胸元にフォーマルな華やかさを。シルバーカラーネクタイの魅力

2019.05.25

スーツスタイルの胸元を飾るネクタイ。色や柄は場面によっての使い分けが重要とされています。では式典などに出席する際は、どのネクタイを締めていくか想像できるでしょうか?無難なブラックカラーも良いですが、おめでたい席でならぜひとも華やかなチョイスをしたいところです。本稿ではそんな時に重宝するシルバーカラーのネクタイについて解説していきます。

シルバーカラーのネクタイの魅力

光沢感のあるシルバーカラーのネクタイ。あまり派手すぎずドレッシーでもあるこのカラーを普段使いにしている方は、スーツスタイルに慣れた上級者と言えるでしょう。しかしシルバーネクタイは普段使い以外にも重宝する場面があり、それらを把握しておけば、いざという時にネクタイ選びに困ることが無くなります。ここからはそんなシルバーカラーのネクタイがもつ魅力について紹介していきます。

式典などで大活躍

シルバーカラーのネクタイが最も活躍する場面は式典などの’’おめでたい席’’です。マナー・慣習上、スーツのデザインなどが制限される中でシルバーカラーはマナーを逸脱せずに落ち着きながらもきらびやかな印象を与えることができます。ネクタイを選ぶ段階で迷ってしまってもシルバーをチョイスすれば失敗することがないため、ぜひとも1本常備しておきたいカラーです。

シルバーカラーネクタイの選択肢

活躍の幅が非常に広いシルバーカラーのネクタイを1本常備しておくにも、同じカラーで様々な種類の柄が販売されているため、どの柄を購入すれば良いか迷ってしまう方もいるはず。そこでここからはシルバーカラーにおけるネクタイの柄をピックアップして、それぞれの特徴を解説していきます。

フォーマルならシンプルな無地

無地はネクタイにおいてのスタンダードなデザインです。しかしシルバーカラーにおいては控えめな主張と華やかさが相まって、フォーマルな雰囲気が他のカラーに比べて頭一つ出ています。どのような形の式典でも無地のシルバーカラーならば、外れることはないでしょう。まさに万能デザインです。

少し洒落っ気を出すならストライプやドット

前述した無地に比べて、少しだけ華やかさをプラスしたい場合はストライプやドット柄がおすすめです。どちらの柄もネクタイの中ではフォーマルな印象を与える効果があり、シルバーカラーのネクタイの雰囲気を、より一層引き立ててくれます。無地の次に手を出すとしたらこの2つのどちらかでしょう。

遊びのある大人おしゃれならペイズリー

ネクタイの柄の中でも上級者向けと目されるペイズリー柄。レッドやネイビーカラーのものが一般的ですが、シルバーカラーのペイズリーも外せないアイテムです。他のカラーに比べてペイズリーの主張が控えめなものが多く、式典に締めていっても全く問題がない、華やかさ最上級のフォーマルネクタイです。

シルバーネクタイを使ったコーデ術

ここまではシルバーカラーのネクタイの基本について解説してきました。シルバーカラーの使い方や、それぞれの柄がもつ特徴を把握できたかと思います。そこでここからは応用編として、シルバーカラーのネクタイを使ったコーディネート術を紹介していきます。基本的に難しいものはないため、気に入ったものは普段のコーディネートに取り入れてみてください。

無地×無地

シルバーカラーのネクタイを使ったコーディネートで、最も無難なものが無地と無地の組み合わせです。光沢感のあるネクタイは寒色系から蛍光色まで様々なカラーとマッチします。無地のシルバーカラーのネクタイを手に入れたら、まずは無地のスーツを合わせてみましょう。

柄×柄

柄もの同士の組み合わせは、スーツスタイルとしては上級者向けです。しかしシルバーカラーのネクタイは、控えめな光沢感によって主張が抑えられているため、ストライプ柄からチェック柄まで様々なスーツと合わせたコーディネートができます。一度思い切って合わせていると、思わぬ発見があるかもしれません。

1本常備しておくと安心

式典などの出席が多いビジネスマンにとって、シルバーカラーのネクタイは心強い味方です。1本だけでも常備しておくと様々な場面で重宝できるでしょう。普段使いとして取り入れたい方も、今回ご紹介したコーディネートを参考にしてみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME