アロマオイルはオーガニックがおすすめ。香りを楽しむ完全ガイド

2019.05.13

アロマオイルを選ぶなら「オーガニック」はとても重要な判断基準です。この記事ではオーガニックと一般的なアロマオイルとの違いについて、説明します。おすすめのオーガニックブランドの紹介や注意点の解説もあるので、ぜひ参考にしてください。

オーガニックとアロマオイルの違い

日本で『アロマオイル』というと、次の3つの種類に分類できます。

  • アロマオイル(他の記載なし)
  • エッセンシャルオイル
  • エッセンシャルオイル(オーガニック)

日本では「香りを楽しむ」目的のオイル商品は全て『(広義の)アロマオイル』と呼ばれます。天然由来のアロマオイルの他に、希釈していたり、合成香料を使ったりといった商品も含まれます。

このうち、100%天然由来であるものを特に『エッセンシャルオイル(精油)』と呼びます。主に花や果実などの植物などから抽出された成分を使い、人工的な保存料や香料などの添加物は入っていません。

さらに、その中から有機栽培の基準を満たしたエッセンシャルオイルだけが、『オーガニックのエッセンシャルオイル』を名乗ることができます。農薬や化学肥料を使わずに栽培した植物のみを使っており、通常のエッセンシャルオイルよりも厳密な基準を通過したものになります。

世界にはフランスの『ECOCERT』やオーストラリア『ACO』といった、オーガニックの認定機関があります。日本にはアロマオイルの有機認証制度がないので、オーガニックエッセンシャルオイル(アロマオイル)を購入する時は外国の認定機関マークを確認しましょう。

オーガニックブランドを3つ厳選

上質なアロマ体験をしたいなら、選ぶブランドがとても重要です。おすすめのオーガニックブランドを3つに厳選しました。

Florihana(フロリハナ)

高品質なアロマオイルを取り扱っているフランスのオーガニックブランドです。複数の有機認証を受けており、高い安全性が保証されています。

アロマオイルの種類がとても豊富で、100種類以上から選ぶことが可能です。日本では手に入りにくいオーガニックアロマオイルが多く、色々な種類から選べます。

  • ブランド名:Florihana(フロリハナ)
  • 有機認証:「ECOCERT」「USDA」
  • 公式サイト

NAGOMI AROMA

有機JAS認証やACOを取得している、エッセンシャルオイルの専門店です。容量が5ml~100mlから選べるため、様々なニーズに対応します。

お得な料金設定が魅力で、オーガニックアロマオイル4本セットがたったの1,000円です。「オーガニックアロマオイルを手軽に試してみたい」という方に、おすすめのブランドです。

enherb(エンハーブ)

分析表の公開や徹底した品質管理など、高い安全性が魅力のブランドです。空気にふれないような工夫をしており、アロマオイルの新鮮さを保てます。

リラックスやビューティーなど、目的によってアロマオイルを分類しています。香りのイメージを記載しているので、初心者でも選びやすいのが特徴です。

  • ブランド名:enherb(エンハーブ)
  • 有機認証:「ACO」「USDA」
  • 公式サイト

飲めるはウソ?使うときの注意点

そんなオーガニックアロマオイルですが、いくらオーガニックとはいえ、正しい方法で使わないと危険です。アロマテラピーを楽しむために、知っておきたい3つのポイントを紹介しましょう。

アロマオイルは飲まない

オーガニックを含むアロマオイルには、経口毒性があるものがあります。「料理や飲料に入れると体に良い」という情報を耳にしたことがあるかもしれませんが、アロマオイルの成分をよく見ずに内服することは大変危険です。

アロマオイルの種類によっては健康を害する恐れがあり、量や種類によっては死の危険があることもあります。アロマオイルは基本的には飲んではいけませんし、自分はもちろん、子供やペットの口に入らないように適切に管理しましょう。

早めに使い切る

オーガニックのアロマオイルは、添加物が入っていません。その分劣化や酸化しやすいので、なるべく早く使い切りましょう。

開封前ならば3年、開封後は1年くらいが使用期限です。特にオレンジやライムといった柑橘系は酸化しやすいので、開封後は半年ほどで使いきるのが一つの目安です。

肌に使う時はパッチテストをする

アロマオイルはその用途として、主に香りを楽しむものです。必ずしも肌に塗布することを想定されているわけではないため、マッサージや手作り化粧品に使用する時はかならず希釈して使用してください。また、仮に塗布する場合であっても肌との相性があるので、使用する前にはパッチテストを行いましょう。

まずは、1%ほどに薄めてガーゼに含ませてください。二の腕の内側に数時間ほど貼った後は、2~3日ほど様子を見ることをおすすめします。

効果と安全性で選ぶならオーガニック

オーガニックアロマオイルのあれこれを紹介してきました。オーガニック認証だからといって「通常のアロマオイルより良い」かというと必ずしもそうではありませんが、人工的な香りが苦手な人にとっては天然成分由来のオーガニックアロマのほうが好みかもしれません。

重要なのは自分にとってどんな香りが向いているかです。オーガニックのアロマオイルで、極上のアロマテラピーをスタートしましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME