バーベキューには変わり種を。子供も喜ぶ人気のデザートレシピも

2019.05.18

アウトドア派にとってはメジャーなバーベキュー。複数のコミニュティで開催されることも少なくありません。しかしいつも同じものを食べていては、飽きがきてしまうのではないでしょうか?そんな方に向けて、本記事ではバーベキューの変わり種食材やレシピについてご紹介していきます。

変わり種を持ち込む際の基本

まずは、変わり種食材をご紹介する前に、いつもとは違う変わり種を持ち込む際の基本をご紹介します。

下処理は自宅してしていこう

あらかじめ調理しやすく、食べやすいように切り分け、下処理を行なっておけばバーベキューの面倒な片付けをする手間が省けます。また準備した変わり種に趣向を凝らしたデザインや包み方をしていけば、さらに盛り上がること間違いなしです。

火がなくても食べられる前菜はおすすめ

火が必要ない前菜を用意するとバーベキュー仲間にきっと喜ばれます。火を起こしている間に、軽くつまめますし、何より入れ物から取り出すだけで食べられるので余裕をもって準備が進められます。

お肉が焼ける前に。前菜の変わり種

つづいて、早速おすすめの変わり種メニューをご紹介していきます。

ソースを温めてバーニャカウダー

温めたソースに野菜をつけて食べるバーニャカウダーは、ソースを温めるだけですぐに食べられますし、見た目にも華やかなのでおすすめです。

あらかじめ用意してきたソースを耐熱器などに入れてから火にかけ、温まったところでまたあらかじめ用意してきたカット野菜を取り出せば、バーベキュー仲間からも歓声があがることでしょう。ソースに関してもあらかじめ準備する分、さまざまな味を作っていくことができます。

みんなでつまめる枝豆ホイル焼き

お酒の定番おつまみの枝豆もおすすめです。あらかじめ塩茹でにしたものを持っていくのも良いですが、変わり種としてはいささか地味なイメージがあるので、ホイル焼きがおすすめです。

枝豆をホイルに入れて鉄板に置くだけの非常に簡単なものですが、調味料をかえることで普段とは違った味を楽しむことができます。

バーベキューのメイン料理の変わり種レシピ

バーベキューのメインといえば、やはりお肉や魚介類ですが、ここからはメイン料理の変わり種レシピをご紹介します。

子供も大好きハンバーグ

子供から大人まで楽しめるお肉料理の代表格ハンバーグがおすすめです。作り方はご家庭で作るハンバーグと変わりなく、唯一気をつけておきたいのが火加減でしょう。高火力直火で焼き上げるバーベキューのグリルコンロは、下手をすればハンバーグを丸焦げにしかねませんが、そこさえ注意すればお店で提供されるようなジューシーなハンバーグが楽しめます。

いろいろな食材でチーズフォンデュ

バーニャカウダと同じくディップ形式で、誰でも気軽に食べられるチーズフォンデュもおすすめです。作り方もいたってシンプルで、溶けやすいチーズとチーズ系ホワイトソースを組み合わせたものを、アルミカップや耐熱器に入れて加熱するだけです。

とろとろにチーズが溶けたら、焼いたお肉でも野菜でも好きなものを好きなだけチーズに絡めて食べることができます。特に炭火焼きされたお肉とチーズソースの組み合わせは絶品です。

おしゃれにアヒージョ

刻みニンニクとオリーブオイルさえあれば簡単に作ることができるアヒージョもおすすめです。作り方、スキレットパンに刻みニンニクとオリーブオイルを入れて、煮立ってきたところにお好みの具材を投入してさらに待てば完成です。具材には魚介類が合うと言われていますが、基本的になんでも合うので、バーベキューならではのものを入れてみても良いかもしれません。

焼きおにぎりも盛り上がる

最後のおすすめは、焼きおにぎりです。普通のおにぎりをあらかじめ準備しておき、醤油や味噌、豆板醤などを塗って網焼きにすればいい匂いにそそられて、バーベキュー後半戦も盛り上がることでしょう。

ちなみに夏場の場合は、衛生面を考慮して、凍らしたおにぎりを持っていくか、あらかじめ味がついている冷凍おにぎりを持っていくようにしましょう。

デザートも変わり種を用意

バーベキューで適当になりがちなデザート。もしデザートもこだわった変わり種が登場すれば大いに盛り上がるはずです。そこでここからはおすすめのバーベキュー用変わり種デザートをご紹介します。

おいしい焼きりんごは簡単

おしゃれなデザートとして目を引く焼きリンゴ。作るには難しいイメージがありますが、実際は芯をくり抜いたりんごの穴にメイプルシロップや蜂蜜などお好みの甘味を注いでアルミ焼きにするだけで完成します。香りも良くお酒にも合うため、大人におすすめの変わり種デザートです。

味を変えられるポップコーン

手軽なスナックであるポップコーン。バーベキューでポップコーンを作る場合はポップコーンのタネと油が必要となります。作り方は家庭で作る方法と同じで、熱して蓋をしたフライパンの中でポンポンと弾けさせるだけです。味付けに関してはその場で好きなように変えることができるため、少しづつ作ってたくさんのバリエーションと楽しむことができます。

定番マシュマロをスモアに

バーベキューの定番おかしである焼きマシュマロ。そのまま食べても美味しいですが、バーベキューの本場であるアメリカでは、チョコと一緒にビスケットで挟む’’スモア’’というお菓子が人気となっています。サクサクとしたビスケットに挟まったチョコレートと焼きマシュマロの絶妙な甘みが魅力の変わり種デザートです。気になる方はぜひ試してみてください。

バーベキューのマンネリ化には変わり種食材

よく野外でバーベキューをする方にとっては食材がマンネリ化することもあるでしょう。そんな時は今回ご紹介した変わり種レシピを参考に取り入れてみてはいかがでしょうか?前もって下ごしらえを自宅でしていけば、誰でも簡単にできるものも多いのでぜひ試してみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME