カフェ風のおしゃれな部屋はソファが決め手。選び方のポイント

2019.05.09

自宅のインテリアをカフェスタイルにしたいなら、ソファがポイントです。カフェソファ選びのポイントを押さえて、インテリアに合うものを選びましょう。魅力的なソファ席のあるカフェも紹介しています。カフェソファでくつろぎの一時を過ごしましょう。

ソファの魅力

ソファはカフェの座席としても人気です。くつろぎの時間にぴったりのソファには、どのような魅力があるのでしょうか?ソファがおすすめの理由について解説します。

座り心地がよくゆったりと過ごせる

長時間でも心地よく座れるというのが、ソファの1番の魅力です。一般的な椅子と比べて座面が低いソファは、リラックスして座りやすいのが特徴といえます。

広くゆったりした座面なので、姿勢を変えたり、手すりにもたれたりして座ることも可能です。そのため、長時間座っていても疲れにくく、腰やお尻が痛くなることもありません。

また、ソファがあることによって作られる、雰囲気のよさも魅力です。

自宅のインテリアにも最適

カフェの座席として人気のソファは、自宅のインテリアとして選ぶのにもぴったりです。存在感のある家具なので、部屋の印象をがらりと変えるインパクトがあります。

自宅用に選ぶなら、圧迫感のないデザインがよいでしょう。実際のサイズ感ほど大きく感じないので、抜群の座り心地でありながら、部屋を広く見せられます。

スタイリッシュなデザインを選ぶと、スマートな印象のインテリアになるでしょう。テーブルセットをソファのものにしても、部屋のイメージチェンジに最適です。

自宅用ソファの種類

座る人数や座り方によって、ソファには種類があります。代表的な3種類について解説するので、自宅のソファ選びの参考にしましょう。

一人用のシングルソファ

座面が広くゆったりとした作りの一人用『シングルソファ』は、カフェソファとして人気の種類です。ひじかけつきなので、通常の椅子と比べてリラックスした姿勢を取りやすくなっています。

他のソファよりもコンパクトなので、狭い場所に置きやすいのも魅力です。自宅の限られたスペースにも合うソファが見つかるでしょう。

必要な数だけ同じソファで揃えてもよいですし、一人ずつ好みのシングルソファを選ぶというのも、アクセントになって素敵です。

自宅用に最適 2人用ソファ

自宅用ソファとして一般的なのは、『2人用ソファ』です。ほとんどの人の場合、ソファといってイメージするのは、このタイプでしょう。

家庭用としてたくさんの種類が販売されていますので、デザインや色など種類が豊富なのも魅力です。

2人用ソファとローテーブルの組み合わせならリビング用に、少し高めのテーブルと合わせればソファダイニングとして使うこともできます。

シングルソファと合わせて配置するのもよいでしょう。

足を伸ばしてくつろげる カウチソファ

よりリラックスした姿勢で過ごしたいなら、足を伸ばして座れる『カウチソファ』を選びましょう。座面の幅が広いので、まるでベッドにいるようなくつろぎの時間を過ごせます。

オットマンを利用して足を伸ばす部分を作るタイプだと、配置によってさまざまな使い方できるというのも魅力です。

また、ソファベッドとして使えたり、収納がついていたり、便利な機能があるものが多いのも特徴といえます。

カフェ風の部屋に合うソファの選び方

自宅に合うカフェソファは、どういった基準で選ぶのがよいでしょうか?インテリアはもちろん、スペースを考慮した選び方について、ポイントを解説します。

置き場所の寸法や雰囲気を検討

リラックスできるスペース作りのために大切なのは、『スペースに合ったサイズ感のソファ』を選ぶことです。

ゆったり座るために大きなソファを選んだとしても、自宅のスペースに対して大きすぎると、窮屈に感じてしまいます。座り心地はよいはずなのに、狭さを感じてしまうのです。

狭い場所に無理に大きなソファを置こうとせず、余裕のある適切な大きさのソファを選ぶとよいでしょう。

また、雰囲気が部屋の他のインテリアと調和することも大切です。存在感の大きな家具なので、雰囲気にぴったりはまるものが見つかれば、それだけで調和したインテリアが完成します。

ソファテーブルとの組み合わせを考える

どのようなテーブルと組み合わせるかも大切なポイントです。

テーブルをあまり使わないなら、ローテーブルがよいでしょう。ちょっとしたものを置くのに便利ですし、床に座っていても使えます。

ソファダイニングにして食事をするなら、高さ60cmほどのテーブルと合わせるとぴったりです。ソファに座りながら作業をしたい、という人にも向いている高さといえます。

飲み物やテレビのリモコンだけ置ければ十分なら、サイドテーブルの利用も検討してみましょう。省スペースですむので、部屋を広く使えます。

最適なテーブルの高さを確認するには、実際に『ソファに座ったときの高さ』で測りましょう。ソファの座面は沈み込むので、寸法を見ただけでは、ぴったり合う高さが分かりにくいからです。

ソファの素材や座り心地から選ぶ

快適に過ごすなら、座り心地はとても重要です。ソファの好みは一人ずつ違います。そのため、実際に『座って確認する』のがよいでしょう。

カフェソファは全体的に少し硬めですが、柔らか目が好きなら柔らかいもので構いません。

また、カバーの素材によっても座り心地は変わります。ふわふわしているのか、つるつるしているのか、感触によって感じ方が変わるからです。

素材の特徴も考慮しましょう。ファブリックは温みがありカラーバリエーションが豊富です。本革は高級感がありますが、お手入れに手間がかかります。

合皮は汚れに強くお手入れの手間がかからないのが特徴です。

カフェソファでくつろぎの一時を

ゆっくりリラックスタイムを過ごすなら、カフェソファがぴったりです。座り心地がよく、インテリアにぴったりのものを選び、くつろぎスペースを作りましょう。

テーブルとの相性や、設置場所の広さに適しているかどうかも大切です。

カフェソファを選ぶ前に、ソファ席が魅力的なカフェに行くのもよいでしょう。実際に座ることで、自宅に欲しいカフェソファのイメージが膨らむかもしれません。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME