哲学カフェを東京で楽しむ。自分に合ったテーマで語りつくせ

2018.07.31

休憩や待ち合わせなど、さまざまな目的で利用されるカフェですが、興味のあるテーマについて、集まった人達と話し合える『哲学カフェ』をご存知でしょうか。ここでは哲学カフェの特徴と、東京で楽しめる哲学カフェについて紹介します。

哲学カフェってどんな場所?

哲学カフェとは、哲学やその他様々なテーマについて、集まった人達と話し合いながら飲み物などを楽しめる場所です。

『なんのために生きるのか』といった哲学的なテーマだけでなく、時事的な話題やアート、読書など軽めのテーマについて話し合うこともあります。

哲学的なテーマの公開討論会

哲学カフェは、1992年にフランスの哲学者『マルク・ソーテ』が友人と哲学について語り合う様子を公開したことから広まりました。

最初は一般の人々に向けた小規模な公開討論会だったのですが、参加者が次第に増え続け、規模も大きくなっていきました。そして気がつけば毎週200人以上もの人が集まる大イベントとなりました。

今では日本各地でも哲学カフェが開催され、ずいぶん身近なものになっています。

リラックスした雰囲気で話し合える

哲学といえば重い、堅苦しいというイメージがあるかもしれません。たとえもっと軽いテーマだとしても、いきなり見ず知らずの人と話をするのですから、はじめのうちは緊張しても無理はありません。

でも心配はいりません。哲学カフェは難しそうなテーマを気軽に語り合おうという場ですから、緊張せずに参加できるような工夫がされています。ドリンクやお菓子を用意し、BGMを流すなど、とてもリラックスできる雰囲気です。

ちなみに、専門的な哲学の知識なども必要ないことがほとんどで、そのテーマに興味がある方なら誰でも参加できます。

色々な形式の哲学カフェ

哲学カフェには色々な形式があります。テーマも、哲学だけでなくアートや文学作品など幅広く、開催場所や時間もさまざまです。同じカフェでも、進行役の個性によって雰囲気が変わることもあります。

1つの形式にこだわるのも良し、いろいろなタイプのカフェに参加してみるのも良し、楽しみ方は人それぞれです。哲学カフェの様々なトーク形式のうち、3つを紹介します。

ミルトーク

ミルトークでは、哲学的テーマの代わりに絵画や彫刻などのアート作品を鑑賞し、それについて感じたことや考えたことを話し合います。

『観る』とフランス語の『mille』(千の)をかけて『ミルトーク』と呼ばれています。

進行役が作品の概要や、作成された背景などを説明してくれるため、美術史や表現技法などの美術に関する知識がなくても問題なく、感じたことを自由に話し合える場となっています。

書評カフェ

こちらは本について語り合う哲学カフェです。本の内容やテーマについてだけでなく、その本から何を学ぶべきか、なぜこの本は売れたのかにまで議論の範囲が広がることもあります。

たとえば2018年の4月に名古屋市でカフェフィロが開催した書評カフェのテーマは、マガジンハウス刊行の『漫画 君たちはどう生きるか』でした。

最初に進行役が内容を紹介してくれるので、読んだ人はもちろん、まだ読んでいない人でも参加できるようになっています。

テツドク

哲学や思想の本からある一節を引用して、その内容について理解を深めようというイベントです。

ほかの参加者と対話しながら自然に哲学者の言葉に触れられるので、興味があってもなかなか踏み込めなかった哲学の世界へ一歩前進できるでしょう。

一冊の本について何回かに分けて開催されることもあります。その本を全く読んでいなくても、途中の回からでも、気軽に参加できるのが特徴です。

東京で催される哲学カフェ情報

東京で開催されている哲学カフェ情報をご紹介します。お好きなテーマのものを探して、参加してみてください。

哲学カフェの企画運営 カフェフィロ

『カフェフィロ』は、哲学カフェイベントを企画運営・支援する団体です。大阪大学臨床哲学研究室の関係者が中心となって設立されましたが、現在はサラリーマンや教員など、さまざまな職業のメンバーが参加しています。

ほかにも他団体が開催する哲学カフェに進行役を派遣したり、活動紹介や告知などの情報発信メディアを作ったり、ネットワークづくりのために研究会や勉強会を開いたりしています。

カフェフィロでは全国で哲学カフェを開催しています。東京での開催予定も公式サイトで確認できますのでチェックしてみてください。

Cafe Philo カフェフィロ

大人のための Core Talk Cafe

『Core Talk Cafe』(コアトークカフェ)は、『おとなのためのてつがくカフェ』の企画・運営をしています。日々忙しく過ごしている社会人に、哲学の場・知的な会話を楽しむ場を提供します。

2018年4月からは偶数月に開催され、参加費はワンドリンク付で1,000円、入退場は自由です。

The Official Website of Core Talk Cafe

会社帰りに 夜の対話Cafe

『夜の対話Cafe』は毎月最終水曜日の夜、『ご近所ラボ新橋』で哲学カフェを開催しています。定員はなく、予約なども不要ですので会社帰りにふらりと立ち寄れます。

参加費もドリンク・軽食付で300円とリーズナブルなので、哲学カフェの体験としてもおすすめです。

ウォーキングしながら対話する『歩き対話』や、飲食店に行って時間を気にせず対話する『食べ対話』などさまざまな形の対話イベントを開催しています。

夜の対話Cafe

哲学カフェで語り合うと自分の感性が磨かれる

東京では多くの哲学カフェが開催されています。自分に合ったテーマのカフェに参加し、語り合うことでテーマに関する知識や思想が深くなり、自身の感性が磨かれます。表現力もあわせて身に着くので、参加してみてはいかがでしょうか?

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME