簡単DIYで理想のキッチンカウンター作り。アイデアや作り方を紹介

2018.07.31

キッチンまわりにカッコ良いカウンターがあれば素敵ですね。実はある身近な物を利用することで、簡単におしゃれなキッチンカウンターを作ることができます。スペースを有効に使い、部屋のアクセントにもなるカウンターのDIY法やアイデアを紹介します。

あると便利なキッチンカウンター

キッチンまわりにカウンターがあると、いろいろなシーンにとても役立ちます。

省スペースでありながら、ちょっとした作業に大活躍するうえ、キッチンの整理整頓もでき、一石二鳥以上の価値があるといえるでしょう。

部屋の仕切りやお酒を楽しむ場として

カウンターは、キッチンとリビングの間の仕切りの役割も果たします。圧迫感を抑えつつ、『おしゃれな雰囲気』を演出できるインテリアです。バーとしてお酒を楽しむ大人の空間にもなります。

作業スペースや収納として

キッチンまわりにカウンターがあると、料理を盛りつけるときなどの『作業スペース』として大活躍します。料理を運ぶときにも、複数のグラスやプレートを一時的に置く場として便利です。

また、カウンター天板の下に棚を作れば、キッチン用品や小物類を『収納』するスペースにもなります。キッチンはついつい物が増えがちですが、整理整頓がずいぶん楽になるでしょう。

キッチンカウンターは簡単DIYで作れる

カウンターがあると良い事ずくめですが、いざ購入するとなると意外に値段が張るものです。

そこでおすすめしたいのが、DIYでカウンターを作ることです。『カラーボックス』を利用すれば、簡単に作れます。

2つのカラーボックスを左右に配置して天板を載せ、側面を板で覆うだけのシンプルな方法です。ポイントを押さえれば、比較的短時間で作ることができます。

ほとんどの材料は、ホームセンターや100円均一ショップで調達可能です。

まずはカウンターの幅を決める

まずはカウンターの『横幅』を決めます。カウンターを設置する場所の周辺の家具やキッチンの構造などを考えあわせ、希望のカウンターの長さを決定します。

カウンターの横幅が決まれば、必要なカラーボックスの大きさや、天板のサイズが算出できます。

収納力のあるカラーボックスを使用

カラーボックスの大きさはメーカーにより異なりますが、カウンターとして必要な高さを考えると、90~100cmがおすすめです。背が高い方なら110cmでも良いでしょう。

この高さのカラーボックスだと、内部はたいてい3つに区切られています。棚のみのタイプ、インナーボックス付きなどがあるので、収納力を考え、用途に合わせて選びましょう。

基本の作り方

この作り方のキッチンカウンターは、完成すると、カラーボックスが左右に配置され、天板が載っている形になります。側面を板で覆い、リビング側からはカラーボックスが見えないようにします。

側面を覆う板は一枚板でも良いですが、長い板材を縦に何枚も並べて貼ることで本格的なデザインになります。

組み立て作業に入る前に、すべての板の塗装を終わらせておきましょう。塗料について詳しくは後述します。

カラーボックスに側板を取り付ける

まず、側面を覆う板を取り付けます。カラーボックスの高さと同じ長さの板材を、側面全体を覆うのに必要な枚数用意してください。

2つのカラーボックスの間をつなぐために、横に渡すように板材を取り付けます。L字金具を使ってビス止めするだけです。

横に渡す板材の長さは、ちょうどカラーボックスの間隔と同じにします。奥側(リビング側)に3枚ほどを等間隔に取り付けてください。

あとは、キッチン側以外の側面をすべて覆うように、側板を接着剤や強力な両面テープで貼り付けていきます。側板どうしの間隔は、木材の膨張などを考慮して1mmほど開けましょう。

天板をビスなどで固定する

次に天板を載せて、L字金具とビス、接着剤や強力な両面テープなどを使用して固定します。

前述のとおり、天板にはあらかじめ塗装をしておきましょう。後から塗装すると、カラーボックスとの隙間が塗れなくなり、きれいに仕上げにくくなります。

木材の塗装のポイント

水仕事の多いキッチンで使うカウンターには、水気を防ぐ『塗装』が必要です。

着色したい時には、耐水性のある塗料を使います。元の材料の色目を生かしたいときはニスなどの『コーティング剤』だけを使いましょう。

塗料の種類とニスのコーティングが肝

カラーボックスに塗る色付き塗料には、『水性』と『油性』があります。

初心者には、柔らかくて塗りやすく、薄め剤として水道水を使える水性塗料がおすすめです。水性塗料でも、乾くと耐水性がある塗料が販売されています。

材料の表面を覆う膜を作るための『コーティング剤』も重要で、よく使われるのが『ウレタンニス』です。強力な耐水性があり傷にも強い効果を発揮します。

木の自然な色を生かして仕上げたい時は、コーティング剤だけを塗装します。主にツヤ有りとツヤなしの2種類があります。好みによって選びましょう。

おすすめの塗装グッズ

キッチンカウンターの天板や、側板の塗装におすすめの塗料・コーティング剤を以下にまとめました。塗装に必要な刷毛(ハケ)も一緒に紹介しています。

ターナー ミルクペイント

ターナーの『ミルクペイント』は、ミルク原料を使用して開発された水性塗料です。アメリカでは開拓時代にミルクカゼインを使って家具を塗装していたことがあり、この製品はそれをヒントに作られました。

クリーミーで扱いやすく、乾燥後は耐水性で、マット仕上がりになります。アンティーク風に仕上げるための、仕上げ塗料の種類も豊富です。

  • 商品名:ターナー ミルクペイント 200ml
  • 価格:785円(税別)
  • Amazon:商品ページ

KUMIMOKU アンティークカラーズ

CAINZ(カインズ)の塗料『KUMIMOKU アンティークカラーズ』もおすすめです。

アンティーク風に仕上がるマットな風合いの水性塗料です。ジャム瓶のようなボトルで開閉も楽々。見た目もお洒落でDIY気分がアップします。

  • 商品名:カインズ KUMIMOKU アンティークカラーズ 200ml
  • 価格:880円(税込)
  • CAINZ:商品ページ

和信ペイント 水性ウレタンニス

水性のウレタンニスでは、『和信ペイント』のものがおすすめです。水性のウレタンニスなら扱いやすく匂いもひかえめです。乾くと硬い膜になり、水が染み込むことや傷などを防ぎます。

食品衛生法適合製品なので、食器にも利用できる塗料ですから、キッチンDIYのコーティング剤として安心して使用できます。

  • 商品名:和信ペイント 水性ウレタンニス(130ml~0.7l)
  • 価格:1026~4320円(税込)
  • 和信ペイント:商品ページ

iLoveCos JP 多用途刷毛

塗料を塗るための刷毛は、水性・油性塗料兼用のものを購入しておくと便利です。

iLoveCos(アイラブコス)JP の『多用途刷毛』は、水性・油性の兼用が可能で、刷毛先がしなやかで塗りやすく、おすすめです。

  • 商品名:iLoveCos JP 多用途刷毛 6本セット
  • 価格:788円(税込)
  • Amazon:商品ページ

DIYキッチンカウンターのカスタムアイデア

DIYしたカウンターですが、装飾アレンジでランクアップさせてみてはいかがでしょうか。キッチンカウンターをおしゃれにカスタマイズするアイデアを紹介します。

タイルを貼って海外風に

カウンター上や側面をタイル貼りにすると、雰囲気がぐっと変わります。まるで海外の小さなバーにいるような感覚になれるかもしれません。

真っ白の小さいタイルなら女子受けしそうですし、真っ黒なタイルなら都会的でカッコ良く仕上がります。色合わせを工夫して、オリジナリティ溢れるカウンターに挑戦してみましょう。

小さなタイルは大抵、複数枚が一体化した『タイルシート』として販売されています。

このタイプは、先に接着剤をカウンターに塗ってタイルシートを載せ、その後に目地材で隙間を埋めていきます。最近では、接着剤がタイル背面に付着しているタイプも市販されています。

通販サイト『D.I.Y. TILE』は、使いやすいタイルシートを種類豊富に扱っていて、コスパも良いのでおすすめです。ぜひチェックしてみてください。

タイルシートの通販サイト|D.I.Y. TILE

好みのテイストの板壁でお洒落に

カウンターの背面や側面の板壁にも、様々なアレンジが施せます。

側板に使った木材をそのまま生かすのもナチュラルで良いですし、側板を1本ずつ濃淡を変えてペイントするのもおしゃれです。その他のアイデアを以下に紹介します。

  • 好みの壁紙を貼る(リメイクシートなど)
  • カフェのメニューボードのように、チョークボードを取付けて文字を書く
  • 側面に、アイアンのフックを取り付ける
  • 床に近い場所に巾木(帯状の板)を取り付ける
  • 額縁を3つほど用意し、均等に張り付ける。

DIYキッチンカウンターの使い方アイデア

では、作ったキッチンカウンターをどのように活用すれば良いのでしょうか。いくつかのアイデアを紹介します。

椅子を並べてバーカウンター風に

キッチンカウンターにスツールを2~3脚用意すれば、自宅にバーカウンターが出来あがります。

バーカウンターがあれば、料理中でもカウンター越しに話ができ、家族や友人とバーで飲んでいるような感覚で飲食を楽しめます。

スツールはカウンターの雰囲気と合わせたテイストを選んでください。普通よりも高めのスツールを選ぶと、キッチンカウンターにマッチします。しっかりサイズを測ってから購入しましょう。

天板下に棚板を付けて収納スペースに

天板下の、カラーボックスの間のスペースに『棚板』を付ければ、収納スペースとして使えます。

棚板にカゴやボックスを置けば、より収納力もアップし、整理整頓がしやすくなります。カウンター下は、あまり表に出したくない『ゴミ箱』を置くスペースにも利用できます。

DIYで叶う 理想のキッチン

既成品を購入せずとも、簡単DIYで自宅にぴったりのキッチンカウンターが手に入ります。アレンジは自由自在です。アイデアを駆使してオシャレな理想のキッチン作りを目指してみてはいかがですか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME