意外と高い梅酒のアルコール度数。自分に合った飲み方を見つけよう

2019.05.05

日本には、日本酒やビール、カクテルにワインなど様々なお酒が存在します。製造過程がそれぞれ違うため、味も香りも見た目も全く異なり、アルコール度数も全く異なります。そこで今回注目したのはアルコール度数。数あるアルコールの種類の中でピックアップしたのは「梅酒」です。梅酒は他のお酒と比べて意外とアルコール度数が高いということを知っていますか?また、組み合わせる素材の飲み方によってアルコール度数にも変化が。そんな梅酒のアルコール度数について色々と調べてみました。ぜひ、ご覧ください。

意外と高い梅酒のアルコール度数

梅酒は、一般的に6月ごろに収穫させる青梅を、焼酎やブランデーなどの蒸留酒に漬け込んで作るアルコール飲料の一つとされています。蒸留酒として使われるアルコール度数が高めのものばかりであることから、意外にも梅酒のアルコール度数は高めということなのです。

他のお酒とアルコール度数を比較

では、どれほど梅酒のアルコール度数が高めなのでしょう。ここで他のお酒と比較してみたいと思います。例えば、梅酒をストレートで飲んだ場合のアルコール度数は、8~15度です。もちろんこれは市販されている種類によって異なります。これと比較するビールのアルコール度数は5度、日本酒であれば15度くらいが一般的なため、梅酒をストレートで飲んだ場合と日本酒を飲んだ場合とでは、アルコール度数はほとんど変わらないということが分かります。この比較を基に考えると、やはり梅酒はアルコール度数が高いということに納得できます。

梅酒の種類によるアルコール度数の違い

梅酒はアルコール度数が高いということを上記でお話ししましたが、実は種類によってアルコール度数は違ってきます。ここでは、市販の梅酒のアルコール度数、そして、自家製で作る梅酒のアルコール度数についてご紹介します。

市販の梅酒のアルコール度数

まずは、市販の梅酒のアルコール度数についてです。現在では、様々なメーカーが梅酒の販売を行っていますが、有名な梅酒といえば、チョーヤ梅酒株式会社が販売している梅酒を思いつく人も多いのではないでしょうか。本格梅酒を販売しているチョーヤの人気梅酒といえば、無添加で作られている「紀州本格梅酒」。緑色のビンに入っている商品です。この紀州本格梅酒のアルコール度数は「14度」。中々高いアルコール度数です。因みに本格梅酒とは、梅・糖質・酒類のみを原料とした無添加の梅酒を言います。もう一つ人気のある「さらりとした梅酒」のアルコール度数は「10度」。商品名通り、さらりとした滑らかな飲み心地が特徴となっています。

自家製の梅酒のアルコール度数

では、自家製の梅酒のアルコール度数はどのくらいでしょうか。自家製の場合、使用した酒の容量を完成した梅酒の容量で割ると、度数を計算することができます。梅酒に使う酒の種類も人それぞれですが、20~25度くらいで作っている人が多いようです。特に甘く作ってしまうと飲みやすくなり、たくさん飲んでしまいがちになるため、自家製の場合、飲む際の注意が必要のようです。因みに自家製梅酒を作る際の材料は、梅と氷砂糖、酒のみ。最初に梅の実をよく洗い水気をよく拭き取ります。次に、竹串を使用し梅のヘタを丁寧に取り除いておきましょう。準備が整ったら、瓶に梅と氷砂糖を交互に入れていきます。最後に酒を注いで蓋をし、冷蔵庫などの冷暗所で保存。氷砂糖がすべて溶け、お酒が琥珀色に変われば飲み頃です。大体飲み頃になるまでに3ヶ月ほどかかります。また、梅の実は、1年後を目安に取り出しましょう。

梅酒の飲み方によるアルコール度数の違い

梅酒を飲む際は、ストレートで飲んだり、色々な素材を組み合わせ楽しんでいるという人も多いと思います。もちろん組み合わせによって梅酒のアルコール度数も変わります。ここでは、梅酒を飲む際に、皆さんが行っているであろう梅酒の代表的な飲み方のアルコール度数について紹介していきます。

ストレートやロックの度数

まずは、ストレートやロックで梅酒を飲んだ時のアルコール度数です。ストレートやロックで飲む場合、組み合わせる素材は「氷」のみですので、度数も変わらりません。ということで、ストレートやロックで梅酒を飲んだ場合、アルコール度数は「8~15度」。市販の梅酒を飲んだ場合は、瓶やパックに書かれている度数となります。ストレートやロックで飲む飲み方が、一番梅酒の味を感じることができる飲み方であるということは言うまでもありません。そのまま飲んでも美味しいというのが、梅酒の魅力でもあります。

ソーダ割や水割の度数

では、ソーダ割りや水割りで梅酒を飲んだ場合はどうでしょうか。ソーダ割りにすると、爽やかな飲み心地でジュースのように飲みやすくなるため、梅酒が苦手な人でも飲みやすくなるといったメリットがあります。梅酒をソーダ割りで美味しくいただくには、1:1の割合がベストな割合。ソーダ割りや水割りをすることで、梅酒の度数を4度くらいまで下げることができるようです。お酒に強くないという人でも、これなら美味しく梅酒をいただくことができます。かといって、飲みすぎには注意です。

アレンジして自分好みの梅酒を作ろう

代表的な梅酒の飲み方を学んだあとは、自分好みのアレンジで梅酒を楽しんでみましょう。アレンジを加えることで、梅酒の魅力をもっと知ることができるはずです。新しい梅酒の飲み方として覚えておいても損はありません。

意外な梅酒を飲みやすくする割材

では、ここから梅酒が苦手な方でも、お酒に弱い方でも飲みやすくなる梅酒のアレンジ割材について紹介します。割材は梅酒を割って飲む材料のこと。簡単に手に入れることができるものですので、ぜひ試してみてください。

梅酒の牛乳割り

それでは紹介していきます。まず最初は、梅酒の牛乳割り。実は、梅酒は乳製品と相性抜群の飲み物で、牛乳で割って飲むと、まるでヨーグルトのような味わいになるのだそう。口当たりが柔らかく、まろやかさもあるため、お酒が苦手な方でも飲みやすいそうです。作り方はとっても簡単。梅酒30ccに対し、牛乳は150ccを用意します。グラスに氷を入れて梅酒を注ぎ、牛乳を注いだらマドラーで混ぜるだけ。ちょっと変わった梅酒を楽しみたい時にもおすすめです。

梅酒のお茶割り

次は、梅酒のお茶割りです。一見「合うのかなぁ」と思う組み合わせではありますが、意外とマッチすると大好評の飲み方です。組み合わせるお茶は、紅茶でも緑茶でも構いません。作り方も、グラスに氷を入れ梅酒とお茶を注ぐだけ。ホットでもアイスでも楽しむことができるため、季節を問わずに飲める飲み方でもあります。

お酒に強い方向けの梅酒の飲み方

では、ここでお酒に強い人におすすめする梅酒の飲み方について紹介します。

梅酒に焼酎を入れる

おすすめの組み合わせは、梅酒と焼酎です。焼酎自体アルコール度数が高いものではありますが、梅酒と組み合わせることで、より梅酒と焼酎の味わいが深くなり、梅酒の爽やかな香りを引き立たせてくれます。作る場合は、1:1が鉄則。アルコール度数はかなり高めとなりますので、あまり量を飲まないようにしましょう。

度数を調節して梅酒を楽しもう

甘くて飲みやすい梅酒。飲みやすさでついついお酒が進んでしまいますが他のお酒と比べてもアルコール度数は低くありません。自分好みの度数に調整して梅酒を楽しみましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME