ウイスキーグラスをプレゼントするなら?選び方やおすすめを紹介

2019.05.18

今回はウイスキーのおすすめグラスについての紹介です。どんなウイスキーグラスをプレゼントすれば相手に喜んでもらえるのか、どんなグラスが人気なのかをご紹介します。ぜひ、プレゼントでお悩みの方は、チェックしてみてください。

プレゼント用のウイスキーグラスの選び方

まずどのようなウイスキーグラスを選ぶんだら良いのでしょうか。ウイスキーグラスの選び方をご紹介します。

相手の好みの飲み方が分からないとき

ウイスキー本来の味わいを楽しむために最適なグラスは「テイスティンググラス」と言われています。テイスティンググラスとは、ワイングラスの様に脚がついた小さいサイズのグラスで、ウイスキーに温度が伝わらないような形状になっています。好みが分からない場合には、ウイスキー本来の味を楽しんでもらうためのグラスがおすすめです。

相手の好きな飲み方がわかるとき

相手の好きな飲み方に合わせてグラスを選ぶと良いでしょう。ストレート好きであれば先ほど紹介したテイスティンググラスを、ロック好きであれば少し厚みのあるグラスを、ハイボール好きであれば最後まで冷えたまま飲めるタンブラーがおすすめ。

グラスの素材やデザインにも注目して選ぼう

グラスの素材やデザインは、ウイスキーの色合いや香りを楽しむ上では欠かせないポイントの一つです。様々にカットされたデザインであれば、光の反射によってウイスキーが輝いているように見えたり、素材によってはウイスキーの香りも一味違ったものとなるでしょう。どのようなグラスを贈る場合も、素材やデザインにも注目して選ぶとより素敵な贈り物になることでしょう。

プレゼントにおすすめのウイスキーグラス

つづいて、プレゼントにおすすめのウイスキーグラスをご紹介していきます。誰もが知る有名ブランドから、繊細な作りに定評のある日本ブランド、耐久性に優れたものまで、厳選して集めてみました。

世界中で愛されている有名ブランド「バカラ」

バカラは世界中で愛されているフランスで生まれたクリスタルのラグジュアリーブランドです。卓越した技術と伝統から生み出される、その優美でしなやかなデザインは見る人を魅了します。少々お値段は高いですが、最高のプレゼントになること間違いなしの逸品です。

日本ならではの繊細なデザイン性が光る「田島硝子」

田島硝子は、江戸硝子の技術を継承しながら新たな製法を生み出している日本ブランドです。中でも「富士山グラス」は、テレビや雑誌でも取り上げられるほど人気の高い商品になっています。日本ならではの繊細な作りは、まさに芸術品。ウイスキーとの相性もピッタリです。

卓越した耐久性と美しさをもつ「ショットツヴィーゼル」

ドイツのクリスタルグラスブランドであるツヴィーゼルは、ワイングラスを中心に展開していますが、その技術をウイスキーグラスにも応用し、優れた耐久性と美しさを実現したのが「ショットツヴィーゼル」。非常に割れにくいことに加え、ウイスキーを注いだ時に生まれる美しい輝きは必見です。

日本の匠が生み出す透明度の高い「カガミクリスタル」

カガミクリスタルは、日本の茨城県龍ケ崎市に工場を構えるクリスタルガラスブランドです。宮内庁御用品として認められ広く一般に愛されてきました。グラスの高い透明度と美しい輝きは、まさに職人技。日本の匠の技術から生まれたこのグラスが、ウイスキーを飲むひとときを格別なものへとしてくれることでしょう。

グラスでウイスキーの味わいは変わる

グラスが変わると味わいも変わります。ウイスキー好きの方には、ウイスキーをより堪能できるグラスを贈ればきっと喜んでくれることでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME