落語の演目にはどんなものがある?演目の種類やおすすめを紹介

2018.07.31

落語には上方・江戸とあり、いろいろな種類の噺があります。そのため「落語に興味はあるが、どれからスタートしたら良いのかわからない」という人は多いでしょう。そんな人のために、落語の基本やおすすめの演目を紹介します。

落語とは

落語とは、話芸を楽しむ日本の伝統芸能です。『落ち』がつくことが特徴の1つなので、『落としばなし』とも呼ばれます。

まずは落語の基本について説明します。

1人で座して行う

歌舞伎や能など、日本を代表する伝統芸能は、複数人で行われるものが多くあります。しかし、落語は基本的に『噺(はなし)』と呼ばれる物語を1人で座して行います。

大げさな舞台装置はないので、物語の中心に座る『噺家(はなしか)』には高度な話芸が要求されます。

想像力を引き出すことがポイント

落語には特別な衣装や道具はありません。基本的に噺家は、着物を羽織り、扇子、手ぬぐいだけを持って『高座(こうざ)』と呼ばれる舞台に上がります。

少ない小道具で観客の心をつかみ、物語に引き込むためには、観客の想像力を引き出すことが重要なポイントになります。

そのため落語家は話術だけではなく、声の出し方や表情の作り方にも長けている必要があります。

多彩な演目と数が魅力

1人の噺家によって臨場感たっぷりに講じられる落語ですが、演目の種類は多岐に渡ります。日常のあれこれを語る噺が多いので、商人、坊主、武士、名人、酒飲みなどありとあらゆる人物が主人公として登場します。

聞けば聞くほど、色々な噺に出会うことができます。

演目の種類とは

落語の演目がどれほどあるのか正確にはわかりませんが、数百は超えるのではないかと言われています。

演目をざっと分類するには、演目が作られた時代、地域によって分けるとわかりやすいでしょう。それぞれの演目の種類を紹介します。

古典落語と新作落語

落語には『古典』と言われるものと『新作』と言われるものがありますが、その線引きはあいまいです。

一般的には明治期までに原型が成立し、太平洋戦争が終結する頃にできあがったものを『古典落語』と呼び、それ以降に成立し、時事問題を多くとりあげ、演目を作った噺家のオリジナリティが強いものを『新作落語』と呼びます。

江戸落語と上方落語

落語は東京地域に伝わる『江戸落語』と大阪・京都地域に伝わる『上方落語』があります。

  • 江戸落語:派手な演出や小道具を使わないシンプルな落語。音曲などを一切使用しない『素噺』がメインである。江戸弁で語られ、人情噺が多い
  • 上方落語:大道芸としての伝統も汲んでいるので三味線や鳴り物を使った派手な演出が多く見られる。京言葉と大阪言葉を使い分けて話す。人情噺はほとんどない

また、派手で陽気な上方落語は見台、小拍子、膝隠しといった小道具を使うのも特徴です。

落語を楽しむ

落語に興味が出てきた人は、実際に落語を聞いてみましょう。その上で、落語を楽しむためのポイントをいくつか紹介します。

寄席に行ってみよう

近年はメディアの発達によって、テレビやラジオだけでなく、動画アプリでも落語を見る事ができます。しかし、実際の寄席とはやはり違う部分もあります。

やはり、生で聞く落語は臨場感が違います。落語は会場の雰囲気や噺家の微妙な動きを楽しむことが重要です。まずは近くの寄席に行き、会場との一体感や臨場感を肌で味わってみましょう。

はじめは有名な噺から

落語初心者なら有名な噺から聞きはじめると、余裕をもって噺を楽しむことができるでしょう。

全く知らない噺から聞きはじめると、独特の言い回しや言葉遣いに戸惑うだけではなく、内容についていくことに必死になるあまり、リラックスして楽しむことができません。

噺家との相性もありますし、まずは有名でよく知られている話をいくつか聞き、落語の楽しみ方を覚えてください。

演目一覧から有名な噺を紹介

落語の演目には色々ありますが、特に人気の高い有名な噺を見てみましょう。興味を惹くものがあれば実際に聞いてみてください。

酒好きの酔っ払いが迷走『蝦蟇の油売り』

酒好きの迷走話として語られるのが古典落語『蝦蟇の油売り(がまのあぶらうり)』です。「さあさ、お立ち会い。御用とお急ぎでない方は、ゆっくりと聞いておいで…」という口上はよく知られているので、ピンと来た人もいるのではないでしょうか。

この落語は、前半の流れるようにスムーズな口上と、酒に酔った後半のグダグダになった口上に注目して聞いてみると楽しめます。

はじめの口上は口先で人を騙す香具師らしく、とてもスムーズです。実際に蝦蟇の油は売れに売れ、いかさま商売は大成功に終わります。

ところが、酒に酔ってもう一儲けしてやろうとたくらんだ後半の口上は、ろれつが回らず内容もめちゃくちゃです。本当に飲んでいるのではないかというほど見事な口調に、落語家のスキルの高さを感じるでしょう。

いちずな恋愛が実を結ぶ『紺屋高尾』

『紺屋高尾(こうやたかお)』は染物職人と売れっ子花魁の恋愛という、一見うまくいきそうもない男女の恋愛物語です。

落語では、花魁は男性を惑わす役として登場することが多いのですが、紺屋高尾の花魁は誠実で情け深い美女として描かれています。

この落語を聞いていると、真面目で実直な染物職人を応援したくなり、一途な恋愛が成就するラストではほっとした気分になるでしょう。

紺屋高尾は爽やかな人情噺として非常に人気を集め、大正期には浪曲の演目としても大ヒットしました。

ナンセンスなストーリーで笑いを誘う落語もいいですが、感動できる落語を探している方には、こちらがおすすめです。

富くじと人の心理を表す『高津の富』

『高津の富(こうづのとみ)』は富くじをめぐるドタバタ劇です。もともとは上方の古典落語でしたが、この落語を気に入った『3代目柳屋小さん』が東京に持ち込み、『宿屋の富』として演じられるようになりました。

登場人物はほら吹きの男と、善良な宿屋の夫婦です。大金持ちを装った男が主人から富くじを買い、1等が当たれば折半する約束をしました。結果大当たりで、ほら吹き男も宿屋の主人もおおいに取り乱す、というのがあらすじです。

この落語の聴きどころはやはり、富くじの1等が当たったと知った時のほら吹き男のリアクションでしょう。番号を1つずつ何度も数えたり、驚いて腰を抜かしたりする様は、腹を抱えて笑ってしまいます。

ラストの宿屋夫婦との絡みもあわせて、実に愉快な演目です。

郷愁に心温まる『権兵衛狸』

『権兵衛狸(ごんべいだぬき)』は先ほどの『高津の富』とは逆に、東京から上方に伝わった古典落語です。民話のようなほのぼのとした雰囲気なので、聞いていると温かい気持ちになるでしょう。

物語の主人公は、百姓の傍ら髪結いもしている権兵衛です。ここ数日、狸のいたずらに悩まされた権兵衛は狸を待ち受け、ついに狸を捕まえます。

殺すのも気が引けたので、床屋らしく狸の頭を丸刈りにし、二度と悪さをしないよう言い含めて放します。ところが数日後また狸が現れ、今度はヒゲを剃ってくれと頼むのでした。

この物語は登場人物も少なく、あらすじもシンプルで演じやすいことから、多くの落語家たちに好まれています。現代風アレンジが加わったものなどもあるので、聞き比べてみると楽しいでしょう。

初心者におすすめの演目ランキングから

落語は話芸を楽しむものですが、早口だったり独特の言い回しがあったりと、演目によっては初心者には難しいものがあります。そこで、落語初心者におすすめの演目ランキングから、さらにおすすめを厳選して紹介します。

ズレがポイントの『くっしゃみ講釈』

『くっしゃみ講釈(こうしゃく)』は上方の伝統的な古典落語です。講談を語る講釈師のせいで恋人に振られた男が、兄の助言を受けて講談師の講談を滅茶苦茶にし、復讐するというのがあらすじです。

最初の聴きどころは、講談師の講談中にコショウをいぶそうという兄の提案に従い、弟がコショウを買いに行く場面です。ここで弟がコショウを思い出すためだけに、関係のない長い口上を1幕演じ切る様子は滑稽です。

そしてもう1つは、講談師の世間ズレしたお堅い語り口調で始まった講談が、兄弟がコショウのかわりに唐辛子をいぶしたせいで、おかしくなっていく様子です。

最後に「何か故障でもおありか」という講釈師に、「コショウがないから唐辛子」という落語らしい落ちが見事で、綺麗に決まっています。ベーシックな落語を楽しみたい初心者にぴったりです。

幽霊も休みたい『皿屋敷』

『皿屋敷』は有名な怪談がベースになっているので、あらすじを知っている人も多いでしょう。家宝の皿を割ったという濡れ衣で殺されたお菊が、毎晩井戸から現れて皿を数える、という部分は怪談と同じです。

しかし落語ではお菊見たさに多くの見物人が押し寄せ、見世物のようになっています。お菊も客に愛嬌を振りまくので、ますます多くの人が集まるようになっていました。

ある日、いつものように皿を数えだしたお菊は、いつもの9枚からさらに10枚、11枚と続けていきます。「なぜそんなにたくさん数えるんだ」と慌てる見物人に、お菊が「2日分数えて、明日は休みます」と言って落ちがつきます。

よく知られている物語だけに、落語家の声音や口調に集中しやすく、初心者でも気楽に楽しめるでしょう。

人情ものとして人気の『笠碁』

『笠碁(かさご)』は碁をめぐる2人の大旦那の『人情噺』です。

隠居した大店の旦那2人が碁の勝負をするうちに喧嘩となり、そのまま別れてしまいます。いつも碁板を挟んで他愛ない話をしていた2人なので、喧嘩別れした後はさみしくて仕方ありません。

とある雨の日に仲直りをし、2人は再び碁板に向かうのですが、碁盤に雨水が落ちてきます。ふと見ると招かれた大旦那はまだ笠をかぶったままでした。

あらすじだけを見ると地味な印象ですが、実際の寄席で、落語家のしぐさや目線を見ながら聞くと、より2人の老人の心の機微が伝わってくるでしょう。

落語から伝統芸能に触れてみよう

落語は、江戸時代後期から幕末にかけて成立した、庶民のための伝統芸能です。落語に語られる江戸の日常やしきたりなどに触れることで、昔の日本の庶民の暮らしや雰囲気を感じることが出来るでしょう。

たった1人でたくさんの登場人物を描き出す落語家の巧みな話術にも注目しましょう。年齢・性別・氏素性など全く異なった演じ切る落語家によるたくさんの演目や落語家に触れ、日本の伝統芸能の奥深さを感じてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME