コーヒーフィルターにはどんな違いがある?種類や特徴、味の違いなど

2019.05.03

コーヒーフィルターには、金属・ネル・ペーパーがあり、どれを使うかで風味や香りが違ってきます。各フィルターの特徴やペーパータイプの色の違いをまとめました。コーヒーの旨みをダイレクトに味わいたい人は『コーヒープレス』を使うのもおすすめです。

まずは知っておきたいフィルターの種類

どのコーヒーフィルターを選ぶかによってコーヒーの風味や香りが変わります。自宅でコーヒーをドリップする際は、豆の種類だけでなく、コーヒーフィルターにもこだわってみましょう。

最も定番のペーパーフィルター

紙製の『ペーパーフィルター』は家庭で最も多く使用されている定番のフィルターです。台形・円錐形・バスケット型などがあり、ドリッパーの形に合わせて選びます。

ペーパーフィルターは目の細かい繊維質でできているため、コーヒー豆の油分がしっかりと濾過されます。そのため、コーヒーはすっきりとしたクリアな味わいになるでしょう。

しかし、酸味の強い豆の場合、ペーパーフィルターを使うとより酸味が増す傾向があります。

濾過し終わった後は水気を切って捨てるだけなので、後片付けの手間がかからないのがメリットです。安価なものから高いものまでさまざまですが、安いものは紙の雑味が気になるという人もいます。

強い風味が特徴の金属フィルター

『金属フィルター』はコーヒー本来の風味や香りをダイレクトに味わえるのが特徴です。

ペーパーフィルターの場合、コーヒーの油分や甘みが紙に吸収されてしまいますが、目が粗めの金属フィルターはコーヒーのさまざまなエッセンスを抽出して、そのまま楽しむことができます。

深入りのコーヒー豆はインパクトが強く出過ぎる傾向があるので、どちらかと言うと繊細でほのかな味わいのコーヒーに向いているでしょう。

洗う手間がかかりますが、長い目でみれば紙よりもコスパがよく、地球環境にも優しいです。

バランス良しのネルフィルター

『ネルフィルター』は、綿製のフランネル素材で、ペーパーと金属のちょうど中間です。ペーパーよりも目が粗く、金属よりも目が細かいので、コーヒーの旨み成分をほどよく抽出できると言えるでしょう。

コーヒーの微粉はネル素材にしっかりとキャッチされるため、風味に雑味がなく、マイルドでクリアな味わいが楽しめます。

しかし、抽出には技術を要し、入れる人によって味が変わる傾向があります。繰り返し使用できるのはエコですが、使い終わったら水洗いして、さらに冷水につけ置きしなければならないので、忙しい朝には不向きかもしれません。

ペーパーフィルターは色の違いにも注目

家庭で一般的に使用される『ペーパーフィルター』は、茶色・白の2種類があります。色の違いはコーヒーの風味に影響するのでしょうか?

茶色の未漂白タイプ

茶色のフィルターは『未漂白タイプ』です。ペーパーは木が原料なので、ほのかに植物性の香りが感じられるのが特徴です。ドリップした際、コーヒーに少し香りが移るので、敏感な人は『紙くさい』と感じるかもしれません。

とはいっても、コーヒー専用にきちんと処理されているので、一般的には気にならない程度です。使用する前にフィルターにお湯を通しておけば、匂いはほとんど消えてしまいます。

白色の漂白タイプ

未漂白の素材を酸素を使って漂白したものが白色の『漂白タイプ』です。

漂白というと、体に悪いイメージを持つ人もいますが、塩素系漂白剤と異なり体に害のある成分は基本的に残留しないとされています。しかし、『漂白』が何となく気になる人は、上で紹介したように未漂白タイプを、湯通ししてから使うとよいでしょう。

漂白タイプは未漂白タイプよりも紙のにおいが少なく、雑味もほとんど感じられないのがメリットです。

未漂白と漂白、どちらがいいか

未漂白と漂白のどちらがいいかは、その人の好みによるところが大きいです。湯通ししてしまえばどちらも匂いはほとんど気にならず、漂白といっても体に大きな害を与えるわけではないからです。

価格面を見てみると、未漂白タイプのほうが若干割高になる傾向があります。紙臭さの正体であるリグニン(木質素)を水だけで除去する必要があり手間がかかるためです。

頻繁にコーヒーを飲む人でコスパ重視なら漂白タイプ、できるだけナチュラルなものを取り入れたい人は未漂白タイプを選ぶのがよいかもしれません。

フィルターの形状と大きさも覚えておこう

フィルターを買うとき、いくつかの形状・サイズがあり迷った経験はありませんか?フィルターの形状やサイズはコーヒーを淹れる『ドリッパー』に関係しています。

台形型と円錐型の2種類

ペーパーフィルターの場合、『台形型』と『円錐型』の2種類に大別され、台形型のドリッパーには台形型のフィルター、円錐型には円錐型のフィルターを使うのが基本です。

  • 台形型:ドリッパー内でお湯を対流させる・しっかりした味
  • 円錐型:斜め一直線にお湯が落ちる・すっきりとした味

ドリッパーが違うと『お湯の流れ』が変わります。『台形型』は外側に向けてゆっくり回し淹れるのがポイントで、液が溜まりながら落ちていくため、しっかりとした濃さが出ます。

『円錐型』は注がれたお湯が中心へと流される仕組みです。厚い粉の層を通り抜けていく間に油分が吸収されますが、粉の成分はしっかりと抽出されます。

101と102などサイズの違い

コーヒーフィルターにはサイズがあり、以下のような区分に分かれています。

  • 101:1~2杯用
  • 102:2~4杯用
  • 103:4~6杯用
  • 104:4~8杯用

なお、寸法はメーカーによって若干異なりますが、僅差なので大きな問題はありません。もし、大きめのサイズを買ってしまったら、折り曲げて使いましょう。

フィルター使用のドリップとコーヒープレスの違い

コーヒーの抽出法はさまざまですが、これまで紹介してきたフィルターを使用する『ドリップ』のほかに、『プレス』という方法もあります。それぞれの特徴と味わいの違いを見てみましょう。

コーヒープレスの特徴

『コーヒープレス』はフレンチプレス、プランジャーポットなどとも言われ、蓋付きのガラス製かプラスチック製の円筒状の容器に棒の付いた金属フィルターを押し沈める仕組みです。

シンプルなつくりなので初心者でも簡単に抽出できるのがメリットでしょう。また、他のコーヒーメーカーより持ち運びが楽で、抽出に他の道具を必要としません。

コーヒーフィルターよりも粗いコーヒー粉(中細挽き~粗挽き)で深炒り~中炒りが適しています。

ドリップとプレスでは味わいが異なる

ドリップとプレスは味わいが大きく異なるといわれています。

『ドリップ』はコーヒーの雑味や油分が吸収され、クリアな味わいになるのに対し、『プレス』はコーヒーオイルや微粉をすべて抽出するため、コーヒーの風味や旨みがダイレクトに感じられるのです。

ドリップは淹れる人の技術に味が左右されますが、コーヒープレスは分量・手順・時間を守れば、誰にでもおいしいコーヒーが抽出できるでしょう。

2種類の淹れ方の違い

前述した通り、ペーパータイプのドリップコーヒーは、円錐型と台形型の2種類です。ペーパーフィルター・ドリッパー・計量スプーン・細口ドリップポット・サーバーなどを用意する必要があり、淹れ方はドリッパーの形によって異なります。

台形型であれば、小さな円を描くように、数回に分けてお湯を注ぎ入れていきます。コーヒー全体から成分を均等に抽出するにはある程度のテクニックが必要と言えるでしょう。

一方で、『コーヒープレス』は、ガラスポットの中に杯数分のコーヒーを入れ、お湯を入れてしっかりと馴染ませます。蓋をかぶせて蒸らした後、つまみを押して金網フィルターを押し下げればコーヒーが抽出されます。

ハンドドリップと相対し、準備する道具が少なく、手順もシンプルです。

フィルターの特徴を理解して使い分けよう

コーヒーは奥深く、フィルターの素材・形が違うだけでも風味ががらりと変化します。未漂白・漂白に大きな差はありませんが、コーヒーへのこだわりが強くなるにつれ、自分の好みが分かってくるでしょう。

忙しい朝や来客時は、テクニックいらずで完成度の高いコーヒーが味わえる『コーヒープレス』を使ってみるのもおすすめです。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME