正しい万年筆の持ち方。綺麗な文字を書くためのコツを紹介します

2018.07.31

万年筆はかっこいいけど、実際に使うとうまく書けないと感じたことはありませんか?万年筆でキレイな文字を書くには万年筆の構造を知り、書き方のコツを理解する必要があります。正しい万年筆の持ち方や、キレイな文字を書くためのポイントを紹介します。

大人の男なら1本持っていたい万年筆

普段の筆記具にはどんなものを使っていますか?安価で書き心地のいい筆記具が続々と登場していますが、大人の男性なら高級感のある万年筆はいかがでしょうか。

ステキな万年筆を持つ男性は、持ち物や身の回り品にこだわりを持つ『おしゃれな人』というイメージを与えます。お気に入りの万年筆を見つけたら、大切に使い続けましょう。

インク充填方式は3つ

万年筆のインク充填方式は3つあります。万年筆以外の筆記具に親しんできた人にとって、インク交換は面倒に感じるかもしれませんが、慣れれば簡単な作業です。

  • カートリッジ式:インクの入ったカートリッジを差し替える。前準備もなく簡単にインク充填できる
  • 吸入式:万年筆の胴部分にピストンが入っており、ペン先をボトルインクに浸してインクを吸入させる。一度に多量のインクを充填できる
  • コンバーター式:ボトルインクとカートリッジが使用可能な両用タイプ。コンバーターを装着すればボトルインクから直接インク充填ができ、コンバーターを外してカートリッジをはめればカートリッジも使用できる

ポールペンとの違い

万年筆はボールペンと同様にインクを使用していますが、両者の違いはなんでしょうか?2つの筆記具を簡単に比べてみましょう。

  • ボールペン:ペン先に鋼球を配置し、鋼球の回転によって内部のインクを滲み出させている。
  • 万年筆:ペンの胴部分にインクを蓄え、毛細管現象(液体の中に細い管を立てると、細い管内の液面が外側の液面よりも上がる現象)を利用することでペン先にインクを送り出している。

ボールペンの方が安価で書き味は安定していますが、『消耗品』というイメージが強いです。

これに対し万年筆は、使い慣れていないと書き味は不安定ですが、味のある文字になります。頻繁に買い替えるものではなく、大切に長く使う筆記具です。

万年筆の持ち方ポイント3つ

万年筆は正しい持ち方でないと、キレイに文字を書くことはできません。万年筆の持ち方のポイントは3つあります。正しい持ち方をチェックして、万年筆を使いこなしましょう。

ペン先は上にし、ひねりに気をつける

万年筆を使う際は、ハート穴(真ん中に空いている穴)の見える部分を上に向けて書きます。逆向きに持ってしまうとインクが出ない構造になっています。

ひねりには気をつけてください。ペン先をひねってしまうとペン先が紙に引っかかったり、線や文字がかすれたりしてしまいます。必ず、ハート穴の位置が真上に来るようにして書きましょう。

指先の力を抜く

インクを出すためにある程度の筆圧が必要なボールペンとは異なり、万年筆は筆圧をかけずともスムーズに線を引くことができます。

むしろ筆圧が高いとペン先を割ってしまうこともあるので、余計な力が入らないよう指先の力を抜いてください。万年筆本体の重みだけを使い、紙の上を滑らせるようにするとキレイな線が書けます。

角度の目安は45度から60度程度

万年筆でキレイな線を描くには、ペン先と紙の角度も重要なポイントです。ボールペンなどの筆記具に慣れているとペンを立てて書きがちですが、万年筆はやや寝かせ気味に持つのが正解です。

慣れるまでは不自然に感じるかもしれませんが、紙と万年筆の角度が45度から60度程度になるようにしてください。

万年筆は左利きの人には不向き?

左利きの人が万年筆を使うとペン先を割ってしまったり、紙を破いてしまったりすることがあります。左利きの人には万年筆は不向きといわれますが、本当のところはどうなのでしょうか?

上手く書けない原因

右利きの人が文字を書く場合、線は『引く』動作で描いています。そのため万年筆を使う際は、ペン先を滑らせるような感覚で書けるのです。

これに対して左利きの人は、『押す』動作で線を描き、文字を書いています。そのため、万年筆を使う際も紙を押し上げるような動きになり、ペン先が引っかかって、スムーズなペン運びが難しくなってしまいます。

また左利きの人は書いた文字を汚しやすいともいわれています。左利きの人が左から右へ文字を書いた場合、インクが乾かないうちに文字をこすってしまい、紙面を汚しやすくなります。

左利きならではの書き方から、万年筆に苦手意識を持つ左利きの人が多いようです。

持ち方、書き方を変える

左利きの人は万年筆をうまく扱うことはできないのかというと、そんなことはありません。持ち方や書き方を変えると、左利きの人でも万年筆を使いこなせます。

まず書いている手が、前の文字のインクをこすらない位置にくるようにしてください。

さらに左利きの人は独特の持ち方から筆圧が高い人が多いですが、ペン先を傷めたり紙を破る原因となったりするので、軽いタッチの書き方を心がけましょう。

左利き用の万年筆を使う

持ち方や書き方を変えれば万年筆も扱いやすくなりますが、一番のおすすめは左利き用の万年筆を使うことです。

左利き用の万年筆は、左利き特有のペンさばきでも紙が引っかかりにくいようペン先を丸くしたり、グリップ部分にくぼみを作って持ちやすくしたりといった工夫がされています。

右利き用ほどのバリエーションはありませんが、長く使うなら使いやすいさを重視して、左利き用を使うことをおすすめします。

持ち方の癖を矯正したいなら

万年筆で文字を書く際、持ち方の癖が原因で上手く書けない人がいるかもしれません。

万年筆にふさわしい持ち方をするために、持ち方のクセを矯正していきましょう。矯正のポイントを紹介します。

軽く握る練習を繰り返す

万年筆に高い筆圧は不要です。そのため持ち方に自信がない人は、万年筆を軽く握る練習を繰り返してください。イメージとしては、万年筆を持つのではなく『つまむ』という感覚です。

ペン先から3cm程度上の部分が、指を置くにはベストです。つまむように持ち上げたら、力を入れずにペン先を動かす練習をしましょう。

持ち手部分が三角形のものを使う

持ち方の練習をしても、なかなか癖がなおらないという人は『持ち方矯正機能』が付いた万年筆を検討してみてはいかがでしょうか。

持ち方矯正機能付きの万年筆は、指があたる部分が三角形になっていて、自然に適切な角度で持てるようになっています。

独特の形状なのではじめは持ちにくく感じますが、慣れてくると、自然と正しい持ち方になっていることがわかるでしょう。

初心者におすすめしたい万年筆4選

万年筆をこれから初めて購入するという万年筆初心者は、どんな万年筆を選べばいいのか迷うかもしれません。

ここでは初心者が快適に使うことができる、おすすめの万年筆を4つ紹介します。デザインや機能を見比べて、好みの万年筆を見つけてください。

オート プラウド

大正時代創業の老舗の文具メーカー『オート』のおすすめ万年筆が、『プラウド』です。書き味は高級万年筆に劣らない程なめらかで快適なので、初心者にぴったりです。

カートリッジが2つセットされているのも嬉しいポイントです。コストパフォーマンスとデザイン・機能のバランスがいいこちらの万年筆は、日常生活でも大活躍するでしょう。

  • 商品名:オート プラウド
  • 価格:1620円(税込)
  • Amazon:商品ページ

セーラー万年筆 ヤングプロフィット

万年筆といえば『セーラー』という人も多いのではないでしょうか。『ヤングプロフィット』は、若い人でも気軽に万年筆を楽しめるようにと開発された万年筆です。

カートリッジも使えるコンバーター両用式なので、インク充填も簡単にできます。また、書き味も滑らかで、メリハリのきいた文字が書けます。

初めての万年筆はおしゃれなものを、と考えている人におすすめの万年筆です。

  • 商品名:セーラー ヤングプロフィット
  • 価格:4428円(税込)
  • Amazon:商品ページ

パイロット カスタム74

国内メーカーの万年筆で、セーラーと並ぶ人気と知名度を持つのが『パイロット』です。特に『カスタム74』は、多くのバリエーションを取り揃えるパイロットの中でも、スタンダードな万年筆です。

ペン先は11種類もあるので、自分好みのペン先を選んでカスタマイズできるのも嬉しいポイントです。

  • 商品名:パイロット カスタム74 ブラック
  • 価格:7200円(税込)
  • Amazon:商品ページ

プラチナ万年筆 #3776センチュリー

『プラチナ万年筆』は世界で初めてインクカートリッジ式万年筆を開発した会社です。主力の万年筆のほか、ボールペンなどでも人気があります。

こちらの『#3776センチュリー』は、コンバーターもカートリッジも使える両用タイプの万年筆です。カートリッジは付属しますが、コンバーターは別売りです。

カラーバリエーションが豊富で、世界遺産のシャルトル大聖堂をイメージした『シャルトルブルー』など、高級感のあるデザインばかりです。

滑らかで安定した書き心地なので、初心者の1本目にはぴったりでしょう。また、独自の『スリップシール機構』がついているので、インクの揮発が少なく、頻繁にインクを充填する必要もありません。

デザインと機能性のバランスに優れた、初心者でも使いやすい万年筆です。

  • 商品名:プラチナ万年筆 #3776センチュリー シャルトルブルー
  • 価格:6698円(税込)
  • Amazon:商品ページ

正しい持ち方で美しい文字が書ける大人に

気軽に使えるボールペンもいいですが、おしゃれな万年筆を使って、大人ならではのこだわりを演出してみてはいかがでしょうか。

万年筆は通常の文具とは書き方のコツが違うので、まずは正しい持ち方をマスターし、美しい文字が書けるよう練習してみましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME