大人の腕時計の選び方。シーン別におすすめのブランドをご紹介

2018.07.31

大人の男性ともなると、腕時計に自分なりのこだわりがある人も少なくないでしょう。ビジネスシーンやオフで使える人気の腕時計ブランドを紹介します。近年注目が集まっているスマートウォッチや個性派におすすめのユニークな腕時計も要チェックです。

腕時計にはさまざまな種類がある

全体のデザインだけでなく、腕時計には大枠で『針、インデックス、ムーブメント』の違いがあります。仕組みが違えば、手入れの方法や時計の動き方が異なるので、基本的な知識を知っておくことは大切です。

腕時計の針の種類

針は、文字盤とともに、時間を認識するための欠かせない部分です。針の太さ、色、形など、『視認性』と『全体の印象』が重要となります。

  • バー
  • ペンシル
  • メルセデス
  • ドーフィン
  • アルファ
  • リーフ
  • スペード
  • ブロードアロー
  • バトン針
  • ブレゲ針
  • イナズマ針

最もベーシックなのが『バー』で、デザインを問わず、多くの時計に採用されています。

スポーツやミリタリーウォッチに多いのが『ペンシル』や『メルセデス』、『ブロードアロー』などです。針に蛍光塗料を塗って暗い場所でも視認性をよくする工夫がされる針もあります。

上品な印象を与えるのが、万年筆の先に似た『ドーフィン』、先端が尖った細身の『リーフ』、菱型の『スペード』、三日月形の装飾がある『ブレゲ針』あたりでしょう。

ロレックスの『イナズマ針』や、カルティエに多い『バトン針』など、特定のブランドに使用されている針の形もあります。

インデックスやムーブメントの種類

『インデックス』は、目盛りや数字のことです。棒で目盛りを表す『バーインデックス』は定番です。

クラシカルな『ローマン数字』、視認性を重視した『アラビアン数字』も、男女問わず多くのモデルに使われています。『ドット』は、柔らかい印象を受けますが、男性の時計にも多いです。

  • ドット
  • ローマン
  • アラビアン
  • トライアングル
  • ダイヤ

次に『ムーブメント』の違いがあります。ムーブメントは車でいう『エンジン』のようなもので、大きく分けると以下の2つがあります。

  • 機械式(自動巻き・手巻き)
  • クォーツ

機械式はゼンマイの力で動く時計で、自動巻きと手巻きの2種類があります。

自動巻きは、時計を着けた腕を振ることでムーブメント裏側の『ローター』が回転し、『ゼンマイ』が自動で巻き上る仕組みです。手巻きは『リュウズ』を操作することで『ゼンマイ』を巻き上げます。

クォーツは電池を動力として動く時計です。一般的にクォーツの方が機械式よりも精度が高く、時間の遅れ進みが少ないですが、電池が切れると止まります。

一方、機械式は、ゼンマイを巻き上げることで動くため、ある日時計が止まってしまう心配はありません。

どちらもメリット・デメリットがあるので、好みやライフスタイルで決めるとよいでしょう。

腕時計の選び方

男性にとって、腕時計は数少ないおしゃれアイテムの1つです。「腕時計を見るとその人が分かる」といっても過言ではないでしょう。腕時計の選び方のポイントを解説します。

全体のバランスを考えて選ぶことが大切

高い時計が必ずしもよいというわけではなく、時計が全体のバランスに合っているか、ファッションに一体化しているのかが大切です。

たとえば、ブランドスーツで身を固めた人がチープな時計をしていたり、アウトドアのアクティブな格好をしている人が、防水性のない華奢でクラシカルな時計をしていたりすると、周りの人は違和感を覚えるかもしれません。

自分の普段の服装やライフスタイルを考えて、ファッションの一貫性が保てるものを選びましょう。

また、ビジネス、プライベート、普段使いと時計を使い分けるのもおすすめです。

ベルトの素材で選ぶ

ベルトの素材は、時計の全体の印象を左右します。

耐久性・防水性に優れた『金属製』は、ビジネスマンに最も人気のある素材の1つです。ステンレススティールが主流で、メタリックな輝きと程よい重量感は、高級感を醸し出してくれるでしょう。

金属製は、コマ数の多さによって装着感が異なります。薄くて柔らかなメッシュ状のベルトは、装着感が滑らかで、見た目も華やかです。

金属製と並んで人気が高いのは『革製』です。

ワニ革や牛革など、革の素材によって風合いが異なり、色のラインナップも豊富なのが魅力でしょう。ただし長持ちさせるにはこまめなケアが必要です。

一方、カジュアルな時計に多い『ラバー』や『シリコン』ベルトは、撥水性やフィット感に優れています。お手入れも簡単で、アクティブな活動が多い人に人気です。

ビジネス向けの腕時計とは

ビジネス向けの時計は、機能性や使いやすさを兼ね備えていて、スーツに合うことが条件です。いくつかのポイントを見ていきましょう。

スーツ、靴の色や質に合わせる

ビジネス向けの時計は、スーツや靴の色と質に合わせるのが基本です。

普段から茶色の革靴やカバンを使用する人は、時計も茶色の革ベルトで揃えるのが理想です。黒やグレーのコーディネイトが多い人は黒の革ベルトがよいでしょう。

日によって、スーツや靴の色が変わるという人は、どんなコーディネイトにも合う金属製のベルトを選ぶのがおすすめです。

正式な場では革ベルトで

昔から冠婚葬祭などのフォーマルな場面では、金属ベルトよりも革ベルトが良いとされてきました。輝きを放つ金属ベルトは、華美に捉えられ、シチュエーションによっては目立ち過ぎるためです。

また、欧米では、金属ベルトはカジュアル、革ベルトはフォーマルといった認識があり、正式な場所では革ベルトを用いるのが一般的です。

日本では、葬儀のときは、白文字盤で黒い革ベルトの時計のみがフォーマルとされています。普段は金属ベルトを使っていても、フォーマル用に、シンプルな革ベルトの時計も用意しておくのがよいでしょう。

ビジネスシーンで使える人気の腕時計ブランド

ビジネスシーンでおすすめの人気の腕時計ブランドを紹介します。

国産最高級を目指す グランドセイコー

『グランドセイコー』は、日本の時計ブランド『セイコー』に属する高級腕時計のトップブランドでしたが、2017年に独立し、単独ブランドとなりました。

国産最高級時計を目指すグランドセイコーは、ライフスタイルに合わせた高い機能性と、ワンランク上の洗練されたデザインが魅力です。

幅広い年齢層が長く使える質の良さと、オーソドックスなデザインの中に見え隠れする上質感は、ビジネスマンに最適といえるでしょう。

ヘリテージコレクション SBGA347

単なる最新式ではなく、長い歴史の中で磨かれてきた伝統の重みが感じられるのが『ヘリテージコレクション』です。

中でも、『SBGA347』は、都会的なスマートさを感じるデザインで、ダイヤルに細かなストライプ模様が入っているのがポイントです。

本体とブレスレットには軽量で耐傷性・耐食性に優れるブライトチタンが使われていて、長時間付けていても疲れません。

グランドセイコー公式サイト

スイスの歴史あるブランド タグ・ホイヤー

『タグ・ホイヤー』はスイスを代表する高級時計ブランドの1つで、時計初心者が選ぶ高級時計のエントリーブランドとしても知られます。

レーサーたちに愛用者が多く、高いデザイン性や視認性から、スポーツウォッチブランドとしての地位を確立しています。

アクアレーサー キャリバー5

『アクアレーサー キャリバー5』は、自動巻きムーブメントのキャリバー5を搭載するスポーツウォッチで、反射防止コーディングなどが施されています。300m防水を搭載しているので、特にダイバーに人気がある時計です。

汗や水に強く、夜光塗料で、夜でもしっかりと時間を確認できるので、忙しく動き回るビジネスマンには最適なアイテムといえるでしょう。

スマートかつシックなデザインなので、年齢を問わず長く使えます。

タグ・ホイヤー | 高級時計・スイス腕時計 | TAG Heuer

ファッション性が高い ハミルトン

1892年にアメリカで誕生した『ハミルトン』は、もともとは鉄道時計メーカーとして地位を確立したブランドです。アンティークやミリタリーなど、デザインが幅広く、ファッション性が高いのが魅力でしょう。

コストパフォーマンスが高く、「さまざまな時計を楽しみたい」という人におすすめです。

ジャズマスター スリムオート

数あるハミルトンの時計の中で、ビジネスマンに支持されているのが『ジャズマスターシリーズ』です。アメリカンクラシック系を代表するシンプルなデザインで、ビジネス、フォーマルなどさまざまな場面で重宝します。

『ジャズマスター スリムオート』は、ツヤのあるステンレススチール製の本体と、クラシカルな革のベルトの組み合わせが上品です。

自動巻きムーブメントながら、厚さ約9mmと薄型でヘッドが軽く、長時間つけていても腕が疲れません。6時位置にはデイト表示が付いていているところも便利です。

ハミルトン公式HP

デートで着けたいおしゃれな腕時計

おしゃれさや個性を表現できるのが『デートで着ける時計』です。フォーマルやビジネスシーンにはない、華やかさやカジュアルさを楽しみましょう。

リンクス オブ ロンドン ドライバー

洗練されたジュエリーやウォッチを手掛ける『リンクス オブ ロンドン』は、英国発祥のブランドです。おしゃれを格上げしてくれるアイテムが多く、男女ともにファンが多いのが特徴です。

『リンクス オブ ロンドン ドライバー』は、スチールとレザーの組み合わせがマッチしたモデルで、ブラウンレザーストラップには、ホワイトステッチが施されています。

細部のデザインは、英国のスポーツカーからインスパイアされたもので、白い文字盤にシルバーとレッドの針が映えます。

Links of London | リンクス オブ ロンドン

IWC ポートフィノ クロノグラフ

スイス製の高級時計メーカー『IWC』の『ポートフィノ』は、シンプルで知的な大人を演出することができる人気のシリーズとなっています。

『IWC ポートフィノ クロノグラフ』は、黒の文字盤に黒のアリゲーター・ストラップを組み合わせた、高級感あふれるデザインですが、どことなくスポーティーさやカジュアルさが感じられるのがポイントです。

1960年代のデザイン様式を採用している点にも注目しましょう。

ホームページ | スイス製高級腕時計 | IWCシャフハウゼン公式

ブレゲ クラシック 5157

カジュアルさやスポーティさよりも、上品さとクラシカルさを求める人におすすめなのが『ブレゲ クラシック 5157』です。

先端が月の形をした『ブレゲ針』と、『ギヨシェ』とよばれる彫刻技術を用いた文字盤は、洗練された大人の風格を演出してくれるでしょう。革ベルトは黒と茶の2種類があります。

デートなどのプライベートはもちろん、ビジネススーツにも良く合います。

Breguet | スイスの高級腕時計

普段使いできるカジュアルな腕時計

ビジネスやデート用の時計の他に、普段使いできる腕時計があると便利です。コストパフォーマンス、デザイン、機能性などに優れたカジュアルな腕時計を紹介します。

タイメックス ウィークエンダー

ファッション性の高いカジュアルな時計の代名詞ともいえるのが『タイメックス』です。

『タイメックス ウィークエンダー』は、ビンテージライクな分かりやすい文字盤と、バリエーション豊かなベルトが人気のシリーズで、セパレートタイプのストラップも採用されています。

TIMEX(タイメックス)公式オンラインストア

ガガミラノ Diving 48mm 5046

『ガガミラノ』は2004年に創業したイタリアのブランドで、個性的で遊び心を感じさせるデザインが多くの人を魅了しています。

『ガガミラノ Diving 48mm 5046』は、水泳選手やマリンスポーツを楽しむ男性に人気のモデルで、300mの防水加工が施されているのがポイントです。

大きなねじ込み式リューズや四方に飛び出したラグ部分、大きめの文字など、個性の強いデザインにも注目しましょう。ビジネスシーンには不向きですが、プライベートでは大活躍してくれそうです。

GaGa MILANO ガガミラノ | イタリア時計

差し色に使える I.T.A. オペラ

カジュアルでハイセンスなシリーズが揃うイタリア発祥のブランド『I.T.A. 』は、人と違うデザインを楽しみたい大人の男性に最適です。

『I.T.A. オペラ』は、ベゼル幅を薄くし、ダイヤルを最大限まで大きく配置しているのが特徴です。

立体的なローマン数字や、多彩な色のバリエーションは、見ているだけでもワクワクしてきます。ファッションの差し色として使ってみてはいかがでしょう。

Welcome|I.T.A. 公式ホームページ

機能性抜群のスマートウォッチ

『スマートウォッチ』は、一般的な腕時計に比べて利用者は少ないですが、スマートフォンと連動できる機能があるので、電話やメールを取り逃がしたくないビジネスマンにおすすめです。

また、健康管理をする機能も付加されていて、年齢を問わずに活用できる点が注目されています。

お財布としても使えるApple watch

『Apple watch series3』には、『電子ウォレット機能』が付加されています。iPhone経由で、クレジットカードやsuicaを登録しておけば、時計をかざすだけで支払いが完了します。

駅の改札では、自動改札にウォッチをかざすだけで楽に通過できるので、荷物が多いときや急いでいるときに便利です。タクシーやコンビニなどの支払いでも利用できます。

Apple watchは、ベルトのデザインを変えることができるので、仕事用、プライベート用と分けて使うのもおすすめです。

Watch – Apple(日本)

SUUNTO9はデザインも優れている

マルチスポーツ対応のGPSウォッチといえば、『SUUNTO9』です。耐久性に優れているので、トレーニングを頻繁に行うアスリートなどにも支持されています。

スマートウォッチの多くはスクエア型のデザインですが、中にはラウンド型のウォッチが好きという人も少なくないでしょう。SUUNTO9は、シンプルでスポーティーなラウンド型で、一見、スマートウォッチに見えないところがおしゃれです。

「GPSはバッテリーを激しく消費する」という欠点がありますが、パフォーマンス、エンデュランス、ウルトラという3種類のバッテリーモードを搭載し、シチュエーションに合った『バッテリー節約』ができるような工夫がされています。

Suuntoのスポーツウォッチ、ダイビング製品、コンパスおよびアクセサリー

目を引くユニークな腕時計

普段あまり見かけないユニークな腕時計を紹介します。腕時計は個性を表現する方法の1つなので、プライベートでは、思い切って人の目を引く珍しいものを選んでみるのもいいでしょう。

反時計回りの腕時計

『アムジート』は、シンガポールで誕生した時計ブランドで、アヴァンギャルドなデザインの機械式時計に特化しています。複雑機能を多数搭載していながらも、リーズナブルな価格なのが魅力といえるでしょう。

『ROUND-1 Back In Time』というシリーズは、文字盤が反対に描かれており、針が反時計回りに進む、類を見ないデザインです。

時計の読み方が分からない腕時計とは?

もう1つ、『アジムート』の個性的な時計を紹介しましょう。『レギュレーター レトログラード ミニッツ』は分を反復表示するモデルです。さらに、時針・分針・秒針が文字盤の上で別々に動くレギュレーター表示を採用しています。

文字盤は白と黒蝶貝の2種類があり、ベルトは高級感のあるクロコダイルです。

アジムートにはその他にもたくさんの個性的な時計があります。日々の生活に、ちょっとした楽しみが生まれますよ。

アジムート 日本公式サイト トップ

紳士を飾る腕時計選びは慎重に

近年は、スマートフォンで時間を確認する人が増えていますが、腕時計はある種、社会的なステータスや個性を表すためのアイテムともいえます。

男性は女性と違って、アクセサリーを身に着ける機会が少ないので、時計が唯一の装飾品となる可能性があります。紳士を飾る腕時計選びは慎重にしたいものですね。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME