おいしいカンパリカクテルを飲もう。カンパリは家でも楽しめる大人の味

2019.05.12

赤い色のリキュールといえばカンパリ。居酒屋では、カシスと同じくらい定番のお酒です。今回はカンパリの魅力と、おいしいカクテルレシピを定番からちょっと変わった珍しいものまで詳しくご紹介していきます。

ちょっぴり苦い。カンパリってなに?

そもそもカンパリとはどんなお酒なのでしょうか?

カンパリはイタリア生まれで、ミラノでガスパーレ・カンパリが考案したものといわれています。香りは柑橘系のいい香りなのですが、味は苦みが強くまさに大人の味という言葉がぴったりのリキュールです。原材料はビター・オレンジやキャラウェー、コリアンダーなどの香草や香辛料が約60種類配合されています。

宝石のようにきれいな赤い色は、実は原料の色ではなく合成着色料の色。そしてアルコール度数はストレートだと25%程度あります。

定番のおいしいカンパリカクテル

カンパリといえばこのカクテルといえる定番のカンパリカクテルレシピをご紹介していきます。飲んだことのある方も多いのではないでしょうか。

定番のカンパリオレンジ

まずは定番、『カンパリオレンジ』のカクテルです。

材料

  • カンパリ 45ml
  • オレンジジュース 135ml

カンパリの苦みが苦手という人はオレンジジュースを多めにするといいでしょう。グラスに氷を入れてカンパリを入れたら、オレンジジュースをそそいで軽く混ぜるだけです。炭酸が苦手な人にもおすすめの定番カクテルです。

苦みが混ざり合うスプモーニ

イタリア語で泡立てるという意味のスプモーニは、グレープフルーツのさわやかな酸味と苦みがカンパリとぴったりです。さらにトニックウォーターをそそげばさまざまな柑橘系が混ざり合いさわやかさが増します。

材料

  • カンパリ 20ml
  • グレープフルーツジュース 30ml
  • トニックウォーター グラスにいっぱいになるまで

カンパリとグレープフルーツジュースを、たっぷりと氷を詰めたロングのグラスに入れて、トニックウォーターでグラスを満たせば完成です。

すっきりさわやかカンパリソーダ

カンパリの味わいをそのまま楽しむならカンパリソーダで決まりです。

材料

  • カンパリ 30ml
  • 炭酸水 90ml

分量の目安はカンパリ1に対してソーダは3を基本として、あとはお好みで調節してください。グラスに氷を入れてカンパリと炭酸水をそそいで混ぜればあっという間に完成するので、自宅でも簡単にできるお手軽カクテルといえるでしょう。

お好みでレモンやオレンジ、ライムを絞ると、味がすっきりとします。グラスのふちにひっかけて飾り立ててもおしゃれですね。

変わったカンパリカクテルもチェック

あまり見ることのないカンパリカクテルもご紹介していきます。家でも簡単に作れるものばかりなのでぜひ試してみてください。

シェイクするだけ?シェカラート

カンパリをシェイクするだけのカクテルをご存知ですか?カンパリを強めにシェイクしてグラスに注ぐだけでできてしまうカクテルをシェカラートといいます。

材料

  • カンパリ 50ml

シェイクすることでカンパリが冷えると同時に、気泡が入ることで濁ります。気泡により口当たりが柔らかくなり、カンパリをそのまま飲むよりまろやかな味わいに仕上がります。

ポイントは、短時間で飲める量を作り、素早く飲むこと。時間が経つとただのカンパリになってしまいます。

簡単に作れるカンパリビア

よく冷やしたグラスにカンパリとビールを注ぐだけのカンパリビアは、赤くておしゃれなビールとして人気を集めています。

材料

  • カンパリ 40ml
  • ビール 200ml

ロングのグラスで作るならカンパリ40mlに対して200mlくらいがおすすめです。いつも飲んでいるビールが少し物足りないと感じたら、ぜひ試してみてください。

カンパリはホットもあり?

カンパリはホットでもおいしいことを知っていますか?寒い季節にもおすすめのホットのカンパリレシピをご紹介します。

材料

  • カンパリ 40ml
  • はちみつ・レモンジュース ティースプーン1杯程度
  • お湯 お好みで

ホットのカンパリは、カンパリに、はちみつとレモンジュースをスプーン1杯ほど入れ、お湯で割ります。分量の目安はカンパリ1に対してお湯は3くらいがいいでしょう。苦みをおえたいときは、はちみつを多めに入れるとまろやかな味わいになります。

カクテルというよりはホットドリンクのような感じで、温まりたいときにおすすめです。

カンパリを家でも楽しもう

カンパリを家に常備しているという人は少ないでしょうが、実はカンパリのカクテルは家でも手軽に作れるものが多いのです。

入れて混ぜるだけのカクテルが多く、お好みで調節可能。ぜひ自分好みの味のカンパリカクテルを作ってみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME