映画の公開期間はどうやって決まる?歴代最長記録と最短記録も紹介

2019.06.05

映画を見に行きたいと思っていても、公開が終わってしまっていて見れなかったという経験はありませんか?上映期間はどこにも書いていないので、映画好きの人でも映画を見逃してしまうことがあります。今回は注目の映画を見逃さないためにも、映画の公開期間や予測の仕方について解説していきます。

映画の平均公開期間はどれぐらい?

映画の公開期間は、平均的に見ると約1ヶ月ほどとなっていますが、作品によってまちまちです。劇場公開されている映画作品には公開予定期間(ファーストラン)というものが定められているのですが、これも映画によって期間は様々です。

「ファーストラン」が短くても3週間や5週間、長い場合だと12週間というものもあります。そしてファーストランを超えて上映される作品のことを「ロングラン」作品と呼び、世間でいうヒット映画となっていくのです。逆に客の入りが悪くファーストランにも満たされないような作品は「打ち切り」となります。

このように作品の内容が面白いかどうかよって公開期間が変化するので、映画公開期間の予測はつけづらいのです。

映画の最長・最短公開期間を紹介

中々予測がつけづらい映画の公開期間ですが、中には予想よりはるかに長く公開したり、逆に短すぎる公開期間だった作品もあります。では今までの映画作品の中で、最長・最短公開期間を記録した作品は、どういったものになるのでしょうか?

ここでは、映画の公開期間における最長記録と最短記録を紹介していきます。

最長期間

歴代の名作映画と呼ばれるものの中には、驚くほどのロングラン上映がなされたものがあります。その中でも映画の公開期間の最長記録は、『1192日』という到底を叩き出しているのです。作品名は「祈り ~サムシンググレートとの対話」という作品で、2012年9月19日~2015年12月23日まで公開されました。

ここまで長くなることは極めてまれですが、人気の高い作品だと数か月にわたって上映されることは珍しくありません。たとえば最近の話題作でいえば、2018年11月9日に公開された『ボヘミアン・ラプソディ』は、2019年6月現在でも全国のいくつかの映画館で上映がなされており、半年以上にわたりロングラン上映がなされていることがわかります。

最短期間

逆に映画の最短期間ですが、歴代でも最短とされているのが、中国で制作・公開がなされた『阿修羅』という映画といわれています。6年もの歳月と120億円以上ともいわれる制作費をかけた壮大なスケールの作品だったにもかかわらず、初週興行収入は8億円程度と、期待を大きく下回ることになってしまいます。

結果的に、この映画は公開後わずか『3日間』で打ち切られるという不名誉な記録を打ち立ててしまいました。

映画の公開期間を予測するには

そんな映画の公開期間ですが、作品内容によってある程度の予測をつけることも可能です。ではいったいどのように予測していくのでしょうか?ここでは、映画公開期間を予測する方法を見ていきましょう。

映画の1日上映回数

映画の1日の上映回数は、作品によってまちまちです。1日6回上映しているものもあれば、たった1回しか上映していない作品もあります。映画館はどんなに面白い作品であったとしても、次々と出てくる新作映画に合わせて劇場を用意しています。

回数が減ってきているということは、話題性が薄くなってきているという証拠です。1日1回しか上映されていないような作品は話題性が低くなってきているという意味になるので、公開期間が残りわずかという意味にもなると言えるでしょう。

スクリーンの大きさ

人気な映画ほどスクリーンの大きさは、大画面となります。しかし人気がなかったりお客さんの入りが悪い作品に関しては、大きなスクリーンを使っていてはもったいないため、小さめのスクリーンで上映するのが普通です。

もし映画を見に行く前に、小さめのスクリーンで上映されていることを確認したら、もうすぐ公開終了となる恐れもあるので早めに見に行くとよいでしょう。スクリーンのサイズなどはチケットサイトや劇場公式HPで確認できることがほとんどです。

上映している映画館が少なくなってきた

映画館によって上映している作品は様々ですが、話題を呼んでいる作品のほとんどはどの映画館でも上映されています。しかし周りの映画館を調べていく中で、目当ての作品が上映されている映画館が少なくなってきたら、注意が必要です。

近くの映画館を調べていく中で、1日数回しか公開していなかったり上映すらしていない映画に関しては、早めに見に行くことをおすすめします。

公開期間を逃さずに映画館へ

映画の公開期間の予測において、何より重要なのは話題性です。見た人が面白いと感じた作品は、どんどん公開期間が延びる傾向にあります。まずは公開期間を予測する前に、反響や口コミを調べてみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME