バーベキューができる千葉のスポット8選。自然の中で楽しく遊べる

2019.05.21

都心から少し足を伸ばすと、そこは大自然広がる千葉県です。バーベキューは楽しいけれど、持ち物の準備や情報探しが面倒だったりしませんか?初心者からベテランまで気軽に楽しめる千葉県のバーベキュースポットについて紹介します。

会場の選び方

千葉県へのお出かけの魅力は、何といっても交通の利便性です。

マイカーやレンタカーでの移動ならば、首都高・京葉道・アクアラインなど、数多くの高速道路が利用できます。

電車ではJR・メトロ・京成線など路線が豊富ですし、バスも運行本数が多いので便利です。

県内の移動手段としては、懸垂型モノレール営業距離世界最長を誇る『千葉モノレール』もあり、楽しめる交通機関としておすすめです。

「どこのバーベキュー場にしようか決められない」という場合は、ご自宅や待ちあわせ場所からアクセスのよい施設を選んでみてはいかがでしょうか。

会場までのアクセス

荷物や人数が多い場合は、思い切ってレンタカーを借りてみましょう。

6時間や12時間単位など、日帰り旅行にぴったりの『時間貸しレンタカー』がおすすめです。大きな荷物を持って移動する手間も省けますし、人数によっては、公共交通機関を使うよりお得な場合もあります。

マイカーやレンタカー利用の際は、駐車場無料のバーベキュー場をかしこくチョイスしましょう。

施設の設備をチェック

バーベキュー場によっては、燃料が有料だったり、ゴミの持ち帰りを推奨していたりする施設もあります。

バーベキューセットをお持ちでない方は、どこまでレンタルで、どこまで持ち込みが必要なのかを事前に必ずチェックし、交通手段や予算にあった施設を見つけましょう。

最低限『機材・消耗品・食材・飲み物・ゴミ』の五つのチェックポイントを、おさえておけば安心です。

利用時間や予約を確認

釣りや屋外アクティビティなどがあり、早朝から営業しているバーベキュー場もある一方、気候や季節、照明器具の関係で、営業時間を短縮している施設も多く見られます。

バーベキュー人気は夏が高いと思われがちですが、春や秋の行楽シーズンにも非常に混雑します。予約限定の施設もありますので、必ず事前に営業期間や営業時間の確認をおすすめします。

バーベキューをスムーズに進める方法

「カッコいいところを見せたいけれど、実はバーベキューをやったことがない」という男性は、少なくありません。

重い荷物を運んだり、火を起こしたりするだけが男性の仕事ではありません。バーベキューでのカッコよさは、ズバリ『手際のよさ』です。

意中の女性や家族に「カッコよさ」をアピールするのに、バーベキューはもってこいのイベントといえるでしょう。

ここではバーベキューを手際よく、スムーズに楽しむ方法をお伝えします。

機材が必要かを確認する

バーベキューといえば鉄板が必要なのはいうまでもありません。『鉄板以外の機材は持ち込み』という場合に備えるため、最低限『鉄板・網・トング(肉用、野菜用をそれぞれ別に)』がレンタル可能かどうか、事前に確認しましょう。

バーベキュー用の炭も、人数に必要な量を確保しておきましょう。炭の目安は1人あたり1kgです。

それ以外の着火剤、着火用ライターなどの器具、軍手などの防火手袋など、現地で借りられる物と、持ち込みが必要な物を把握しておくと、当日スムーズに作業を開始できます。

参加人数を把握しておく

バーベキューでは「食べ物が足りなくなったらどうしよう」と、多めに食材を用意しがちですが、「食材が余ってしまった」というのも、よく聞かれる問題です。食材の適量を知って、その問題を事前に回避しましょう。

あくまで目安ですが、肉だけのバーベキューの場合、小学生や60歳以上の女性は250g、中学生以上の成人女性は350g、60歳以上の男性は400g、中学生以上の成人男子は500gといわれています。

肉と魚介なら合計でそのグラム数を、ご飯やスイーツなどを含む場合は、そのグラム数より50gほど少なめに用意すれば、「食材が余ってしまった」という問題を防げます。

ちなみに『焼肉のタレ』は、肉6gに対して1gが適量です。6kgの食材(肉・魚・野菜・ご飯)の場合なら、1L程度のタレを用意しておけば適量といえるでしょう。

手ぶらで楽しむ千葉県のバーベキュー場

免許を持っていないし、大きな荷物を抱えて電車やバスに乗るのは大変だし、準備や後片づけのことを考えると憂鬱になるので、「手ぶらで楽しみたい!」というあなたの願いを叶えてくれる、千葉の手ぶらOKのバーベキュー場を紹介します。

デジキューBBQ CAFE イオンモール木更津店

イオンモール内で楽しめる、大型テント完備のバーベキュー場です。

機材、食材をすべて用意してもらえる『手ぶらプラン』や、イオンで購入した食材を持ち込む『食材持ち込みプラン』など、自分たちが希望するバーベキュープランを選択できます。

また、アルコールを含む飲み放題メニューもあり、さらには子ども連れに安心の室内遊具や、ペットの同伴も可能など、至れり尽くせりのバーベキュー場です。

  • 施設名:デジキューBBQ CAFE イオンモール木更津店
  • 住所:千葉県木更津市築地1−4
  • 電話番号:0570-090-014
  • 営業期間:2019年3月24日〜11月24日(期間内無休)
  • 営業時間:10:00〜13:00、14:00~17:00、18:00〜21:00
  • 公式HP

青葉の森公園バーベキューサービス

県庁所在地の千葉市にある『青葉の森公園』には、インターネットで申し込み可能なバーベキューエリアがあります。

機材はもちろん、食材もすべて用意してもらえるほか、消耗品やゴミ回収料金までもが利用料に含まれており、バーベキュー初心者も手軽に利用できます。

公園内には池やお花見広場があり、景観もバッチリです。広大な敷地で、四季折々の風景を楽しむ、手ぶらで開放的なバーベキューはいかがですか?

  • 施設名:青葉の森公園バーベキューサービス
  • 住所:千葉県千葉市中央区青葉町977-1
  • 営業期間:2019年3月16日〜10月27日の土日祝、GW・7月16日〜8月31日は全日営業
  • 営業時間:10:00~13:00、14:00~17:00
  • 休業日:平日
  • 公式HP

九十九里浜シーサイドオートキャンプ場

九十九里海岸で有名なこちらは、30名より予約可能な『食材付きプラン』が1人3000円、2名より予約可能な『食材持ち込みプラン』が1人1500円と、非常に明朗会計なシステムです。

また、テントをはじめ、独特な三角の形をしたバンガロー、2階建て住宅の貸別荘といった宿泊施設もあるため、海を眺めながらゆっくりバーベキューを楽しみたい方には、もってこいの施設といえるでしょう。

  • 施設名:九十九里シーサイドオートキャンプ場
  • 住所:千葉県匝瑳市野手17146-935
  • 電話番号:0479-67-3899
  • 営業時間:10:00~16:00
  • 公式HP

無料で遊べる千葉県のバーベキュー

バーベキューに慣れてくると、レンタルではなく、自分専用の機材がほしくなります。

すでにバーベキューの機材を持っていて「レンタルは必要ない」という人は、施設利用料などをできるだけおさえ、食材にお金を回したいところです。

意外に知られていませんが、千葉には無料で使えるバーベキュー場があります。ベテラン御用達の、とっておきの無料バーベキュー場を紹介します。

里見公園 お花見広場

東京からほど近い市川市にある『里見公園』は、江戸時代から『南総里見八犬伝』の舞台として有名で、今は200本以上の桜や、700株ものバラが咲き誇る美しい公園です。

バーベキュー場は使用料のみならず、駐車場も無料で、市民以外も予約不要で自由に利用できます。じか火は禁止ですが、バーベキューグリルやカセットコンロなどを使用したバーベキューが楽しめます。

ただし、公園内でバーベキューができる場所は限られており、「お花見広場」内でのみ火気の使用が可能です。また、公園内の規定で、16:00までに終わらせるようにしてください。

あくまで公園内ということを意識して、節度をもってバーベキューを楽しみましょう。

  • 施設名:里見公園
  • 住所:千葉県市川市国府台3−9
  • 電話番号:047-372-0062(園内管理公園事務所)
  • 営業時間:10:00~16:00
  • 公式HP

やちまたキャンプ場

八街市の市営キャンプ場のため、使用料無料、駐車料金無料でバーベキューが楽しめます。市内在住者は使用日の60日前から、市外在住者は30日前から予約可能です。

ゴミは持ち帰りですが、使用後の炭は、専用の灰入れで回収してもらえます。ちなみに、こちらも指定場所以外での火気使用は厳禁。

施設選びで意外と見落としがちなトイレですが、こちらはバーベキュー場近くにトイレも完備されているため、非常に利用しやすいおすすめ施設です。

完全貸切型のため、広々した芝生でボール遊びなどをしている家族連れの姿も多く見られます。

  • 施設名:やちまたキャンプ場
  • 住所:千葉県八街市用草458-1
  • 電話番号:043-443-1465(八街市役所スポーツ振興課)
  • 公式HP

緑を感じられる千葉県のバーベキュー場

私たちがバーベキューを好む理由は、肉・楽しい時間・人とのつながりなど、たくさんありますが、その中でもとっておきなのが『開放感』ではないでしょうか? 開放感あふれる屋外で味わう食事は、何者にもかえがたい楽しみです。

中でも森林浴をしながらのバーベキューは、都会ではなかなか体験できない贅沢といえるでしょう。

ここでは千葉ならではの、緑豊かなバーベキュー場を紹介します。

千葉県立幕張海浜公園バーベキューガーデン

海浜幕張駅を降り、アウトレットモールを抜けると、そこには緑豊かな『千葉県立幕張海浜公園』が広がっています。

その中央通りである『にぎわい広場』には、 並木通りに沿って緑色のバーベキューテントが軒を連ねています。その緑色のテントは景観を損ねるところか、大自然に溶け込むハイセンスなデザインです。

バーベキュー場の近くには巨大な花時計があり、駅の近くとは思えないほど、自然を満喫できます。

バーベキューの機材や食材、飲み放題などは予約できるため、仕事帰りに手ぶらで訪れることも可能です。

また、全国でも珍しい『ディナータイムのバーベキュー』を楽しめます。ライトアップされた緑豊かな公園で、日頃の疲れを吹き飛ばしてみてはいかがでしょうか

  • 施設名:千葉県立幕張海浜公園バーベキューガーデン
  • 住所:千葉県千葉市美浜区ひび野2-113 幕張海浜公園 Bブロック「にぎわいの広場」
  • 電話番号:0565-46-5551
  • 営業期間:2019年3月23日〜11月24日
  • 営業時間:曜日により異なる
  • 定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)
  • 公式HP

千石台オートキャンプ場

『千葉の秘境』ともいわれる千石台は、言葉通りの大自然の中、千葉県最大のダムである亀山湖のすぐ近くにあります。バンガローやテントでの宿泊が前提で、じっくり自然と語りあえるバーベキュー場です。

ファミリーや少人数向けの『隠れ家的キャンプ場』で、ゆっくりとじっくりと自然を楽しみながら、食べ物という命に感謝し、日頃の疲れをいやす、そんなバーベキューはいかがでしょうか?

網つきのコンロ、・包丁・まな板セット・炭などはレンタル可能ですが、基本的に食材は持ち込みです。飯ごうもレンタルできるので、飯ごう炊飯も楽しめます。

キャンプ場の脇にある川では湧き水が湧いており、川エビなど、都会では見られない生き物にも出会えます。近くには温泉施設もあるため、『バーベキュー=疲れる』のではなく、癒しをセットにしたバーベキュー経験はいかがでしょうか?

  • 施設名:千石台オートキャンプ場
  • 住所:千葉県君津市黄和田畑2245-16
  • 電話番号:0439-39-2743
  • 定休日:木曜日(祝日の場合は営業)
  • 公式HP

THE FARM

茨城県との県境にある香取市は、香取神社の総本山があることでも知られる、森林の多い場所です。芝生に建てられた20棟のバーベキュー施設は、大自然の中にあって非常にスタイリッシュです。

牛肉・豚肉・海鮮・カレー・キッズセットなど、豊富な種類のバーベキューセットが予約できます。ハードルの高いダッチオーブンもレンタルできるため、開放感の中、野性味あふれる男らしいバーベキューを楽しめます。

ホームページ上で予約を完了でき、当日の支払いにクレジットカードが利用できるのもうれしいポイントです。

さらに駐車場が無料、広大な自然の中にありながら、自動販売機や、管理センターでのアルコール販売など、利用者目線のサービスも充実しています。

  • 施設名:THE FARM
  • 住所:千葉県香取市西田部1309−29
  • 電話番号:0478-79-0666
  • 営業時間:10:00~17:00
  • 公式HP

千葉県のバーベキュー場を楽しもう

都心からアクセス抜群の千葉県には、無料、手ぶらで楽しめる、大自然が満喫できる施設など、非常にバラエティに富んだバーベキュー場がたくさんあります。

どこに行こうか迷ってしまう場合は、飲み放題の有無や駐車場無料、温泉などオプション優先で選んでみるのも楽しいかもしれません。

ぜひ今度の休日に、あなたの大事な人を誘って、千葉県のバーベキュー場にお出かけしてみてはいかがでしょうか?

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME