卓球のラバーの基礎知識を紹介。種類や選び方からおすすめラバーまで

2019.05.05

卓球のラバーにはさまざまな種類があり、それぞれ特徴が違います。種類や選び方を覚えれば、より自分のプレースタイルにピッタリな、使いやすいラバーを見つけられるでしょう。おすすめのラバーも紹介するので、選ぶときの参考にしてみてください。

ラバーの種類と特徴を知ろう

ラケットに貼り付けるゴム製の板である『ラバー』の種類と特徴をチェックしましょう。ラバーには種類があり、適切な種類を選べば、より理想的な自分のプレースタイルに近づけます。

オールラウンドな裏ソフト

『裏ソフト』と呼ばれるラバーは、つるつるとした表面が外側に出ている最も一般的な種類です。粒状になっている面は内側で、反発性に優れている特徴を持っています。

また、つるつるとした表面が外側に出ていることで、摩擦が大きくなり回転を強くかけられるのも裏ソフトの利点です。自分から強い回転をかけて攻撃していくスタイルや、オールラウンドなスタイルに合うでしょう。

スピンに強い表ソフト

『表ソフト』のラバーは、粒状になっている面が外側に出ているタイプのラバーです。より強い反発性を持ち、回転がかかりにくい特徴を持っています。相手の回転の影響を受けにくく、球離れが早いのでボールのスピードを追求できます。

隆起している粒の表面に加工を施したザラザラとした質感のものは、より回転の影響を受けにくいので、表ソフトで採用されている粒の形状の特徴もチェックしながら選ぶとよいでしょう。

トリックプレーに向いた粒高ラバー

表ソフトのように粒状の面が外側に出ているラバーですが、粒が高く回転に変化を与えられるのが『粒高ラバー』です。打ち方によって、無回転(ナックル)に近い打球から、相手のスピンを利用した逆回転のスピンをかけるなど、回転を巧みに操るトリックプレーに役立ちます。

自分からスピンをかけていく裏ソフトとの相性がよく、相手に回転をかけたボールでミスを誘導するなどテクニカルな勝負が楽しめるでしょう。

他にも、『アンチラバー』と呼ばれる裏ソフトの一種で、表面がよりつるつるとした加工が施されたラバーもあります。相手の攻撃の影響を受けにくく、守備に特化していると言えるでしょう。

複数のラバーの種類を自分のプレースタイルに合わせて選び、組み合わせていくのも卓球の楽しみ方です。

裏ソフトの特性を紹介

では、最も一般的な裏ソフトの特徴をチェックしてみましょう。同じ裏ソフトでも、メーカーによってそれぞれ工夫が凝らされ、より細かい分類があります。スタイルに合わせて選択しましょう。

攻撃に向いたテンション系ラバー

『テンション系ラバー』は、ボールの反発性と回転をかける力が高い高品質なラバーです。攻撃性能に特化したその高いポテンシャルを引き出すのは初心者では難しく、『中級者から上級者向けのラバー』と言えるでしょう。

裏ソフトの中でも比較的重く、反発性の高さから球離れがよいため回転を与えて打ち出すためには相当な体力・筋力・テクニックが必要です。プロ選手の多くがテンション系ラバーを採用しているのは、実力を最大限に引き出すためと言えます。

1枚が4000〜8000円前後ととても高価で、技術がないと扱えないため、初心者に適しているとは言い難いラバーです。

コントロールしやすい高弾性ラバー

『高弾性ラバー』は、コントロール性や安定性に優れているので扱いやすいラバーです。弾性はありますが、球離れはやや遅く沈み込むように包み込んでからボールを打ち返すため、打球の感覚を感じやすいという特徴も持っています。

打球感を感じながら打ち込めるので、基本的な技術をしっかりと習得するにも向いています。コスパのよい高弾性ラバーは『初心者におすすめ』のラバーと言えるでしょう。

スピン性能が高い粘着性ラバー

『粘着性ラバー』は、表面のゴムの部分に若干の粘着性をもたせることで回転をより強くかけられるラバーです。粘着性はラバーによって強弱があるため、自分のプレースタイルに合った適度な粘着力のものを選べば、より回転力を上げて相手を翻弄できるでしょう。

ただし、粘着性が強く回転を強くかけられるメリットはありますが、弾む力はそこまでないので打球感はあまり強くありません。重さもあり、打ち返すために必要な技術も求められることから中級者から上級者向けと言えるでしょう。

使いこなせるととても強い回転をかけることでき、スイングに比例した力でボールを送り出せるため、『強弱と回転を活かしたテクニカルなスタイル』におすすめです。

ラバーの選び方を知ろう

ラバーにも種類があるため、選び方を知ることはより自分の理想のプレースタイルに近づけるきっかけとなるでしょう。チェックしておきたいラバー選びのポイントを紹介するので参考にしてみてください。

スポンジの厚さが重要

ラバーはゴム製の板の形状をしていますが、ゴム状の面を支えているのはスポンジです。このスポンジの部分が厚いとより弾みやすくなりますが重量が増えます。反対に、薄いと弾みにくいですが重量が減るため扱いやすさを向上できるのです。

また、スポンジが厚いほど弾む力が強くなるため打球のスピードが出る、放物線が直線的になる特徴を持っています。

初心者は、自分のスイングで振り切れる重さを考えながらラバーを選ぶのがよいでしょう。まだ打球感などがあまり意識できないときであれば、中間の厚みの『1.5〜1.7mm』のものや、厚めの『1.7〜1.9mm』のものを選ぶのがおすすめです。

ラバーの回転性能とは?

ラバーの回転性能は、技術やフォームなどプレーヤー自身に大きく左右されるものです。回転がかけやすいラバーを使ったからといって、必ずしも効果が得られるとは言えません。

例えば、打球を力強く打ち出すスタイルの人であれば硬めのラバーでもある程度の回転をかけられます。しかし、柔らかいラバーを使うと『球が沈み込み過ぎてインパクトの強さが伝わりきらない』ので回転数も下がってしまうのです。

このことからも自分に合ったラバーを選ぶのは、回転がかかりやすい状況を作るためにも大切なことと言えるでしょう。

初心者は柔らかいものから

初心者は、まだフォームなどが安定していないことからインパクトも弱い人がほとんどです。ボールを打ち出す力が弱くても、柔らかいラバーであれば反発性で補うことができるので、より打ちやすさを求められるでしょう。

また、柔らかいラバーは回転もかけやすいため初心者に向いていると言えます。

ただし、柔らかすぎるラバーは飛びすぎてしまうケースも考えられます。慣れてきたら自分のインパクトに合わせた硬さに調節しましょう。柔らかさ、厚みに注目して選んでみてください。

ラバーの貼り方とお手入れ方法

ラバーは貼ってそのまま使い込むだけでは、長持ちせず、性能も徐々に劣化してしまいます。ラバーの貼り方とお手入れ方法も知っておきましょう。

貼るために必要な道具と手順

ラバーを貼るために必要な道具は以下の通りです。

  • ラバー
  • ラバー用接着剤
  • 接着剤を伸ばすためのスポンジ
  • はさみ

接着剤によっては、塗り伸ばすための筆がキャップに取り付けられているものもあります。その場合、スポンジは必要ありませんが、筆が取り付けられていないタイプであれば、スポンジを用意しておくとよいでしょう。

以下はラバーを貼る基本的な手順です。

  1. ラバーに接着剤をムラなく均一に塗っていく
  2. ラバーを貼り付けるラケットの面にも同様に接着剤を塗る
  3. ラバーを持ち手側から空気を入れないように貼り付ける
  4. 手のひらで全体を強く押し付ける
  5. ラケットからはみ出たラバーをはさみで切って完成

接着剤の種類によっては、接着剤を塗った後に軽く乾かす必要があります。また、ラバーを貼り付けるときにローラーを使う人もいますが、ラバーが伸びすぎてしまい本来の性能を引き出せなく恐れがあるため、手で押し付けて貼るようにしましょう。

お手入れ方法を知ろう

ラバーは、貼り付けたら使い続けて劣化したら交換が必要な消耗品です。長持ちさせて性能を保つためにもお手入れ方法もチェックしておきましょう。必要なものは『メンテナンス用の溶剤とブラシ・スポンジ』です。

表ラバーのお手入れ方法は以下の通りです。

  1. ラバーの表面に専用のメンテナンス用品を吹きかける
  2. ブラシで表面の隙間の汚れを落とすように軽くこする
  3. メンテナンス用品の水分が十分に乾いたら完了

表ラバーのお手入れに使う用品はメンテナンス用のスプレーとブラシだけです。表ラバーのメンテナンスには、スプレータイプのメンテナンスアイテムがよいでしょう。泡の状態で出てくるものでも問題ありませんが、乾くのに時間がかかります。

裏ラバーのお手入れ方法は以下の通りです。

  1. ラバーの表面に専用のメンテナンス用品を適量つける
  2. スポンジでラバーの表面を拭き取るように軽くこする
  3. ラバー表面が乾いたら完了

裏ラバーはラバー表面がとても傷みやすいため、ラバーフィルム(ラバー表面を保護する専用のフィルム)を用意しておくとよいでしょう。ラバー表面が乾けば、ラバーフィルムを貼ってケースにしまう癖をつけておくのがおすすめです。

ラバーの替え時はいつ?

ラバーは、丁寧にお手入れをしていてもいつかは劣化して張り替えの時期がきます。練習時間や使用頻度によって張り替えの時期が前後しますが、一般的に『1〜2ヵ月』が目安です。

練習量が少なければ2〜3ヵ月程度、プロでは数日で張り替えが必要になるケースもあります。サーブが切れない、ドライブがかからない、スマッシュスピードが落ちたなどの打球感に変化があれば張り替えを検討してみるのがよいでしょう。

初心者向けラバーを紹介

ここからは、ラバーやラバーフィルムのおすすめ商品を紹介します。まずは、初心者向けのラバーからチェックしてみましょう。

ヤサカ マークV

『ヤサカ』の『マークV』は、グリップ力の高いシートと高弾性のスポンジを組み合わせたバランスのよい性能が人気のラバーです。弱いインパクトでもよく弾み、やや柔らかめのスポンジは回転へのアプローチを最大限にサポートします。

コスパもよく、スピード・コントロールどちらもバランスが取れていることから、打球感を感じやすく、初心者におすすめと言えるでしょう。

  • 商品名:ヤサカ(Yasaka) 卓球ラバー マークV
  • 価格:2280円(税込)
  • Amazon:商品ページ

バタフライ フレクストラ

『バタフライ』の『フレクストラ』は、ボールコントロールをより正確にサポートする設計で、相手コートへの安定した返球のしやすく人気があります。コントロール性抜群のラバーは、耐久性にも優れ、長く愛用できるのも利点です。

練習用として、また試合での打球の安定を求める人におすすめのラバーと言えるでしょう。やや柔らかめのラバーなので、インパクトが強い人は薄めを選ぶのがおすすめです。

  • 商品名:バタフライ((Butterfly) 卓球 ラバー フレクストラ 裏ソフト 入門用 05210
  • 価格:1512円(税込)
  • Amazon:商品ページ

TSP ヴェガヨーロッパ

ソフトタイプのスポンジを採用したことによって、回転性とコントロール性を実現しているのが『TSP』の『ヴェガヨーロッパ』です。アップグレードを重ね、耐久性の向上にも成功しているため、打球感の変化が少なく練習に最適です。

試合では、回転を活かした戦いを繰り広げながらも、安定したコントロールを発揮しやすいでしょう。やや固めのスポンジを使っているため、インパクトが強めの人でも使い勝手がよいラバーです。

  • 商品名:TSP ヴェガ ヨーロッパ
  • 価格:2808円(税込)
  • Amazon:商品ページ

おすすめラバーを紹介

次は、初心者から上級者まで幅広く使えるラバーを3つ紹介します。今よりももっとステップアップしたい、自分のプレースタイルに合わせたラバーが選びたいという人はチェックしてみてください。

バタフライ テナジー05

『バタフライ』が取り扱う『テナジー05』は、回転をかける性能とスピードの両方を追い求める人にピッタリなラバーです。厚めに作られたラバーで、回転性能が高く強烈な回転数を与えます。

インパクトが弱めの人でも、回転主体のプレーに高い性能を誇るテナジー05なら、多彩な回転で多くの攻防をサポートしてくれるでしょう。

  • 商品名:TAMASU(タマス)卓球ラバー テナジー・05 05800 (278)ブラック(5)特厚
  • 価格:8249円(税込)
  • Amazon:商品ページ

バタフライ ロゼナ

『バタフライ』から販売されている『ロゼナ』は、ロゼ色に染められたスポンジにトップシートを重ねた商品で、スピードを求めながらもコントロール性をサポートします。ラケットの角度やスイング方向の誤差を補うシステムで、初心者でも扱いやすいでしょう。

前に積極的に出て攻めたい人を中心に、安定性を重視しながらもスピードが求められると注目されているラバーです。

  • 商品名:バタフライ(Butterfly) 卓球 ラバー ロゼナ 裏ソフト テンション(スピン)06020
  • 価格:3800円(税込)
  • Amazon:商品ページ

TSP オメガVプロ

『TSP』の『オメガVプロ』は、スピードをある程度補いながら回転と安定性を向上したノンスリップラバーです。エネルギーロスを徹底的に抑えることで、ボールを捉えたときに滑らず強力なスピンをボールに伝えます。

ネットを超える超飛距離ドライブ、カットを実現する安定性はプロ選手も採用するほどの高性能でまとまっていると言えるでしょう。

  • 商品名:TSP 卓球 ラバー オメガV プロ 095851
  • 価格:1980円(税込)
  • Amazon:商品ページ

ラバー保護シートを活用しよう

最後に、大切なラバーを保護するシートを二つ紹介します。使い勝手の良さと、保護力からシートは選んでみましょう。粘着性のあるものと、ラバーに吸着させてラバーを保護するタイプがあるので好みで選ぶのもおすすめです。

TSP 粘着保護シート

『TSP』の『粘着保護シート』は、5枚入りでコスパもよく、予備も用意できるので便利です。粘着力も高く、しっかりと張り付くのでズレも気にならないで使えるでしょう。

コスパにも優れているので保護シートが初めての人にもおすすめです。余分な部分があるので、カットして使いましょう。

  • 商品名:ティエスピー 粘着保護シート 44430 5枚入
  • 価格:640円(税込)
  • Amazon:商品ページ

バタフライ ラバーフィルム

『バタフライ』の『ラバーフィルム』はフィルム自体の粘着性は少なく、ラケットのお手入れをした後に吸着させる感じで貼り付けるタイプのフィルムです。粘着性がないことで、ラバー表面に粘着質が残ることなくラバー本来の性能を損ないません。

ラバーフィルムを剥がしたときの粘着性が気になる人にはピッタリのフィルムと言えるでしょう。こちらも、自分のラケットに合わせてカットして使うのが主流です。

  • 商品名:バタフライ(Butterfly)ラバーフイルムIII 75640 2枚1組
  • 価格:375円(税込)
  • Amazon:商品ページ

卓球ラバーは奥が深い

卓球のラバーはプレースタイルによっても大きく個性が出る部分です。人によって組み合わせは多種多様で、厚みも違うためさまざまな性能を楽しめる部分と言えます。

ラバーの組み合わせで卓球のプレーに幅が出せるようになるので、自分に合うものを探しながら、いろいろ試してみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME