男性に知ってほしいヨガの本当の効果。心と身体に表れる変化とは

2018.07.31

古来インドにおいて、ヨガは男性のみが行う身体技法でした。日本では女性のヨガ率が圧倒的に高いですが、近年は『ヨガ男子』やヨガレッスンを取り入れる企業が急速に増えています。男性に知って欲しいヨガの魅力や心身の変化について解説します。

男性も知ってほしいヨガの魅力

ダイエットや美容のために、ヨガ教室に通う女性は多いですが、最近は、男性からの注目も高まってきています。そこでまずは、ヨガの歴史や魅力について解説します。

古くから伝わるヨガ

ヨガが誕生した歴史は定かではありませんが、約4,000年以上前のインド(インダス文明)では、すでにヨガの原型である修行法が確認されています。

ヨガの語源は、サンスクリット語の『ユジュ』で、『繋ぐ、結びつける』という意味があります。つまりヨガは『体、心、魂を宇宙に結びつけること』を意味しています。

ヨガの根本となっているのが『呼吸法』と『ポーズ』です。経典である『ヨーガ・スートラ』には、ヨガは『心の動きを抑制すること』と定義され、心を整え、本当の自分(宇宙)に繋がり、悟りに到達することが書かれています。

古来インドにおいてヨガは、肉体と精神の鍛錬のために男性が行う修業の1つとされてきました。現在では、心身のバランスを保ち、健やかな状態へと導くためのツールとして多くの人に支持されています。

男性からの注目も高まっている

近年、日本や海外では『ヨガ 男』や『yoga for man』のネット検索数が急激に増加しています。これまでは、美容や健康に気をつかう女性がヨガの中心でしたが、2010年頃から、男性のヨガ率は右肩上がりとなっています。

ストレスフルな社会において、心身のバランスと、体のしなやかさをもたらすヨガは、男性にも必要であることが分かります。

更に、様々な男性トップアスリートや著名人が『ヨガ愛好者』であることを公表し、男性がヨガを始めるきっかけに作りに一役買っています。

また、ビジネスに必要な直観力や冷静さ、判断力をサポートするために、企業内にヨガのクラスを設ける『企業ヨガ』も少しずつ浸透してきています。

このように、男性がヨガをする環境は、どんどん整ってきているといえるでしょう。

ヨガで得られる身体的効果

ヨガは、即効性を求めるのではなく、長く続けて習慣にしていくことが大切です。ヨガを続けることで期待できる身体的な効果にはどのようなものがあるのでしょうか。

柔軟性を高める

ヨガのポーズは、普段なかなか使わないような体の部位や筋肉を動かします。最初はきつく感じるかもしれません。しかし、続けていくことで凝り固まった部分がほぐれ、体の柔軟性が高まります。

体をほぐし柔軟性を高めるといえば、運動前の『ストレッチ』が挙げられます。ストレッチが一方向の動きが多いのに対し、ヨガは『多方向』から力を加えるのが特徴です。

さらに呼吸法と合わせることで、徐々にインナーマッスルが鍛えられます。すると、単に体が柔らかくなるだけでなく、強さとしなやかさが備わってきます。

ダイエット効果

ヨガでは『腹式呼吸』という呼吸法を使います。お腹の周りの筋肉が動くので、インナーマッスルが鍛えられ、腹部が引き締まってくるのが実感できるでしょう。

また、ヨガは十分な酸素を取り込みながら体を動かす『有酸素運動』です。血中に蓄積した脂肪が燃焼されるので、ダイエット効果はもちろん、動脈硬化や高血圧などの予防にも期待できます。

ハーバード大学で研究を行ったところ、ヨガを行ったグループは、ランニングやサイクリングなどの有酸素運動をしたグループと同様に、BMI、血圧、脂質値に改善が見られました。

水泳やマラソンなどでは、心拍数が一気に上がり、辛いと感じることがあります。ヨガは呼吸を整えながら、ゆったりとしたペースで行うので長く継続でき、結果的にスリムで引き締まった健康ボディをつくることに繋がります。

肝臓など、内臓の働きを整える

ヨガには、肝臓や腎臓など、内臓の働きを整えるポーズが多くあります。体をまんべんなく動かすことで、血流が改善され、体の老廃物がスムーズに流れ出すといったメリットがあります。

むくみや冷え、貧血、血行不良、気分の浮き沈みなどは、内臓の働きが鈍っていることで引き起こされることがあるので、ヨガで体の細胞を活発化させ、体のめぐりをよくしましょう。

その他、ヨガを続けていると、体の中心の『体幹』が鍛えられ、姿勢が矯正されます。これにより、悪い姿勢で圧迫されていた内臓が正常に動き出し、食欲の増加、消化不良の改善、便秘の解消、疲労の軽減など、嬉しい効果までも期待できるのです。

ヨガで得られる精神的効果

さらに、ヨガで得られるのは『身体的効果』だけではありません。悟りに達するための手段とされていたヨガは、より多くの『精神的な効果』が期待できます。身体的効果に比べ、実感が得られやすく、日常生活のあらゆるところで役立ちます。

ストレスを軽減し、心を安定させる

ストレスを抱えたり、緊張感が高まったりすると、心拍数は早く、呼吸は荒くなります。一方で、深い呼吸を続けると、次第に安心感で満たされていき、心が落ち着いてくるのが分かるでしょう。

ヨガには『プラナーヤマ』という呼吸法があります。これは、生命力を高め、自分の感情や思考などをコントロールするテクニックの1つです。これをマスターすることによって、気持ちが外部要因で乱されることが少なくなります。

ヨガは、体や心に悪影響を及ぼすストレスホルモン『コルチゾール』の分泌を減らし、幸福ホルモンといわれる『セロトニン』の分泌を促すことが分かっています。

集中力、記憶力がアップする

ヨガや瞑想を続けると、『背外側前頭前野』が活性化します。この部分は、高度な情報処理能力や、情報を一時的に保ちながら作業する機能を担い、記憶つかさどる『海馬』とも密接な関係があります。

つまりヨガは、学習能力や記憶力、集中力、判断力などの脳の機能を向上させるのです。普段から決断力を必要とする仕事に就いている人にとって、ヨガは最適だといえるでしょう。

また、習慣的な思考のパターンや、感情的な行動・反応を自分でコントロールできるようになり、より理想的な現実や人間関係が構築できるようになります。

うつ病を予防する

うつ病は、自律神経系全般をコントロールする『セロトニン』が減少し、感情が安定しなくなることが原因の1つです。ヨガは、脳内物質のセロトニンを増やす働きがあり、うつ病の予防に繋がります。

また、寝る前にヨガを行うことで、自律神経のコントロールが上手くいき、不眠症の改善にも繋がります。

ヨガは毎日行わないと効果がないのか

ヨガは『継続』が最も大切ですが、「毎日続けなければいけない…」と義務的になってしまうのは避けたいものです。自分のペースでコツコツと続けることを目指しましょう。

週1回でも効果を実感できる

では、どのくらいの頻度が理想なのでしょうか。精神統一や体のコンディションを保つために毎日行う人もいますし、アスリートやモデルは、ストイックに週に3回以上のペースで通う人もいます。

しかし、時間がない人は、週に1回でも構いません。特にヨガ初心者は、無理はせずに週1回~2回からはじめ、慣れてきたら徐々に回数を増やしていきましょう。劇的な変化は少ないものの、体が慣れるにつれて変化があらわれやすくなります。

ヨガの前に軽いストレッチ

ヨガの前は、軽いストレッチをして体をほぐしておきましょう。

特に、寒い日ですと体が温まるまでに時間がかかり、いきなりポーズをとろうとすると、バランスが崩れてしまうことがあります。首、肩、腰、関節はしっかりと伸ばしておきましょう。

また、ストレッチをしながら、体のコンディションを確認することで、「今日は肩が痛いから無理しないようにしよう…」といった配慮を加えることができます。

ヨガの後は食事を控える

ヨガの後は、体がポカポカと温まり、内臓の働きが活発になっています。新陳代謝がよく、体に栄養が行き渡りやすい状態なので、急激に食事をすると太ってしまうことが懸念されます。ヨガ後の食事は極力控えるようにして下さい。

また、ヨガは空腹の状態で行うのが理想です。ヨガを行う2~3時間前までに食事を済ませておき、胃に食べ物がパンパンに詰まっていない状態で行いましょう。

継続することが大事

ヨガは激しい運動ではないため、誰もが継続しやすいといえるでしょう。週1回でも、継続すれば次第に変化があらわれてきます。

継続力に自信がない人や初心者は、ヨガ教室に行くことをおすすめします。仲間や先生がいることで、モチベーションを高く保つことができるためです。

職場や自宅から近いヨガ教室を選ぶ、ヨガウェアなどにこだわりを持つといった工夫も取り入れてみて下さい。

効果があるのは朝と夜の時間帯

『朝ヨガ』と『夜ヨガ』にはどんなメリットがあるのでしょうか?ヨガの効果を最大限に引き出す時間帯について解説します。

朝ヨガの効果

朝ヨガをはじめると、体内時計が正常化し、夜のリラックスモードから朝の活動モードへと、スムーズに切り替えることができるようになります。

まずは、太陽の光を浴びながら深呼吸をし、新鮮な空気を体にとりいれましょう。血液中の酸素がどんどん増え、ぼーっとしていた頭がすっきりしてきます。

また、睡眠中に凝り固まった体がほぐれ、老廃物が流れると、体に活力がみなぎるのが分かるでしょう。

ヨガを朝のルーティンに組み込めば、生活にメリハリが出て、1日をより有意義に過ごすことができます。

夜ヨガの効果

夜ヨガは、昼間の活動モード(緊張状態)を夜のリラックスモードに切り替えるサポートをしてくれます。腹式呼吸と瞑想で、副交感神経が優位になると、深いリラクゼーションや眠りが助長されるのです。

寝つきが悪いという人や眠りが浅い人は、夜ヨガを取り入れてみて下さい。その日あったことをヨガでリセットすることで、心地よい眠りにつくことができるでしょう。

満腹時は避けて行う

満腹状態でヨガを行うことは避けましょう。血液が内臓に集まることで、筋肉や脳に十分な血液が行き届かなくなり、気持ちが散漫したり、筋肉の活動を妨げたりする可能性があります。

また、胃がしめつけられ、気分が悪くなることや、消化中の胃腸に負担をかけることも考えられますので、満腹時のヨガや運動は控えるようにして下さい。食べたものの消化には3~4時間かかるので、早めに食事を済ませておきましょう。

効果が出るまでどのくらいかかるのか

リラックスやリフレッシュ効果については、数回で実感できる人もいますが、ダイエットや体のシェイプアップなどは、ある程度の期間が必要です。

大体3カ月くらいから効果を感じ始める

ヨガを行う頻度や時間によって異なりますが、3カ月経った頃から効果を感じる人が多いようです。

『痩せた』『筋肉がついた』という目に見える変化を感じる場合もありますが、『肩こりが減った』『体が動かしやすくなった』という小さな変化から感じ始める人が多数です。

すぐに効果なしの判断はしない

ヨガは、体全体の気や血の流れを整えたり、体質を改善したりという役割が強いものです。シェイプアップや筋力増加などは、あくまでも継続し続けた結果です。

最初から目に見える効果ばかりを期待すると『効果なし』という判断に繋がってしまいます。結果を求めすぎず、ヨガが精神にもたらす恩恵もじっくりと感じるようにしましょう。

ヨガを始める前に読んでほしいブログ記事

男性がはじめてヨガに挑戦するにあたって、ぜひ参考にして欲しいブログを紹介します。ヨガ経験者の目線から、心得や体験談などが綴られています。

メンズヨガの心得

『メンズヨガの心得』では、初めてヨガをする男性に特化して、服装、おすすめのヨガスタジオなどを紹介しています。加えて、女性目線で見た『ヨガをする男性のイメージ』や、他ではなかなか知り得ないヨガの哲学なども学ぶことができます。

ヨガ教室に通おうか躊躇している男性はもちろんですが、ヨガの意味をより深く知りたいというヨガ初・中級者にも読み応えがある内容となっています。

メンズヨガの心得

僕が男性にヨガをオススメしたい理由

ヨガをメインとした複合施設『YOGA SPA』によるサイトで、ヨガ、アーユルヴェーダなどを取り入れた日常生活の過ごし方のアドバイス、イベント情報が満載です。

『僕が男性にヨガをオススメしたい理由』というブログ記事には、筆者がヨガをはじめたきっかけや、5年間のヨガ生活の中で得た体験談が書かれていて、これからヨガをはじめる男性の助けになるでしょう。

YOGA SPA『僕が男性にヨガをオススメしたい理由』

男性も利用できる東京都内のヨガ教室

男性も利用できる都内のヨガ教室を厳選して紹介します。まずは、気軽に体験レッスンを予約してみましょう。

hot yoga studio LAVA

全国に380店舗以上展開するホットヨガスタジオで、男性・女性ともに利用できる『男女共用店舗』があります。澁谷店、荻窪店、銀座本店などでは、男性インストラクターによるレッスンも開講されています。

ヨガルームは、発汗、老廃物の排出を促す温度・湿度に設定されているのが特徴で、ダイエット効果やシェイプアップ効果、肩こりや冷え性の改善を求める人に向いています。

コースは、ハタヨガの基礎的なポーズが学べる『ハタヨガビギナー』、マッサージの要素を取り入れた『リンパヨガシリーズ』、筋肉トレーニングやエクササイズにも効果的な『パワーヨガシリーズ』など、目的に合わせた20種類以上から選べます。

『マンスリーメンバー・フリー』を選択すると、全店舗の利用が可能で、通い放題となる登録方法もあるので、ライフスタイルに合わせて選ぶことができます。

公式サイト

スタジオ ヨギー

メンズヨガを積極的にサポートしているヨガスタジオで、『男性限定のヨガクラス』を設けているのが特徴です。男性の生活スタイルや体の特徴を踏まえた上で、レッスンが行われるので、95%の満足度を獲得しています。

コースは、ヨガ、ピラティス、ビューティ・ペルヴィスの3つが基本で、解剖学やアーユルヴェーダなど専門知識が学べるワークショップも開催しています。ヨガを様々な側面から体験することができるのもスタジオ・ヨギーのよいところでしょう。

池袋や北千住、丸井錦糸町など、都内には12店舗を展開し、どのスタジオも駅の徒歩圏内となっています。プランは通い放題、月6回、月4回の3コースで、様々な割引も用意されています。

公式サイト

男性も今日からヨガを始めよう

男性の中には、体が硬いことを気にする人もいますが、ヨガは体の柔軟性はあまり重要ではありません。「ついていけない…」と他人と比べずに、自分の内側だけを見つめ、呼吸を整えることに重きを置くのがポイントです。

数多くあるヨガスタジオの中には、男性限定のレッスンを組んでいるところもあります。まずは気軽に体験コースに参加してみましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME