません。

カラーバリエーションは5種類あり、どれも色鮮やかな革を使っているため、使い込むことにより艶が深まり、革製品ならではの経年変化も楽しむことが可能です。

  • 商品名:ネクタイケース 革 レザー くるくる 旅行 本革 イタリア おしゃれ DUCT(ダクト) NL-802
  • 価格:6480円(税込)
  • Amazon:商品ページ

長塩産業 Mr.クルクル

長塩産業の『Mr.クルクル』はその名のとおり、ネクタイをケースにセットして、中の芯棒でクルクルと巻き取って収納することができるネクタイケースです。

透明なプラスチック素材なので、フタを開けなくてもネクタイの柄を確認できるだけでなく、軽量なので持ち歩いても負担にならないため、気軽に使うことができます。

ユニークな収納方法と、プラスチック製の使いやすさが受け、人気の高いネクタイケースです。

  • 商品名:ネクタイ収納ケース Mr.クルクル 4個セット
  • 価格:1680円(税込)
  • Amazon:商品ページ

折り畳みタイプのおすすめ

ネクタイを折り畳んで収納する折り畳みタイプのネクタイケースは、ナイロン素材のものが多く、軽量でスマートに持ち運ぶことができるため、出張の多いビジネスマンに愛用されています。

折り畳みタイプのネクタイケースでおすすめのものを紹介します。

コンパクトで2本収納のバッグスマート

『バッグスマート』は、薄さ2cmとスリムでありながら、ネクタイを2本収納できるナイロン製のネクタイケースです。

折り畳んだネクタイをゴムバンドでしっかりと固定するので、シワや折り目がつく心配がありません。さらに、抗菌・防臭加工が施されているので、ネクタイを清潔な状態に保つことができます。

開口部はラウンドジップ式で大きく開くことができるので、収納や取り出しにストレスを感じることは少ないでしょう。ひと目でネクタイを確認できるのもポイントです。

荷物の多い長期間の出張などで活躍するネクタイケースだと言えるでしょう。

  • 商品名:(バッグスマート)BAGSMART ネクタイケース 2本収納可能 シワ・型崩れ防止
  • 価格:1500円(税込)
  • Amazon:商品ページ

シワ防止ができる ソロツーリスト

ソロツーリストの『ネクタイケース』は、プラスチック製の板ににネクタイを巻き付けて収納するため、型崩れしにくいのが大きな特徴です。

素材には撥水加工されたナイロンを使っているので雨や水からネクタイをしっかりと保護します。また、内側にはクッション性の高い生地を使っているので、ネクタイに傷が付くことがありません。あらゆる方向からネクタイをしっかりとガードできるネクタイケースだと言えます。

なお、ソロツーリストのネクタイケースは、一般的なサイズのネクタイであれば2本収納することが可能です。出張だけでなく、クールビズ時にネクタイを持ち歩くためにも便利に使えます。一つあればさまざまなシーンで活躍できるネクタイケースです。

  • 商品名:[ソロ・ツーリスト] Solo-Tourist ネクタイケース
  • 価格:1026円(税込)
  • Amazon:商品ページ

ナイロンで光沢のある ラゲッジレーベル

『ラゲッジレーベル』は、吉田カバンが展開するブランドの一つです。

ラゲッジレーベルのネクタイケースには、光沢感のあるナイロンツイルが使われています。ナイロン素材でありながら上品で高級感のあるデザインとなっているため、世代を問わず使うことができます。

開口部を大きく開くことができるため、ネクタイを出し入れする際のストレスは少なくおさえられます。ネクタイは2本収納可能で、吉田カバンらしい便利な小物ポケットが付いているのも大きなポイントです。

収納量とデザインを両立したネクタイケースを探しているなら、ラゲッジレーベルのネクタイケースは候補の一つとしておすすめできます。

  • 商品名:吉田カバン ラゲッジレーベル LUGGAGE LABEL!ネクタイケース 【TREK/トレック】 955-08950
  • 価格:7884円(税込)
  • Amazon:商品ページ

ネクタイケースがないときは

突然の出張などで、すぐにネクタイケースが準備できないときは、身近なものや100均のアイテムを使うのも一つの方法です。

円筒状のものを使った代用方法と、100均のネクタイケースについて紹介します。

円筒状のものに巻き付けて代用

ネクタイは適当に丸めるとシワや折り目が付いてしまいます。シワを防ぐためには円筒状のものに巻き付ける方法がおすすめです。

やり方はとても簡単で、トイレットペーパーやラップの芯などの円筒状のものに、ネクタイを巻き付けていくだけです。

そのままバッグなどに入れるとネクタイが解けてしまうので、ジップ付きのビニール袋などに入れれば形を保つことができるでしょう。

100均でも購入可能

ネクタイケースは100均でも購入可能です。高級感こそありませんが、ネクタイをシワや折り目からしっかりとガードできます。

100均で購入できるネクタイケースは、主にプラスチック製の円筒タイプがほとんどです。中には小物ケースが付いているものもあるので、ネクタイピンなどを入れておくのも良いでしょう。

店舗によって種類や在庫が異なりますが、見つけたら買っておくと、いざというときに役立つかもしれません。

出張先でもネクタイをきれいに保管しよう

ネクタイは素材の性質上、シワや折り目、汚れが付きやすいものです。シワや汚れは一度付いてしまうと簡単に取ることができないため、ネクタイは普段から丁寧に扱う必要があります。

ネクタイをきれいに持ち運ぶにはネクタイケースの使用が欠かせません。出張などで替えのネクタイが必要なときはきちんとネクタイケースに収納し、シワや汚れが付かないようにしましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME