コーヒーカップのセットを見つけよう。ギフトから来客用まで

2019.05.30

自宅用や贈り物としても人気が高い『コーヒーカップセット』は、ブランド以外にも、デザイン、素材など種類が豊富にあります。コーヒーカップセットは、用途に合わせて選ぶことがポイントです。コーヒーカップセットの選び方とおすすめ商品を紹介します。

コーヒーカップセットのすすめ

コーヒー好きな人は、コーヒーをマグカップではなくコーヒーカップで飲んでいる人がほとんどです。それは、マグカップで飲むよりも、コーヒーの香りや味わいが楽しめるからでしょう。

コーヒーカップは多くの人が毎日使う食器であり、自宅用としても人気です。また、ペアカップのコーヒーカップは新婚祝いのギフトとして贈っても喜ばれます。

また、『5客セットになったコーヒーカップセット』であれば、自宅に複数人の来客があったときでも安心です。

ここでは、コーヒーカップセットの魅力について紹介します。

贈り物や普段使いにぴったり

コーヒーカップセットは、百貨店などのギフトコーナーでは必ずと言っていいほど取り扱われています。コーヒーカップは、絵柄やデザインにこだわったものが多く、使用しないときはインテリアとしても飾れるのも人気の理由の一つでしょう。

また、来客があった場合には、客人のほか、自分にもコーヒーカップでコーヒーを出します。そのため、コーヒーカップは複数必要です。複数のコーヒーカップがあらかじめセットになったコーヒーカップセットは、自宅用はもちろんのこと、贈り物としても最適なのです。

用途に合わせて選ぼう

コーヒーカップは、大きく分けるとマグカップ、紅茶・コーヒー兼用カップ、コーヒー専用カップの3タイプに分けられます。

職場などのデスクでも使用できるコーヒーカップを探している人は、マグカップを選ぶとよいでしょう。マグカップはコーヒー以外にも、紅茶やスープなどいろいろなドリンクに使用可能です。

また、紅茶・コーヒー兼用カップやコーヒー専用カップは、カップとソーサーがセットになっています。より、優雅なコーヒータイムを過ごしたい人や、相手の好みがわかる場合にはこのカップ&ソーサーのコーヒーカップセットを選びましょう。

カップの形状と種類を知ろう

コーヒーはイタリア、アメリカ、フランスなど国によっても飲み方がさまざまです。そのため、コーヒーカップは、コーヒーの飲み方に合わせていくつかの種類が作られています。

しかし、いずれも紅茶カップに比べると飲み口は少し小さめにすぼまり、縁の厚さがあるのが特徴です。これは、紅茶は熱湯で入れるのに対し、コーヒーは紅茶よりも温度が低いお湯で淹れるため、コーヒーが冷めないように作られているからです。

ここでは、カップの形状と種類につい解説します。

スタンダードなレギュラーカップ

『レギュラーカップ』は、コーヒーカップの形のなかでも最もスタンダードなカップです。日本では、カフェでブレンドコーヒーをオーダーするとほとんどの場合、このレギュラーカップで提供されます。レギュラーカップは、通常カップとソーサーがセットになっています。

レギュラーカップの容量は、120~150mlが一般的です。ドリップコーヒーの分量の目安とされている130mlに合わせて作られています。また、低めの温度で作られたコーヒーを、冷める前に美味しく飲むための容量とも言えるでしょう。

エスプレッソ用のデミタスカップ

イタリアやフランスでは『エスプレッソ』を好まれます。エスプレッソとは、エスプレッソ用に細かい粉状に挽かれた豆を、エスプレッソマシンと呼ばれる機器を使用して20秒から30秒の短い時間で淹れるコーヒーのことです。

エスプレッソには、エスプレッソ用の『デミタスカップ』が使われます。エスプレッソは、シングルもしくはダブルでオーダーすることから、容量は、エスプレッソ2杯分がちょうど入る60~90mlです。

デミタスカップもレギュラーカップ同様、通常カップとソーサーがセットで販売されています。

使い勝手がよく人気のマグカップ

マグカップは、蓋が無く、ハンドルが付いた大きめのカップのことです。英語では『mug』と呼びます。コーヒーカップ用のマグは、200~300mlの容量があり、多めのドリップコーヒーやアメリカンコーヒー、ミルクなどを足すカフェオレなどに使われます。

カップの材質について

コーヒーカップの材質には、いろいろなものが使われていますが、主に使われている材質は下記のとおりです。

  • 陶器
  • 磁器
  • ガラス

最も主流と言われているものが、『陶器』です。次に磁器、ガラスといった順番に商品数が多く展開されています。

また、これらのほかにもチタンやステンレス、アルミなどの金属製で作られているものは、割れる心配が無いためアウトドアにも最適です。

コーヒーカップの材質によっても、コーヒーの味わいが異なるので好みに合わせて選択しましょう。ここでは、主な材質である陶器や磁器、ガラスで作られたコーヒーカップの特徴を紹介します。

陶器や磁器

陶土と呼ばれる粘土を材料にして、低温で焼いた『陶器』は、厚型になるため、コーヒーが冷めにくいのが特徴です。

陶石を粉砕した石粉を主原料とした『磁器』は、透明感と艶感があります。薄型になるため、陶器と比べると保温性がありません。

ボーンチャイナ

『ボーンチャイナ』は磁器の一種です。ボーンチャイナは牛の骨灰の他、カオリン、硅石、長石、蛙目粘土などを用いて作られ、透明感と柔らかな艶感は、透光性に優れ、多くは柔らかな艶が特徴です。

また、一般的な磁器は青白さがありますが、ボーンチャイナの場合は骨灰を多量に含んでいるため、乳白色の温かみのある白さがあります。

耐熱ガラス

耐熱ガラスは、ホットのほかアイスコーヒーにも使えるため、幅広い用途につかえます。透明なガラスなので、カップ内のコーヒーの色合いが楽しめるのが特徴です。

人気のカップセットを紹介

いろいろなブランドが、カップセットを販売しているため、種類も豊富です。お気に入りのブランドから選んだり、デザインから選んだりと好みに合わせて選んでみましょう。

ここでは、人気のカップセットを3商品紹介します。

ノリタケ ティー・コーヒーソーサー

高級食器ブランドであるノリタケの『ティー・コーヒーソーサー』は、ファインポーレセンのカップ&ソーサーが5客セットされています。

ファインポーレセンとは、良質な原料を使用し高熱で焼成した白磁器の材質のことです。ファインポーレセンで作られた白磁器は、硬く、白色度の高い艶やかな輝きと、優れた透光性があります。

上品かつ高級感ある『シグネチャーゴールド』は、ノリタケを代表するデザインで、これを見るだけで、ノリタケのカップとわかる人も多いでしょう。

  • 商品名:ノリタケ ティー・コーヒー カップ&ソーサー(5客)
  • 価格:7020円(税込)
  • 楽天市場:商品ページ

NARUMI ペア マグカップ

NARUMI(ナルミ)の『ペア マグカップ』は、美しい白さのボーンチャイナのマグカップセットです。

誰からも好まれるストロベリーとブラックラズベリーの絵柄が特徴の『ルーシーガーデン』がデザインされたマグカップが2客セットになっています。370ccと、たっぷり入るサイズのマグカップは、アメリカンコーヒーやカフェラテにも使えるので便利です。

  • 商品名:NARUMI(ナルミ)ペア マグカップ ルーシーガーデン
  • 価格:3240円(税込)
  • Amazon:商品ページ

Epare 断熱コーヒーカップセット

Epare(エパーレ)の『断熱コーヒーカップセット』は、保温性に優れたダブルウォールグラスのコーヒーカップセットです。

耐熱ガラスを使用したダブルウォールは、まるでなかに注がれたコーヒーが浮いているかのような独特の見た目が楽しめます。

おしゃれでシンプルなコーヒーカップセットを探している人に最適です。

  • 商品名:Epare 断熱コーヒーカップセット
  • 価格:2494円(税込)
  • 楽天市場:商品ページ

お気に入りのカップセットを見つけよう

コーヒータイムに使用するコーヒーカップは、デザインだけでなく素材や形状などバリエーションが豊富に展開されています。

お気に入りのカップセットを見つけて、コーヒータイムを楽しみましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME