一度は飲みたいシャンパンの高級品6選。プレゼントにもおすすめ

2019.05.15

グラスに光るキラキラとした泡が優雅な気分にさせるシャンパン。今回はそんなシャンパンの中でも、「高級」と呼ばれるおすすめシャンパンを6選ご紹介します。自分へのご褒美やお祝いのプレゼントなどにも最適な、一度は飲みたい高級シャンパンを集めました。

シャンパンとはどんなお酒?

シュワシュワとした発泡性のあるシャンパンは、スパークリングワインの中の1種となっています。

スパークリングワインの中でもシャンパンを名乗るには、まずフランスのシャンパーニュ地方で作られていることが原則です。また、使われるぶどうの品種はピノ・ノワール、ムニエ、シャルドネのみが認められています。

その他にも製法や醸造期間など細かな規定が、フランスの法律で定められており、それらをクリアしたもののみがシャンパンと呼ぶことができるのです。

定番のおすすめ高級シャンパン

高級シャンパンの中でも「定番」と呼ばれる、おすすめのシャンパン3本をご紹介します。

ドン・ペリニヨン・ロゼ

「ドンペリピンク」や「ピンドン」などの呼び名でも呼ばれる、ドンペリ・ニヨンのロゼです。

軽い印象を持つことがあるロゼワインですが、ドンペリロゼはずっしりとした深いコクを持っています。通常のドンペリ2年ほどの熟成期間ですが、このドンペリロゼは10年もの期間熟成しているため、深いコクがある味わいになるのです。

香りはイチゴを感じさせるような華やかな香りとなっています。ドンペリロゼはシャルドネのシャンパンに、ピノ・ノワールの赤ワインをブレンドして作られているので、上品なピンク色が特徴です。

サロン

超高級シャンパンとして知られるサロン。サロンという銘柄には他のシャンパンはなく、1種類のみになってます。

サロンはぶどうの出来がいい年にしか仕込まれません。この100年間の間でサロンの生産は40回にも満たず、最新の生産は2006年となっています。

サロンのシャンパンは最低でも8年間熟成を行うので、ぶどうを収穫してからシャンパンとして出荷するまで、最低でも10年かかります。その希少性から「幻のシャンパン」とも呼ばれ、シャンパン好きなら一度は飲んでみたいシャンパンといわれているのです。

サロンのこだわりについてもっと詳しく知りたい人は、ぜひこちらの記事も参考にしてみてください。

幻の高級シャンパン『サロン』。徹底したこだわりとその魅力に迫る

ルイ・ロデレール・クリスタル

ルイ・ローデルがロシア皇帝であるアレクサンドル2世のために、特別に作ったシャンパンです。

機械で行うことが多いルミアージュという作業を、丁寧に手作業で行っており、品質にこだわり抜かれたシャンパンといえます。

グラスに注がれる黄金に輝くシャンパンは、思わずうっとりとしてしまう美しさを持っており、味わいはドライな酸味と華やかな果物味がマッチしたエレガントな印象です。

プレゼントにもおすすめの高級シャンパン

続いては特別な日にプレゼントとして贈っても喜ばれる、おすすめの高級シャンパンです。

ローラン・ペリエ・グラン・シエクル

このシャンパンは各生産者が作るシャンパンの中で、最高ランクと謳っている「プレステージシャンパン」の中でも珍しいノンヴィンテージのシャンパンです。

ノンヴィンテージとは、複数の優れたぶどうをブレンドし、複数のヴィンテージをブレンドしたシャンパンのこと。

ノンヴィンテージのグラン・シエクルはフローラルやシトラス、ブリオッシュや森の香りなど、奥深い様々な香りを堪能することができます。味わいは長い熟成期間を感じさせない、フレッシュな酸味の味わいです。

クリュッグ・グランド・キュヴェ

「シャンパンの帝王」と呼ばれるクリュッグは、愛好家の間ではあのドンペリよりも好まれて飲まれているシャンパンです。

7年間の長い熟成期間を経て出荷されるグランド・キュヴェは、濃厚でリッチな味わいが特徴です。まるではちみつやチーズのような、クリーミーさがあります。

香りはアーモンドやコーヒーのような香ばしさを持ちながら、バターや花畑も感じさせる複雑さがあるのが特徴です。

フィリポナ・クロ・デ・ゴワセ

シャンパンの中では珍しい、単一畑のぶどうから作られるシャンパンです。重労働を意味する「ゴワセ」の名前の通り、急斜面で育てられるぶどうは、全て手作業で行われています。

約9年間瓶内熟成を行ったシャンパンは、芳醇で力強さを感じる味わいです。

その希少性から「シャンパンのロマネコンティ」と呼ばれています。

たまにの贅沢に高級シャンパンはいかが

普段はなかなか気軽に飲むことができない高級シャンパンですが、記念日や特別な日などに贅沢に飲んでみるのはいかがでしょうか。

普段のシャンパンとは違う、高級シャンパンの特別な香りや味を堪能してみましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME