アロマの資格を一挙公開!おすすめの勉強法と参考書

2019.06.09

アロマの資格といっても、その種類は多種多様。アロマの資格は国家資格ではなく、各団体がそれぞれ異なる資格の試験を開催しています。この記事ではアロマの様々な資格をご紹介していきます。どんな資格があるのかをチェックして、自分にぴったりの資格取得を目指しましょう。

アロマの資格は団体ごとに違う

アロマに関する資格は、民間の団体ごとにさまざまなものがあります。どんな資格があるのか、まずは確認していきましょう。

日本アロマ環境協会(AEAJ)

日本アロマ環境協会が定める検定には、一般の方が受けられるものと、AEAJの会員にならないと受けられないものがあります。

【一般の方が受験可能な資格一覧】

  • アロマテラピー検定(1級、2級)
  • ナチュラルビューティスタイリスト検定
  • 環境カオリスタ検定

【AEAJ会員の方が受験可能な資格一覧】

  • アロマテラピーアドバイザー
  • アロマテラピーインストラクター
  • アロマセラピスト
  • アロマブレンドデザイナー
  • アロマハンドセラピスト

自分自身のアロマ知識を深める目的であれば、一般の方でも受けられる資格でも充分です。アロマテラピーのお店を持ちたいといった目標がある方であれば、会員が受験する本格的な資格の取得をおすすめします。

AEAJ公式サイト

日本アロマコーディネーター協会(JAA)

AEAJの検定と同じく、JAAの検定にも会員でなくても受験できるものと、会員用の検定があります。

【一般の方が受験可能な資格一覧】

  • アーユルヴェーディック・アロマセラピー検定
  • セラピストマナー検定
  • ハンドトリートメント検定
  • 認知症予防のためのアロマヘッドトリートメント検定
  • スキンケア検定
  • ジャパニーズアロマ検定

【JAA会員の方が受験可能な資格一覧】

  • アロマコーディネーター
  • チャイルドケアコーディネーター/インストラクター
  • インストラクター
  • いやしのカウンセラー
  • ボディトリートメントセラピスト
  • 介護アロマコーディネーター
  • アロマフェイシャルリラックス
  • 膝ケアコーディネーター

会員でなくても受けられる検定はたくさんありますが、受講すべき講座や保有資格の条件が設定されている場合があるので、受験前には要項の確認が必須です。

JAA公式サイト

ナード・アロマテラピー協会(NARD JAPAN)

NARD JAPANの検定は、初級から上級まで階段のように難易度がステップアップしていきます。

【初級】

  • アロマテラピーベイシック
  • リラックストリートメント

【中級】

  • アロマ・アドバイザー
  • アロマ・インストラクター
  • アロマ・アドバイザー

【上級】

  • アロマ・トレーナー
  • アロマセラピスト・トレーナー

初級クラスの検定であれば、アロマの知識を深めたい方におすすめ。職業として成り立つレベルの資格が欲しいのであれば中級クラスのものを、さらにアロマに関する指導を行う立場になりたいのであれば上級クラスのものを受験しましょう。

受験にあたっては、現在保有している資格有無などの条件が設定されている場合があるので勉強前にチェックしておきましょう。

NARD JAPAN 公式サイト

国際アロマセラピスト連盟(IFA)

国際的にアロマの資格を活用していきたい方は、IFAの検定を受けることをおすすめします。

  • アロマセラピーディプロマコース
  • 精油セラピー専門コース
  • アロマタッチ介護検定コース
  • アップグレードコース
  • 専門家対象能力養成コース
  • リフレッシャーコース
  • 教師養成コース

上記のコースのほかにも「CPD(継続的専門技術開発)コース」と呼ばれるコースもあり、これは主にメルボルンで開催されている講座です。「自然療法イントロダクションコース」であれば、東京で開催される講座ですので、国内でしか受講できない方はこちらをおすすめします。

IFA公式サイト

アロマの資格を取るおすすめの勉強法

アロマの資格取得のための勉強方法は、その資格の条件によってさまざま。団体公式の講座受講が必須となっている検定もあるので、その場合はそちらの条件に従うようにしてください。

通信講座

メジャーなアロマテラピー検定(AEAJの検定)などであれば、ユーキャンやヒューマンアカデミーなどで通信講座が受けられます。

専用のテキストや添削などがあるのでやや価格は高めですが、確実に資格を取得したいという方には効率のいい勉強法かもしれません。

ユーキャンのアロマテラピー検定

ヒューマンアカデミーのアロマテラピー検定

市販のテキストでも受験可能

独学の費用をより抑えたいのであれば、市販のテキストを活用するのも勉強法のひとつ。試験勉強対策に使える精油などの教材も市販されているので、一通り揃えるといいでしょう。専門家による添削がない分、自分の覚え方の誤りや苦手部分に気づきにくいので、問題を何度も解くことが重要です。

アロマの資格を取るためにおすすめの本

AEAJの検定であるアロマテラピー検定については、多くのテキストが販売されています。難易度としてもそれほど高くない検定ですので、まずアロマの資格を取ってみたいと思っている方には向いているでしょう。

商品名:アロマテラピー検定1級・2級テキスト&問題集~20日間完全マスター 参考価格:1,836円 Amazon商品ページはこちら

アロマの資格は自分にあったものを

主催団体や資格の種類によって、難易度や条件はさまざま。資格取得後にどのように資格を活かしていきたいのかをイメージした上で受験勉強を始めるようにするといいでしょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME