メガネ型ルーペの魅力とは?好みのメガネで細かい文字や作業を快適に

2019.05.11

CMでも話題のメガネ型ルーペは、手元が見えにくいと感じる人におすすめのアイテムです。細かい文字が見えにくい、作業がしにくいといった場合に、両手をふさぐことなく手元を拡大できる便利なメガネ型ルーペについて、その魅力や選び方を紹介していきます。

メガネ型ルーペとは

メガネ型ルーペとは、物を拡大して見るためのルーペ(拡大鏡)を、メガネのように装着できる形状にしたものです。

細かい作業をしたり、小さなものを見たりするときにルーペを使用し、拡大して見ることがありますが、メガネ型ルーペであれば両手を使えます。

手がふさがらないため作業がしやすく、手軽に使用できると近年人気が高まっているアイテムです。

老眼鏡との違い

「物が見えにくい」と感じ、老眼鏡の代わりにメガネ型ルーペを使用する人もいますが、メガネ型ルーペと老眼鏡は用途が異なります。

ルーペは拡大鏡なので、『物を拡大して見やすくするためのレンズ』です。

これに対して老眼鏡は、『老眼によって衰えた目の機能を補助するためのレンズ』になります。目のピント調節機能を補助する役割で使用するメガネで、ずれた焦点をはっきり見るためのものです。

老眼鏡は、目の焦点をあわせて物や文字をはっきりと見やすくするものですが、小さなものは小さなままなので、見にくい場合があります。そのようなときにルーペを使用すると、はっきりと見ることができるでしょう。

こんなシーンに便利

新聞や雑誌の小さな文字が見えにくい場合や、手元で細かい作業を行う場合など、目や物を近づけなくても大きく拡大して見られるのがメガネ型ルーペの魅力です。

メガネタイプであれば両手が空くため、拡大しながら快適に作業を行えるのも便利なポイントでしょう。

ヘッドルーペや虫眼鏡などを使用しても拡大して見ることはできますが、メガネタイプであれば仰々しさがありません。視界も広いので、自然に物を見ることができます。

老眼鏡やメガネと合わせて使用することもできるので、いちいちルーペを持ったり、掛けなおしたりするわずらわしさからも解放されます。

メガネ型ルーペの選び方

手持ちの虫眼鏡やルーペと違い、手軽で便利なメガネ型ルーペは、さまざまなタイプが発売されているので、使用するシーンや頻度に合わせて選ぶとよいでしょう。

また、メガネ型ルーペを選ぶ際には、レンズの倍率や掛け心地などにも着目して選んでみましょう。

倍率の違いを比較

メガネ型ルーペを選ぶ際、まずは購入するルーペの倍率を確認することが大切です。

目とレンズの距離や、見る物とレンズがどれくらい離れているかで実際に見える大きさが変わるので、購入時には注意しましょう。

ルーペの倍率は、レンズを通して物を見たときに、物が何倍の大きさで見えるか表した数値です。

25cm離れて見たときの倍率を基本とし、2倍のレンズでは物の大きさは2倍大きく見え、4倍の場合は4倍大きく見えるということになります。

高倍率であるほど物は大きく見えますが、その分目とレンズの距離や、レンズと物の距離を近づけなくてはいけません。また、倍率の高いルーペでは、見える範囲も狭くなってしまいます。

そのような点から、高倍率であればよいというわけではなく、使用目的にあった倍率のルーペを選ぶ必要があるでしょう。

実際に掛けてみる

メガネ型ルーペを購入する際は、実際に掛けて使用感をチェックすることが重要です。掛け心地や軽さなどをチェックしたり、視野の広さを実際に掛けて確認したりするとよいでしょう。

また、視力矯正用のメガネや老眼鏡を使用している人は、メガネの上からルーペを掛けられるか確認することをおすすめします。

メガネを併用できるタイプであれば、焦点もはっきりと合い、よりクリアに物を見ることができるでしょう。

メガネ型ルーペは、ピントが合う距離が決まっているため、見たい物に合わせて、実際に見え方を確認して選びましょう。

CMでお馴染み ハズキルーペ

「ハズキルーペ、だぁい好き」のセリフが印象的なCMで話題の『ハズキルーペ』は、従来のヘッドルーペよりも軽くスタイリッシュで、視界が広いことから人気を集めています。

長時間使用しても目が疲れにくく、使用感がよいので、自分用に購入するのはもちろん、プレゼントにも最適です。

ハズキルーペは老眼鏡ではなく、物を拡大して見るためのルーペなので、家族や会社の方とシェアして使えるというのも魅力でしょう。

レンズの大きさが選べる

ハズキルーペは、レンズの大きさが3タイプから選べます。使用するシーンに合わせて選べるので、自宅用と持ち運び用でサイズ違いを購入する人も少なくありません。

ハズキルーペのレンズサイズは、レンズが大きく視野が広い『ラージ』、標準サイズの『コンパクト』、持ち歩きに便利なスリムタイプの『クール』の3種類から選べます。

自宅での作業やデスクワークで使用するならラージかコンパクト、外出先でも使えるポケットに入るサイズはクールを選ぶとよいでしょう。

ブルーライトカットのレンズもある

パソコンで作業をすることが多い人には、ブルーライトカットのレンズが最適です。ハズキルーペには通常モデルに最初から35%ブルーライトカットのレンズがついています。

高度なレンズ設計で文字の歪みが少なく、表面には硬化コーティング加工が施されている傷のつきにくいレンズです。軽くて丈夫なレンズなので、普段使いに最適です。

ハズキルーペのブルーライトカットレンズは35%カットと55%カットの2タイプがあります。

ブルーライト35%カットレンズは視界がすっきりと見やすいのが特徴で、見た目が普通のレンズと変わらないので、普段使いや外出先で使用するときにも見た目が気になりにくいところが特徴です。

55%カットするタイプは、ピンクブラウンのレンズなのでブルーライト特有の眩しさやちらつきが気になりにくい仕様です。目が疲れにくく、長時間の作業におすすめのタイプです。

ハズキルーペの魅力

ハズキルーペには、視野の広いレンズやブルーライトカット機能のほかにも、さまざまな魅力があります。

多くの人から好評を得ているハズキルーペの魅力をチェックしてみましょう。

カラーバリエーションが豊富

ハズキルーペは、ベーシックな色からおしゃれな色まで、フレームのカラーバリエーションが豊富なところが魅力です。

会社などでも使いやすい黒や白、男性に人気のチタンカラーやブラックグレー、女性におすすめなニューパープルやパールやルビー、おしゃれなブラウン・紫・赤などのラインアップがあります。

全10色のカラーバリエーションから、好みや使用するシーンに合わせたカラーを選べるところが人気の理由です。

男性に特に人気が高いのはブラックグレー、女性に人気なのがニューパープルなので、これらのカラーはプレゼントとして贈っても大変喜ばれます。

壊れにくい

ハズキルーペの魅力として、耐久性に優れているという点が挙げられます。CMでも有名な『お尻で踏んでも壊れない』という丈夫さは、他のルーペにはない魅力といえます。

コンパクトとクールサイズは100kg、ラージタイプは80kgの耐荷重があり、衝撃に強いフレームで壊れにくい仕様になっています。

掛けたり外したりを繰り返しても壊れず、顔にフィットしやすい柔らかなフレームで、安心して使用できるメガネ型ルーペです。

安心のサポート

ハズキルーペの魅力として、安心のサポート保証が挙げられます。品質に自信があるからこそできる充実の内容で、安心して購入できるのが嬉しいポイントです。

ハズキルーペは、購入から3年間は何度でも新品と交換してもらえる保証サービスがあります。また、1年以内の自損保証もあるので、万が一破損してしまった場合も安心です。

レンズに関しては購入から10年間も無償修理や交換をしてくれますし、鼻パッドは3年間交換無料という万全のサポート体制があります。

ハズキルーペ オンラインショップ | Hazuki Company株式会社

跳ね上げタイプのメガネ型ルーペ

メガネ型ルーペの中には、レンズをさっと上げ下ろしできる便利な跳ね上げタイプも販売されています。

メガネや老眼鏡との併用にも便利で、手元の細かい作業と遠くを見る場合でも、両方に対応する使いやすいメガネ型ルーペです。

何度も付け外しする手間が省ける

跳ね上げタイプのメガネ型ルーペは、レンズ部分だけを片手で簡単に上げ下げできるため、何度もルーペをつけ外しする手間が省けます。

メガネ型ルーペをつけていると、手元の作業中に遠くを見る場合、一度ルーペを外す必要がありますが、跳ね上げタイプであればわざわざ外す必要がありません。

新聞や本を読みながら時計を確認する、通常の視界を確保しつつ、手元の拡大も快適に行いたい場合におすすめです。

紫外線もカットする スマートアイ

跳ね上げタイプのメガネ型ルーペ『スマートアイ』は、紫外線を99%カットするおすすめのルーペです。値段も手頃で、手軽に跳ね上げ式のルーペを試せます。

ブルーライトも20%カットしてくれる拡大率1.6倍のレンズは、軽くて疲れにくく、歪みも少なく見やすいのが特徴です。

片手で簡単にレンズを上げ下げできるワンタッチ式なので、 さまざまなシーンで活用できる便利なメガネ型ルーペとして人気があります。

anyccs.co.jp

ユニークなメガネ型ルーペ

メガネ型ルーペには、他にもさまざまなタイプが販売されています。

老眼鏡とセットになったものや、極細フレームのおしゃれなデザインなど、より希望にマッチできるメガネ型ルーペも見ていきましょう。

老眼鏡とルーペがセットに

メガネ型ルーペは老眼鏡とは別物ですが、老眼や遠視でピントが合わない場合、ルーペと老眼鏡を併用する必要があります。

しかし、老眼鏡とルーペがセットになった便利なメガネ型ルーペであれば、これだけでピントの調節と拡大が可能です。

ブルーライトもカットできる見やすいレンズで、つまみを回すだけで遠視や老眼に対応できる手軽さも魅力です。

おしゃれなデザインのルーペ

「あからさまなルーペは見た目が気になる」「掛けるのに抵抗がある」という人におすすめなのが、おしゃれなデザインのメガネ型ルーペです。

普通のメガネのような見た目で、おしゃれな極細のフレームやウェリントンフレームなど、凝ったデザインのものが多数あります。

顔が小さく見える効果があり、若々しく見えるデザインなのでおしゃれを重視したい人におすすめです。

手放せなくなる高機能アイウェア

メガネ型ルーペは、通常のルーペとは違って、両手を使える便利な高機能アイウェアとして人気です。

雑誌や新聞を読むとき、読書をするときに文字が見づらいといった悩みや、手元で細かい作業をする人には欠かせないアイテムだといえるでしょう。ブルーライトをカットできるレンズであれば、パソコン作業も快適に行えます。

豊富なデザインや機能を兼ね備えたメガネ型ルーペが販売されているので、自分にぴったりの1本を見つけてみましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME