卓球の粒高ラバーに挑戦しよう。特徴や高性能な商品を紹介

2019.05.02

卓球では、主に木材から作られた板とゴム製のラバーを貼り合わせて、ラケットとして使用します。ラバーにはさまざまな種類があり、その中の1つが粒高ラバーです。本記事では、粒高ラバーの特徴や組み合わせ方、おすすめ商品などを紹介します。

粒高ラバーの特徴とは?

『粒高ラバー』とは、一体どのようなものなのでしょうか。粒高ラバーの特徴とお手入れ方法を紹介します。

卓球ラバーの一種

卓球のラバーには、主に次のような種類があります。

ラバーの種類 特徴
裏ソフト 表面が平らで摩擦力が大きなラバー
表ソフト 表面に細かい粒がついているラバー
粒高 表面に細長い粒が並んでいるラバー
アンチ 表面がつるつるで摩擦の少ないラバー
ラージボール ラージボール用のラバー

粒高ラバーの特徴は、打った時に相手の回転の影響をほとんど受けない点です。

また、粒高ラバーで打つと、相手の回転を逆回転にして返球できます。上回転なら下回転、左回転なら右回転に変えて返せるため、相手は非常に対応しづらくなるのです。

お手入れ方法

粒高ラバーのお手入れ方法は、表面に粒のある表ソフトラバーと同じ方法です。

初めに、スプレーやミストなどのクリーナーを表面にかけます。その後、専用のケアブラシを使って、粒の間にたまったほこりや汚れなどを取り除きましょう。

おすすめの粒高ラバー

粒高ラバーの特徴が分かったところで、おすすめの粒高ラバーを紹介します。

卓球選手も愛用 カールシリーズ

韓国ナショナルチーム所属のソ・ヒョウオン選手も愛用しているのが、カールシリーズです。1977年に発売されて以降、世界のトッププレイヤーに愛用されてきました。粒の形状により、攻撃タイプから変化タイプまで6種類のラバーが揃っています。

中でも変化度が最大なのが『カールP-1R』で、規定範囲ギリギリの形状比率で設計されているのが特徴です。極めて柔らかいゴムを採用し、粒の倒れやすさを重視しています。

  • 商品名:ヴィクタス(VICTAS) TSP 卓球 ラバー カールソフトP-1R
  • 価格:2700円(税込)
  • Amazon:商品ページ

カットマンに最適 フェイント ロング3

『フェイント ロング3』は、粒の細長さを規定範囲ギリギリに抑えながらも、適度に粒が倒れるように設計されています。粒高ラバーの特徴である切れ味を実感できるため、カットマンにおすすめのラバーです。

スポンジ厚はウスとゴクウスの2種類、カラーはブラックとレッドの2種類から選べます。

  • 商品名:バタフライ(Butterfly) 卓球 ラバー フェイント LONG3
  • 価格:2370円(税込)
  • Amazon:商品ページ

粒高ラバーの組み合わせ方の例

卓球のラケットは、表ラバーと裏ラバーの組み合わせによって、さまざまなプレーに対応できます。

では、粒高ラバーの組み合わせでどのようなプレーができるのでしょうか。組み合わせの例とプレースタイルを紹介します。

相手が対策しにくいプレーに

相手を惑わせるプレーを目指す人は、硬さがあり弾むラケットの表面に裏ソフトラバー、裏面に粒高ラバーを合わせる方法があります。硬さのあるラケットを使用すると粒高ラバーの粒が倒れやすくなるので、その特性を活かすことが可能です。

表面に回転性能に優れた裏ソフトラバーを使用することで、裏面との違いが際立ちます。表と裏で全く違った攻撃を繰り出せるので、相手が対策しにくいプレーができるのです。

扱いやすさを重視したプレーに

扱いやすさを重視したい人は、材質が硬くてあまり弾まないラケットの表面に裏ソフトラバー、裏面に粒高ラバーという組み合わせをおすすめします。

その際の粒高ラバーには、ゴクウスや超ゴクウスなどの薄めのスポンジ入りを選ぶと、粒高の性能を活かしつつ扱いやすくなるでしょう。

粒高ラバーの貼り方

粒高ラバーと言っても、実は1種類でありません。スポンジの有無によって2種類に分かれています。

スポンジ付きは安定性が高く、球をコントロールしやすいのが特徴ですが、変化度は高くありません。スポンジなしは変化度の高さが特徴ですが、初心者には少し扱いが難しく、ある程度慣れている人向けのラバーです。

スポンジ付きとスポンジなしの場合の、ラバーの貼り方を紹介します。

スポンジ付きの場合

まず、ラバーとラケットの両方に接着剤を塗り、乾かします。接着剤が乾いて透明になったら、ラバーとラケットを貼り合わせ、しっかりと接着するように押さえましょう。このとき、力を入れすぎるとラバーが伸びてしまうので注意が必要です。

しっかり接着したら余分なラバーを切り落とします。ハサミでもカッターでも良いですが、おすすめはカッターです。

カッターの刃をラケットの側面にぴったりとつけ、少しずつカットしましょう。そうすることで、ラケットからはみ出たりスポンジが見えたりせず、きれいに仕上がります。

スポンジなしの場合

スポンジなしの場合、接着剤ではなく『チャックシート』を使用します。チャックシートは、スポンジのないラバーを貼るためのアイテムです。ラケット面とラバー面が決まっているので、使用の際は注意してください。

まずチャックシートをラケットに貼り、ラケットに合わせてカットします。その後ラバーを貼り、ラケットに合わせてラバーをカットしてください。

スポンジなしの場合、ラバーがペラペラで貼りづらいです。ラバーを2つか3つに折って手前を貼り付けた後、空気が入らないようにゆっくりと貼っていきましょう。

プレースタイルに合った粒高ラバー選びを

粒高ラバーも変化度の高いタイプや安定性の高いタイプなど、種類はさまざまです。また、ラケットの表裏のラバーの組み合わせによって、いろいろなスタイルに対応できます。

自分のプレースタイルに合ったラバーを選び、卓球のスキルの上達を目指しましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME