アロマオイルのヒノキの香りとは?生活を豊かにするアロマの活用方法

2019.05.27

日本人に馴染み深いヒノキは「和」のアロマテラピーとして人気です。穏やかで基本がある香りを吸い込めば、安らぎを与えてくれます。では、ヒノキのアロマオイルを最大限活用するには、どうすれば良いのでしょうか?

ヒノキの効果とおすすめの使い方

ヒノキのアロマオイルの効果と使い方を紹介します。香りを楽しむ以外にも、色々な目的で使ってみましょう。

芳香浴やお風呂でリラックス

ヒノキの香りにはリラックス効果があるとされてます。頭痛の緩和やイライラの解消など、精神を落ち着けたい時におすすめです。芳香浴に使えば、部屋が一気に安らぎの空間に変わります。

お風呂に少量のキャリアオイルと一緒に2〜5滴ほど混ぜれば、まるで温泉で檜風呂に入っているかのような気分を味わえるので、1日の疲れを癒したい時に最適です。

アロマスプレーで空気がキレイ

ヒノキは抗菌や防虫効果が高いアロマオイルです。無水エタノール(10ml)と精製水(40ml)に5~10滴ほど入れれば、掃除やデオドランドに使えるアロマスプレーになります。

ガラスの掃除や布の消臭に使用でき、空気の清浄にも役立ちます。安全な天然成分でできているので、小さな子どもがいるご家庭にもおすすめです。

ただし、ヒノキに花粉症やアレルギーがある人は、使用しないでください。花粉症やアレルギーが無い人も、症状が出たらすぐに使用を中止しましょう。

ヒノキと相性が良い精油と目的別ブレンド

ヒノキは香りにクセが少なく、様々なアロマオイルとブレンドできます。

  • 樹木系…ローズウッド・シダーウッド・ティートゥリー
  • 柑橘系…ベルガモット・オレンジ・ユズ
  • フローラル…ラベンダー・ジャスミン
  • ハーブ系…ローズマリー・マジョラムスイート

同じ樹木系や系統が近いハーブ系と相性が良いので、色々な組み合わせを試してみましょう。まずは、目的別でおすすめな3つのブレンドを紹介します。

  • リラックス効果なら「ヒノキ&ラベンダー」
  • 殺菌効果を高めたいなら「ヒノキ&ティートゥリー」
  • 和のアロマオイルを作りたいなら「ヒノキ&ユズ」

また、ヒノキは抽出する部分によって香りが違います。幹は奥深く落ち着いていて、葉はフレッシュな香りです。枝は幹と葉の中間のような香りなので、選ぶ時は参考にしてください。

おすすめのアロマオイルブランド3選

ヒノキのアロマオイルを購入できるブランドとアイテムを厳選しました。それぞれの特徴や魅力をわかりやすく紹介します。

アロマキュア

アロマキュアはイギリスにある有名ブランドの代理店です。アロマオイルはもちろん、アロマストーンやディヒューザーといったアイテムが揃います。

ヒノキのアロマオイルには葉と枝を使っており、まるで森の中にいるかのような香りを楽しむことが可能です。ユズやスギなど、ヒノキと相性の良い和のアロマオイルも取り扱っています。

  • 商品名:ヒノキ 木 国産アロマオイル
  • 内容量:5ml
  • 価格:972円
  • 公式サイト

無印良品

未使用材から抽出した無印良品のヒノキは、落ち着いた大人の香りです。中栓にドロッパーを使っており、1滴ずつ調整しながら使えます。

容量は10mlと30mlを用意しています。少量から試したり、たっぷりと使ったり、目的にあった方を選べるのが魅力です。

  • 商品名:エッセンシャルオイル・ひのき
  • 内容量:10ml 30ml
  • 価格:1,590円 3,990円
  • 公式サイト

インセント

幹から抽出したアロマオイルを使用したアロマスプレーです。抗菌や消臭の効果が高く、気になる部分にサッと使えます。

マイナスイオンによって、長期間の保存が可能になりました。手作りのアロマスプレーよりも、香りの持続時間が長いのが特徴です。

  • 商品名:アロマスプレー (アロマシャワー) 吉野ひのき 150ml
  • 内容量:150ml
  • 価格:900円
  • 公式サイト

ヒノキの香りで生活を豊かにしよう

ヒノキのアロマオイルはほとんどが国産です。華やかな外国産のアロマオイルも魅力的ですが、ヒノキには特有の「心地よさ」があります。

お風呂に入れたり、掃除に使ったり、ヒノキのアロマオイルは日常生活を豊かにします。上品で奥深い香りにを活用して、疲れやストレスをリフレッシュしましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME