そのままかぶりつくのはNGだった?イギリス流スコーンの食べ方マナー

2019.05.29

最近は喫茶店やパン屋さんなどでもよく見かけるようになったスコーンですが、正しい食べ方マナーがあることは皆様ご存知でしょうか?この記事では、スコーンの基本の食べ方やマナー、スタバでのスコーンの楽しみ方などについてお話していきたいと思います。

スコーンはスコットランドの代表的なお菓子

スコーンは、スコットランドを発祥の地とするお菓子で、小麦粉・大麦粉・オートミール・ベーキングパウダーなどを用いてパンよりも重めに作られているのが特徴です。

スコーンとイギリスの関係

スコットランド、つまりイギリスの代表的なお菓子であるスコーン。単なるお菓子としてだけでなく、空腹を満たすこともできるので、アメリカでは「ビスケット」とも呼ばれています。

1840年頃にイギリスで広まった喫茶習慣で、イギリスの貴族の社交の場としても流行したのが「アフタヌーンティー」という日本でいうところの「お茶会」のような文化。そのアフタヌーンティータイムには、スコーンは必ず用意されているほどの人気のお菓子だったようです。

現代においてもイギリス人の嗜好品となっているのはもちろん、アメリカ・日本も含めてあらゆる国にスコーンの文化は広まっています。

スコーンの食べ方マナー

普段何気なくかぶりついている人も多いと思われるスコーン。現在における日本のアフタヌーンティーでは、特に決まったマナーや食べ方などは定められていません。

ところが、スコーン発祥の地であるイギリスから広まった正しい食べ方マナーもあります。

本場イギリスのアフタヌーンティーでは、マナーはもちろん室内の飾り付け・食器・花・会話の内容などかなり細かくチェックされていて、専門知識・教養を身につけておくべきイベントです。

普段食べるときはここまで厳格なマナーを守る必要はないでしょうが、もしものときのために、スコーンの食べ方やマナーについて押さえておきたいポイントを紹介していきます。

イギリス流、スコーンの食べ方マナー

基本のマナーとして意識しておきたいのが、「音をたてない・大声を出さない・大声で笑わない」などで、「相手に嫌な思いをさせない」というのがポイント。

元々が上流階級の人々のお茶請け菓子ですから、上品に嗜むことが当たり前とされてきました。

スコーンの基本的な食べ方

スコーンをそのままかぶりついて食べるのはNG。まず一度お皿にとって、スコーンを上下に割りましょう。

基本的にはナイフはつかわずに、手でスコーンの真ん中辺りから横に上下半分に割り、断面にトッピングをのせていただく形になります。スコーンが小さいサイズの場合は割らなくても良いようです。

トッピングも、スコーンに直接つけてはいけません。備え付けのスプーンでつけたい分だけ、一度自分のお皿に移す必要があります。ひと手間かかるとはいえ大切な作法です。

そこから、一口で食べられる分だけトッピングをスコーンに乗せていただくのがマナーとなっています。

その他のNGマナー

スコーンをナイフとフォークで細かく切ったり、かぶりついたりするのは日本だとよく見かけるシーンですが、本来はマナー違反とされています。

とにかく「テーブルを汚さないこと」が大事で、スコーンがポロポロとこぼれてしまうようなことをするのは基本NGです。

また、サンドイッチのような要領でスコーンにトッピングをはさむ食べ方もNG。横に半分に切ったなら、片方ずつ食べていくようにしましょう。

スタバでの美味しいスコーンの食べ方

皆さんの最も身近にあるスコーンといえば、スターバックスコーヒーのメニューに載っているものではないでしょうか?スタバは数あるチェーンの中でもスコーンの品揃えが豊富で、チョコレートチャンクスコーン、パイナップルスコーン、抹茶スコーンなどさまざまな種類が発売され人気を博しています。

そんなスタバのスコーンですが、注文時にちょっとしたリクエストをするだけでさらに美味しく味わえることはご存知でしょうか?以下ではそんなスタバのスコーンを存分に楽しむポイントを紹介します。

注文時に温めてもらおう

スタバでスコーンを注文した時、店員さんにお願いすると軽く温めてもらうことができます。スコーンは特有の硬くザクザクした食感をしており、それが一つの魅力でもあるのですが、温めることで柔らかくなり、出来立てのような風味と食感になります。注文時に気軽にお願いしてみるといいでしょう。

注文時にトッピングを追加してみよう

あまり知られていませんが、スタバのスコーンは注文時にトッピングを追加することもできます。30円でホイップクリームを付けてもらえる他、上からソースをトッピングしてもらう事も可能です。ソースは無料で、チョコレートソース・キャラメルソースから選べます。

トッピングを追加するだけで、いつものスコーンが少しグレードアップした味わいを見せてくれます。試したことのない人はぜひリクエストしてみてください。

基本の食べ方でスコーンを楽しもう

イギリス流のスコーンの食べ方はお上品なのもありますが、細かく切ったりかぶりつくよりも食べやすいので覚えておいて損はありません。またスタバでは温めてもらえるほか、様々な種類のスコーンにトッピングも追加できるので、手っ取り早く楽しみたいならオススメです。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME