バーベキューの変わった食材。みんなが盛り上がる面白い食材とは?

2019.05.19

大自然の中で炭火で焼いた食材はどれも日常生活の中で味わうよりもより美味しく感じます。バーベキューと言えばお肉や魚介、野菜などが一般的な食材ですが、たまには変わった食材を持ち込んでみると、普段とは違う盛り上がりを楽しめるはずです。本記事ではにおすすめの変わった食材をご紹介していきます。

バーベキューで盛り上がる変わり種食材

さっそく知ったら試したくなる、バーベキューにおすすめの変わり種食材をご紹介していきます。

そのまま焼くだけで美味しい食材

厚揚げ

和食の定番である厚揚げは、洋風文化のバーベキューにはミスマッチなのではと思われるかもしれませんが、思い切って使ってみることで思わぬレパートリーの発見につながります。

鉄板や網に残った油で焼くことで、揚げたてのカリカリ食感が楽しめます。厚揚げは生ものでありながら、既に油で一度揚げてあるので衛生面を気にすることなく持ち込むことができます。

ジャガイモ

ホイル焼きはバーベキューの定番。ホイルで包んで焼くだけで簡単に蒸し料理を作ることができます。そんなホイル焼きにぴったりな食材はジャガイモです。ただ焼いて焦げ目をつけるのも良いですが、ホイルを使った蒸かした芋はほくほく感が堪りません。

楊枝が通るぐらいに蒸したところに塩や醤油などをかけて食べると、普段のバーベキューとは違った味わいが楽しめます。中でもおすすめはじゃがバターです。バターをのせてふかすことで一層ジャガイモの美味しさを堪能できるでしょう。

冷凍食品が大活躍

他にも簡単な調理法で美味しく食べられる食材は、冷凍食品です。冷凍食品は揚げ物や煮物などのバーベキューでは作れないものが多い上に、冷凍なので安全に持ち込め、更に保冷剤代わりにもなるというバーベキューの万能食材です。

比較的安価で内容量が多く、大勢人数でのバーベキューでは非常に重宝します。バーベキューに出かける際は、冷凍食品を1品紛れ込ませておくと良いでしょう。

冷凍コロッケ

冷凍コロッケはバーベキューにおいて最高のポテンシャルを発揮します。元々油がついているので、鉄板に乗せるだけで調理を始めることができ、炭の高火力により自宅で調理するよりも綺麗なきつね色にカラッとあげることができます。かけるソースにバーベキューソースなどをチョイスすれば、また普段とは違う味わいを楽しむことができます。

冷凍から揚げ

バーベキューにはまず登場しないから揚げ。冷凍コロッケ同様に鉄板で加熱するだけで美味しく調理でき、高火力のおかげでトースター解凍などではこぼれてしまう肉汁を閉じ込めることができます。また味付けもされているため、何か1品作ろうと思った時に非常に重宝します。

チャーハンもおいしい

コロッケやから揚げに加えておすすめなのが冷凍チャーハンです。元から美味しい味付けがしてあり、油なども最初からついているので、炭火の高火力で炒めれば、まるで中華屋のチャーハンのようにパラパラに仕上げることができるのです。

バーベキューにおすすめおもしろ簡単レシピ

つづいて、バーベキューにおすすめな変わったレシピをご紹介します。

バーベキューでバームクーヘンも焼ける?

バームクーヘンは自分で作るには相当難しいイメージがありますが、実はホットケーキミックスを使って生地を塗った棒を回しながら焼いていく工程を繰り返すだけで想像よりも簡単に作ることができます。お子さんがいる大人数でのバーべーキューの変わり種レシピとしておすすめです。

お肉で野菜を巻いちゃおう

バーベキューではついつい焦がしてしまいがちな野菜。焦がし対策としても美味しく野菜をいただくためにもおすすめなレシピが「〇〇の肉巻き」。野菜を肉で巻くだけで、野菜の焦げ防止に繋がりますし、肉も野菜も美味しくいただけます。

チーズフォンデュも簡単でおすすめ

チーズフォンデュもバーベキューでは簡単に作ることができます。溶けるチーズやチーズソースを混ぜ合わせたものを、耐熱器やお椀状にしたアルミに入れて鉄板に置いておくだけで、トロトロのチーズベースが完成します。あとはお好みの具材をつけて食べるだけ。バーベキューならではの食材を使って、普段とは違うチーズフォンデュを楽しんでみましょう。

バーベキューをより一層楽しめる面白い食材

頻繁にバーベキューをされる方にとっては食事がマンネリ化する事も。そんな時には今回ご紹介したような変わり種食材やレシピで、いつもとは違うバーベキュー料理を楽しんでみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME