ネクタイを結婚式で締める時は何色がベスト?おすすめの色を紹介

2019.05.11

結婚式に締めるネクタイは普段のネクタイと違って意外と悩むものです。「一体どんな色のネクタイを締めていけばいいのか?」「ネクタイは必ず白色でないといけないのか?」そんなネクタイの色選びについて、おすすめの色や、色選びで気をつけたいポイントをご紹介します。

結婚式の基本的なマナーを押さえておく

結婚式で締めるネクタイには、一般的なマナーがあることをご存知でしょうか?結婚式で身に着けるネクタイの色には、ふさわしい色と、そうでない色があります。

日本で古くから結婚式にふさわしいとされているネクタイの色は「白」と「シルバー」です。ひと昔前までは、「結婚式には無地で白のネクタイがふさわしい」というのが一般的な考え方でした。

しかし、近年では「シルバー系」や「シルバーグレー系」といった色も結婚式に締めるネクタイとして選ばれるようになっています。また、無地のネクタイだけでなく「ストライプやドット」などの柄が入っているネクタイも結婚式に締めるネクタイとして選ばれています。

ネクタイの色や柄について、「必ずそのマナーに従わなければならない」という決まりはありませんが、「白やシルバー系」の色は、結婚式の正式な色として一般的に認識されています。

大事な結婚式で、場違いなネクタイを選んでしまわないためにも、一般常識として覚えておきましょう。

 

結婚式でおすすめのネクタイの色や柄

最近は白やシルバー以外のネクタイを結婚式で締める人も増えてきており、結婚式に締めるネクタイの色は年々自由になってきているようです。

ただ、やはり結婚式のネクタイ選びでは、結婚式のマナーを念頭に置いた上で、上品な印象の色や柄を選ぶのが好ましいでしょう。

結婚式で、おすすめの清潔感のあるネクタイの色や柄は次のようなものがあります。

結婚式におすすめの色

  • 白色
  • シルバー色
  • シルバーグレー色
  • パステルカラー色

特に、パステルカラー色は清潔感があり控えめな色合いのため、無地でも華やかな印象になるのでおすすめです。

注意点として、原色に近い色のネクタイは派手に見えてしまうことがあるため避けたほうが無難です。濃い色のネクタイを選ぶ場合は、できるだけ柄が大人しいものを選ぶと良いでしょう。

結婚式におすすめの柄

  • 無地
  • ストライプ柄
  • ドット柄
  • チェック柄
  • タータン柄

特に、無地・ストライプ・ドット柄などが、清潔感がありスマートな雰囲気になります。ネクタイの柄はあまり複雑なものを選ぶと、煩い印象になってしまいますので留意が必要です。

親族側のネクタイ選び

親族の式に出席する場合、もしくはマナーを重んじる人が多く出席する結婚式においては、正式な色とされる色のネクタイを選ぶことをおすすめします。

結婚式におすすめの色

  • シルバー
  • シルバーグレイ

結婚式におすすめの柄

  • 無地
  • ストライプ

上記のような、マナーに沿ったネクタイ意外を選ぶ場合は、できるだけ派手にならないようにすることをおすすめします。

結婚式でNGなネクタイの色

結婚式は新郎新婦が式の主役です。新郎新婦と類似の格好や、新郎新婦よりも目立つ服装はNGです。これは、ネクタイについても同様で、できるだけ派手になりすぎないネクタイの色を選ぶようにしましょう。

また、それ以外にも注意すべき色や柄がありますのでご注意ください。

  • 黒:お葬式を連想するためNG
  • アニマル柄:殺生を連想するためNG

上記の色と柄については、結婚式のマナーに反しますので、くれぐれも身に着けて行くことがないようしましょう。

結婚式で締めるネクタイの色は控えめな色がベスト

結婚式で締めるネクタイのは、「上品で派手になり過ぎない」ことがポイントです。ネクタイの色や柄を選ぶ際は、スーツやシャツとの全体的なバランスを考えてコーディネイトしてみてください。

 

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME