バームクーヘンの意味とは?おいしいバームクーヘンの秘密にせまる

2019.05.16

バームクーヘンはプレゼントにも喜ばれるお菓子の一つです。お祝い事にもよく見かけるバームクーヘンですが、何か意味があるのでしょうか?今回はバームクーヘンの名前の由来やもっている意味などをくわしくご紹介していきます。

バームクーヘンってどんなお菓子?

バームクーヘンはバウムクーヘンと呼ばれることもありますが、どちらも違いはありません。バームクーヘンとはどんなお菓子なのでしょうか?

バームクーヘンはドイツ生まれ

バームクーヘンはドイツで生まれました。バームは木や樹木、クーヘンはケーキや焼き菓子という意味です。つまり直訳するとバームクーヘンは『木のケーキ』なんです。見た目が木の年輪に似ているため、このような名前がつきました。

日本で最初に売られたのはユーハイム

実は世界でバームクーヘンを一番食べているのは日本人なんだそうです。そんな大人気のバームクーヘンを日本に広めたのは、あの有名なお菓子屋さんのユーハイムの創業者でもあるドイツのカール・ユーハイムです。

第一次世界大戦の影響で捕虜として日本に訪れたカール・ユーハイムは、終戦後も日本に残り1921年に横浜の山下町でドイツ菓子店ユーハイムを開業しましたが、関東大震災で店を失い、神戸でふたたび開業し、バームクーヘンを日本に広めたといわれています。

日本では大人気のバームクーヘンですが、実は発祥のドイツでは作るのに技術が必要なため、喫茶店やケーキ屋さんでは常に置いてあるわけではなく、定番のお菓子というわけではないようです。

バームクーヘンが持っている意味とは?

プレゼントとしてバームクーヘンを贈るとき、何か意味があるのかな?と思った人も多いのではないでしょうか?バームクーヘンが持っている意味を見ていきましょう。

結婚式といえばバームクーヘン?

バームクーヘンは、結婚式などのお祝い事で見かけることが多いです。その理由はバームクーヘンは「長寿」や「繁栄」といった縁起のいいことをイメージさせるお菓子だからだといわれています。

バームクーヘンが引き出物や内祝いとしても選ばれることが多いのは、焼いては何度も生地を重ね、だんだん太くなっていくという工程が、これから家族として歩んでいく新郎新婦の門出にふさわしいという理由があるそうです。

またバームクーヘンは他のお菓子に比べて賞味期限が長く、比較的軽くて持ち運びがしやすく型崩れしにくいというのもプレゼントに選ばれる理由の一つといえます。

ホワイトデーにバームクーヘンを贈る意味

バレンタインデーにチョコをもらった男性は、お返しは何がいいかなと迷います。人気のバームクーヘンであれば喜ばれるかもと考える人もいますが、『バームクーヘンのお返しは恋人限定』と考えている人もいます。その理由は、「幸せが重なって大きくなる」という意味を持っているといわれているバームクーヘンは、ともすれば相手に対して『この人は私のことを好きかもしれない』と勘違いさせてしまうかもしれないからだそうです。

とはいえ、「関係が深く、大きくなっていく」という風に解釈すれば、職場の同僚などに贈るのもアリかもしれません。また、どうしてもお返しはバームクーヘンにしたいというこだわりがある人は、カットしてある個包装のバームクーヘンを選ぶといいでしょう。

プレゼントにもおすすめのバームクーヘン

お祝いのときに、またちょっとした手土産を持っていくときにもおすすめのバームクーヘンをご紹介していきます。

バームクーヘン専門店ねんりん家

銀座に本店があるねんりん家は、贈り物としても人気のバームクーヘンです。高級感のある定番のバームクーヘンの他に、アメリカンドッグのような形のバームツリーなど、遊び心があるバームクーヘンも取り扱っています。

忙しくてうっかりお土産を忘れてきてしまったという人も、羽田空港といった交通の要衝にもお店があるのでおすすめです。季節限定の商品もあり、バームクーヘン好きにとっては目が離せないお店です。

銀座ねんりん家公式HP

スイーツ王国北海道の北菓楼

スイーツ王国北海道の北菓楼のバームクーヘン「妖精の森」は、あの人気アイドルグループ嵐も絶賛したしっとりふわふわのおいしいバームクーヘンです。北菓楼のバームクーヘンは、焼き印が選べ、しかも1個から対応してくれるので、さまざまなお祝いのプレゼントにもぴったりです。

北菓楼公式HP

バームクーヘンは贈り物にぴったり

バームクーヘンにはさまざまな歴史や意味があります。大切な人の幸せを願うときには、プレゼントにバームクーヘンを選んでみてはいかがでしょうか?喜ばれること間違いなしです。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME