バイクで雨から靴を守る方法。2つの対策とおすすめのアイテムを紹介

2019.05.06

雨の中、どうしてもバイクに乗らなくてはいけない状況になったとき、ついつい怠ってしまうのが靴を雨から守ることです。雨の中走行しても、靴や足が濡れないように保護できるアイテムがあります。二つの対策について紹介します。

バイクで雨から靴を守るには?

バイクに乗って出かけているとき、困ってしまうのが急に降りだす雨です。レインコートを持っていたとしても、手や足はびしょびしょに濡れてしまいます。

雨の中バイクに乗っているとき、靴を守る方法はないのでしょうか?雨から靴を守るために便利なアイテムを紹介していきます。

ブーツカバーをつける

雨の中走行しても、靴を濡らさずに守ることができるアイテムに『ブーツカバー』があります。靴からふくらはぎ部分までをカバーするため、雨の中で走行しても濡れる心配がありません。

ブーツカバーにはいくつかの種類があり、膝までカバーできる長いタイプもあります。防水面を重視したい場合は、そのようなタイプのものを選ぶとよいでしょう。

ライディングシューズを履く

万が一の転倒事故に備え、くるぶしやつま先部分にプロテクターが仕込まれた『ライディングシューズ』というものがあります。これは、バイクに乗るときのことを考慮して設計されている靴で、中には防水のものもあります。

スニーカーに似ているものから、ブーツタイプまで種類もさまざまです。防水タイプを使用すれば、突然の雨でも足が濡れてしまう不快感が防げます。

ブーツカバーを使う場合

雨に対応することができるブーツカバーですが、装着することでどのようなメリットがあるのでしょうか?

雨を防ぐことができる以外にも、ブーツカバーにはいくつかの便利なポイントがあります。選び方と合わせてチェックしていきましょう。

ブーツカバーのメリット

ブーツカバーのメリットの一つに『着脱ができる』という点が挙げられます。例えば、旅行に出かけている場合、防水のロングブーツを履いていくと、旅先でもその靴を履いたまま歩かなくてはいけません。

ブーツカバーであれば、雨が止んだ時や、バイクから降りて傘をさせる状態のときは、カバーを外して通常の靴で歩くことができます。

着脱のしやすさに加えて、コンパクトに収納できるのも魅力です。持っていてもかさばらないため、シーンに応じて雨をしのぐことができます。

ブーツカバーの選び方

ブーツカバーを選ぶときには、失敗しないためにもいくつかのポイントをおさえる必要があります。

一つ目は『着脱方法』です。ブーツカバーは靴の上から履くため、履き口が広いほうが着脱は簡単です。マジックテープやファスナーがついているものを選ぶと、より簡単に装着できます。

二つ目は『靴底の機能性』です。雨の日に使用するものなので、靴底に滑り止めがないと危険です。ソール部分を確認して、濡れている地面でも安全に使用できるかを確認しておきましょう。

おすすめのブーツカバー

ブーツカバーの魅力についてまとめてきましたが、中でも人気の高い商品について具体的に見ていきましょう。

コミネ(KOMINE)から発売されている『バイク用 ネオレインブーツカバー』は、防水機能に加えて操作性も高く、人気を集めています。

シフト操作をするときのことも考えて、靴との密着性を高めるマジックテープの調整機能がついているのも魅力です。

  • 商品名:コミネ(KOMINE)バイク用 ネオレインブーツカバー
  • 価格:3167円(税込)
  • Amazon:商品ページ

ライディングシューズを履く場合

ブーツカバーではなく、ライディングブーツを履くことにもメリットはあります。バイクに乗ることを考えて設計されたブーツに関して、メリットと選び方をまとめていきます。

ライディングシューズのメリット

バイクによる事故は、体がむき出しのため非常に危険です。そんな万が一の転倒事故を考慮して作られているのがライディングブーツの魅力です。

足首まで覆うハイカットで作られているこの靴は、くるぶしやかかと、つま先の部分にプロテクターが仕込まれています。そのため、足に対するケガの発生率を減らしてくれるのもメリットの一つです。

ライディングシューズの選び方

ライディングブーツには、いろいろな種類があります。通常のスニーカーのような外見のものから、堅牢なデザインのブーツまで、気に入った見た目で選ぶこともできます。

デザインから選ぶことも可能ですが、機能性を重視することもできます。自分のニーズに合わせて、豊富なラインアップの中からお気に入りの1足を見つけましょう。

おすすめのライディングシューズ

豊富なラインアップで展開されているライディングシューズですが、中でも人気を集めるのが、エルフ(ELF)の『Synthese 14』です。

このモデルは、かかとやくるぶしにプロテクターを備えていることに加え、夜道で光を反射してくれるリフレクター機能もあります。また、高い防水機能も魅力の一つです。

カラーも5色展開されているため、自分好みのデザインを選ぶことができます。

  • 商品名:エルフ(ELF) バイクシューズ Synthese 14
  • 価格:1万2978円(税込)
  • Amazon:商品ページ

雨の日は靴対策もしっかりと

バイクで出かける際、どうしても避けられないのが突然の雨です。レインコートやヘルメットで上半身を守るイメージは湧きやすいですが、ついついおろそかにしてしまいがちなのが足元です。

靴の防水対策もしっかりと行い、雨の日でも快適なツーリングを楽しみましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME