コーヒーサーバーにこだわろう。機能と選び方を紹介

2019.05.18

コーヒーサーバーへこだわりを持てば、よりコーヒーを美味しく楽しめるでしょう。コーヒーサーバーを使うメリットや選び方、チェックしておきたい性能を紹介するので参考にしてみてください。コーヒーウォーマーについても触れているので要チェックです。

コーヒーサーバーとはなにか

コーヒーを楽しむために用意している人も多いコーヒーサーバーは、抽出したコーヒーを保存するのに便利なのが最大のメリットです。コーヒーサーバーのメリットは他にもあるのでチェックしてみましょう。

コーヒーサーバーのメリット

コーヒーサーバーは、ドリップしたコーヒーを保管しておけるだけがメリットではありません。目盛りに合わせて抽出すれば、いつでも安定した味わいが楽しめます。いつも同じ条件で抽出しやすくなり、コーヒー豆の味わいの変化も楽しめるでしょう。

形状の種類を知ろう

代表的なコーヒーサーバーの形状は大きく分けて『独立型』と『カラフェ型』の二つに分けられます。

独立型は、背が低く安定しているタイプで抽出中に転倒する心配があまりありません。ドリッパーは抽出量に合わせてさまざまな大きさに対応できますが、ドリッパーとサーバーの両方を揃える必要がありコスパはやや悪いと言えます。

カラフェ型は、ドリッパーと一体になっているタイプで、コスパがよいのが特徴です。抽出後にくびれ部分を持って回すときに、コーヒーの味を均一にしやすいのもメリットと言えるでしょう。ただし、専用のペーパーやフィルターが必要なのがデメリットです。

どちらにもメリット・デメリットがありますが、初心者の人では揃えやすさと使いやすさから独立型がおすすめです。よりこだわりたくなれば、カラフェ型を選ぶなど自分に合ったものを選びましょう。

自分に合った選び方のポイント

では、自分に合ったコーヒーサーバーを選ぶためにも、どのようなポイントがあるのでしょうか。最低限確認しておきたいポイントと、チェックしておくと便利なポイントを合わせて三つ紹介するので参考にしてみてください。

容量を確認しよう

コーヒーサーバーを選ぶときに最初にチェックしておきたいのが、コーヒーサーバーが対応できる『容量』です。コーヒー1杯を140cc程度とすると、1度に5杯淹れるなら700ccの容量が必要なのがわかります。

大は小を兼ねるとは言いますが、大きすぎるコーヒーサーバーは淹れたときからすぐに温度が下がってしまい、味や香りが落ちてしまいます。また、設置場所や収納場所が限られてくる点も考えて、使い勝手がよく、最適な容量のコーヒーサーバーを選ぶのがよいでしょう。

素材の特徴で選ぶ

コーヒーサーバーに使われている素材は耐熱ガラスやステンレスが主流です。ガラス製のものは、中が見やすく温め直しができる機能を持っていることが多いですが、『割れ』には十分注意が必要です。

ステンレス製のものは耐久性が高く、保温機能がありますが温め直しができないケースがあります。また、ガラス製と比べてもやや価格が高いという点は覚えておきましょう。

素材の違いで機能にも違いがでてきます。扱い方や置き場所なども考えて素材の特徴をよく把握した上で選ぶと、よりよいコーヒーサーバーと巡り会えるのでおすすめです。

洗いやすい形状だと便利

長く使っているとどうしても汚れなどが目立ってしまいます。また『衛生面』から考えても、洗いにくいタイプは長く使っていくことを考えると不安が残るでしょう。そのため、洗いやすい形状やデザインのものを選ぶと使いやすさが向上します。

綺麗に保たれたコーヒーサーバーは、雑味も入りにくく味わいも安定します。衛生面でより優れたものを探すなら、取っ手部分が外せて別々に洗えるもの、スポンジを入れてしっかりと洗えるものがよいでしょう。

保温性能でチェック

コーヒーサーバーの機能の中でも1番チェックしておきたいのが『保温性能』です。コーヒーが最も美味しい温度をどれだけ保てるのかによっても、便利さが変わってくるのでチェックしてみてください。

直火や温め直しができると使いやすい

コーヒーを入れていたのに用事ができて冷めてしまったという経験がある人におすすめなのが、温め直しができるコーヒーサーバーです。今ではあまり数がありませんが、コーヒーサーバー自体が直火対応のものもあります。

直火で温め直しができるタイプは、焦げ付きなどにより汚れやすいため注意しましょう。また、IHに対応しているのか、などもチェックしておくのも忘れないようにしましょう。いつでも温かいコーヒーが飲める便利さは、忙しい男性にぴったりの機能です。

保温機能が付いたものも存在

温め直しの機能が付いていないものでも、『保温機能』が付いたタイプがあります。長時間の作業の前にドリップしておき、いつでも温かいコーヒーが飲めるコーヒーサーバーは自宅での仕事で重宝するでしょう。

温め直し機能と一緒に保温機能が取り付けられたものや、素材自体が保温性に優れているものなどがあります。自分の生活スタイルに合った素材と保温力のものを選ぶとより使い勝手がよくなるのでおすすめです。

人気のメーカーを紹介

コーヒーサーバーを取り扱っているメーカーの中でも人気のメーカーを三つ紹介します。それぞれの特徴を知れば、よりコーヒーサーバーを選びやすくなるので参考にしてみてください。

耐熱ガラスメーカー ハリオ

創業当初から一貫して耐熱ガラスの企画・製造・販売を行っているメーカーがハリオです。『耐熱ガラス』の製品を多く取り扱い、製品の中には耐熱ガラスのよさを活かしたコーヒーサーバーやドリッパーがあります。

透明で耐熱性のあるガラスを使ったコーヒーサーバーは、見た目で容量がわかりやすく初心者でも扱いやすさから定評があります。サイズ展開も小さいものから大きなものまであり、その対応力の高さからも人気のメーカーと言えるでしょう。

HARIO株式会社

コーヒー機器メーカー カリタ

『カリタ式』と呼ばれるドリッパーが有名なメーカーがカリタです。コーヒー本来の味わいをストレートに楽しめるよう、製品に工夫がされています。よりコーヒー豆の香りを引き立てたい人にぴったりでしょう。

高いデザイン性で作られたコーヒーサーバーは、インテリアとしても活躍し、機能が高い水準でまとまっているので実用性の高さもポイントです。一風変わったデザインのコーヒーサーバーもあるのでチェックしてみてください。

コーヒー機器総合メーカーカリタ【Kalita】

キッチンウェアメーカー キントー

キッチンウェアメーカーのキントーで取り扱われているコーヒーサーバーなどのコーヒー関連用品は、シンプルなデザインによって清潔感が感じられることから人気があります。

使い勝手にも優れており、『インテリア』としても大人の男性の魅力を引き立てるような知的なものが多いので、デザインで選びたい人にもおすすめです。

KINTO / キントー

おすすめのコーヒーサーバーを紹介

実際にメーカーが取り扱っているコーヒーサーバーの中から四つ紹介します。それぞれの利点と便利な特徴をコーヒーサーバー選びの参考にしてみてください。

ハリオ V60 コーヒーサーバー

ハリオのV60コーヒーサーバーは、700mlの容量を確保しています。1〜2人までなら十分に使える容量を確保しながらも『目安メモリとカップ表示付き』なので、量を図りやすいのもメリットです。

蓋をしたまま電子レンジでの加熱ができるので、温め直しもできます。持ちやすい取っ手で注ぎやすく、洗いやすいので清潔を保ちやすいでしょう。

  • 商品名:HARIO (ハリオ) V60 コーヒーサーバー 700ml VCS-02B
  • 価格:687円(税込)
  • Amazon:商品ページ

カリタ コーヒーサーバー

電子レンジ対応のガラス製サーバーがカリタのコーヒーサーバーです。熱湯での使用が可能ですが、直火には対応していないので注意しましょう。ハンドルに耐熱性のある『ポリプロエピレン』が使われているため、持ち手が熱くなりにくいのもメリットです。

コーヒーカップ用(約120cc)のメモリがあるので目安にしやすく、毎日使い続ける人には便利でしょう。カリタのドリッパー(サイズは合わせる必要あり)に対応しているので、セットで用意すればより使い勝手がよくなります。

  • 商品名:カリタ コーヒーサーバー 電子レンジ対応 102ドリッパー用 500ml N 2~4人用 #31205
  • 価格:776円(税込)
  • Amazon:商品ページ

カリタ コーヒーデカンタ

耐熱ガラス製で大容量タイプがカリタのコーヒーデカンタです。『1800ml』の大容量ですが、女性でも持ちやすい形状の取っ手が注ぎやすさをサポートしてくれます。大容量タイプであれば、大人数に対応できるほかアイスコーヒーにも便利です。

電子レンジには対応していませんが、カリタから販売されているウォーマーを使用できます。専用のドリッパー以外も取り付けられますが、工夫が必要なのでカリタ製とセットするのがおすすめです。

  • 商品名:カリタ コーヒーデカンタ 耐熱ガラス 1.8L ブラック #32003
  • 価格:1669円(税込)
  • Amazon:商品ページ

アトラス ステンレスカフェサーバー

ステンレス製で真空2重構造を採用したため、『保温性』が格段に向上したステンレスカフェサーバーです。直接コーヒードリップが可能で、600mlで2〜4杯のコーヒーに対応できます。

市販のコーヒードリッパーがそのまま使用できる汎用性と、すっきりとしたデザインで収納性の高さも人気の秘密です。低価格で保温のできるコーヒーサーバーを用意したい人には重宝するでしょう。

  • 商品名:アトラス ドリッパーが直接使える ステンレスカフェサーバー0.6Lブラック ACS-600BK
  • 価格:2500円(税込)
  • Amazon:商品ページ

おしゃれなドリッパー付きサーバーを選ぶ

コーヒーサーバーと一緒にドリッパーを用意したい人におすすめの製品を四つ紹介します。おしゃれなデザインのものが多くあるので、インテリアとしてもチェックしてみてください。

ハリオ V60 ドリップデカンタ

本格的なコーヒーをスタイリッシュに演出する高いデザイン性を持っているのがハリオの『V60ドリップデカンタ』です。サーバーの部分に付属のシリコーンバンドを巻いて使うタイプなので、取っ手が邪魔しません。

円すい形のドリッパーは、ペーパーの手軽さがありながら、お湯を注ぐ速度によってコーヒーの味を変えられる大きな穴が用意されています。手軽にドリップが味わえる作りでも、本格的にドリップコーヒーを味わいたい人におすすめです。

  • 商品名:HARIO (ハリオ) V60 ドリップデカンタ コーヒードリップ 1~4人用 VDD-02B
  • 価格:1402円(税込)
  • Amazon:商品ページ

キントー コーヒーカラフェセット

キントーのコーヒーカラフェセットは、シンプルなデザインでも本格的なドリップコーヒーが楽しめます。砂時計にも似た見た目は、ゆっくりとコーヒーがドリップされる様子を観察するだけで楽しさがこみ上げてくるでしょう。

大きめに作られた注ぎ口は清潔を保ちやすく、ハンドドリップの豊かな香りを広げてくれるのも利点です。使わないときはパーツを重ねて『コンパクトに収納』できる点も、一人暮らしで収納が少ないときに活躍するでしょう。

  • 商品名:KINTO (キントー)コーヒーカラフェセット SCS-02-CC-PL 300ml 27643
  • 価格:2700円(税込)
  • Amazon:商品ページ

ボダム コーヒーメーカー

油分を吸着してしまいやすいペーパーフィルターではなく、『ステンレス製のフィルター』を利用したドリップを楽しめるのがボダムのコーヒーメーカーです。コーヒーオイルを程よく抽出して、コーヒーの個性を活かした味わいに仕上がるため、より自然なコーヒーの香りと味を楽しみたい人におすすめです。

1〜2人で使うには十分な容量を確保し、洗いやすさもあります。シンプルで可愛さのあるデザインは、奥さんと一緒にコーヒータイムを楽しむ機会がある人にも重宝するでしょう。

  • 商品名:【正規品】 BODUM ボダム POUR OVER コーヒーメーカー 500ml コルク 金属フィルター 11592-109
  • 価格:4885円(税込)
  • Amazon:商品ページ

イワキ 耐熱ガラスドリップサーバー

耐熱ガラスでコーヒーの風味を保護し、使いやすい形状でシンプルにまとめられているのがイワキの『耐熱ガラスドリップサーバー』です。おしゃれなフォルムはどんなシーンにも合う汎用性を持ち、パーツも全て取り外せるので食器洗い機にも対応できます。

独自の花びら型ドリッパーは、本格的な味わいをサポートし『市販のペーパーフィルター』で使用できる利便性もポイントと言えるでしょう。

  • 商品名:iwaki(イワキ) 耐熱ガラス ドリップサーバー ブラウン 600ml K8694-BR
  • 価格:1613円(税込)
  • Amazon:商品ページ

コーヒーウォーマーを活用してみよう

ドリップしたコーヒーの美味しさを保つために保温性の高いものを選んでも、冷めてしまったというケースはよくあります。そんなときにはコーヒーウォーマーを活用してみましょう。

サーバーのまま温められる

コーヒーウォーマーは、コーヒーサーバーのまま温め直し・保温ができる製品です。主に『電気式』『電気とハロゲン式』『キャンドル式』の三つの種類があります。

電気式は構造が単純で安価なタイプ、電気+ハロゲン式は業務用に多いタイプ、キャンドル式は固形燃料であるキャンドルを使うタイプです。使っているサーバーの大きさに合わせてちょうどよいウォーマーを用意してみましょう。

カリタ コーヒーウォーマー CW-90

コーヒーが焦げ付きにくいテフロン仕上げで使い勝手がよいのがカリタの『コーヒーウォーマー CW-90』です。高めと低めの保温温度が選べるので、コーヒーや飲む人に合わせて温かさが変えられます。

  • 商品名:Kalita コーヒーウォーマー CW-90
  • 価格:6774円(税込)
  • Amazon:商品ページ

BONMAC コーヒーウォーマー

BONMACが取り扱っている『コーヒーウォーマー』は、電気式を採用した、簡単にスイッチを入れるだけで使えるウォーマーです。温め直しの機能もついており、小型なので場所を取らないで使えるでしょう。

  • 商品名:BONMAC コーヒーウォーマー BMW-1A
  • 価格:3180円(税込)
  • Amazon:商品ページ

カリタ 2連ウォーマー

1.8Lのデカンタが2本保温できるウォーマーが、カリタの『2連ウォーマー』です。淹れたてのコーヒーをそのまま大容量で保存できるため、パーティなどにも活躍します。2種類のコーヒーをストックしておきたい人にも重宝するでしょう。

  • 商品名:カリタ コーヒーウォーマー 2連ウォーマー (1.8Lデカンタ保温用) FUO09
  • 価格:1万2044円(税込)
  • Amazon:商品ページ

コーヒーサーバーにもこだわろう

コーヒーサーバーにこだわると、いつものコーヒーライフがより便利なものになるでしょう。ドリップ量を確認できたりと、便利な機能も付いているので、手間を省きながらも美味しいコーヒーが楽しめます。

今まで使用してこなかった人も、頻繁にコーヒーを飲む人にはおすすめできるアイテムです。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME