『コーヒーウォーマー』で美味しさ長続き!オフィスで使える商品も紹介

2019.05.02

ドリップコーヒーを、いつまでも美味しく飲むためには、コーヒーウォーマーが欠かせません。コーヒーウォーマーは、保温機能が付いているため、暖かいコーヒーが長時間楽しめます。コーヒーウォーマーの基礎知識とおすすめ商品を紹介します。

コーヒーウォーマーについて知ろう

手間暇をかけてコーヒーを淹れても、時間が経つとともにコーヒーが冷めて、美味しくなくなってしまった経験がある人も多いのではないでしょうか?

コーヒーをいつまでもあたたかく、美味しい状態で楽しみたい人は、コーヒーウォーマーを活用してみましょう。

ここでは、コーヒーウォーマーとは何か、特徴についてわかりやすく解説します。

コーヒーウォーマーとは?

コーヒーウォーマーとは、その名のとおり『コーヒーを保温するための便利なアイテム』です。通常、ドリップコーヒーを淹れるときには、すぐに飲む分だけしか淹れません。たくさん作っても、コーヒーが冷めて美味しくなくなってしまうからです。

しかし、コーヒーウォーマーならば、抽出したコーヒーを、飲むための適温に保温しておけるため、一度にたくさんのコーヒーを淹れるときに役立ちます。

保温時間の目安を知ろう

コーヒーウォーマーは、種類によっても保温可能時間が異なります。電源を使って保温するタイプならば、長時間保温可能です。

コーヒーは、淹れたてが味・香りともに一番美味しく、抽出してからの時間が経つごとに、酸味が強くなって香りも抜けてしまいます。そのため、長時間の保温はコーヒーの美味しさが損なわれる原因です。

抽出してから『30分~1時間後には味が低下』するとも言われています。美味しいコーヒーを楽しむためにも、1人で使う場合には30分~1時間以内に『飲みきれる量を目安』にするとよいでしょう。

コーヒーメーカーには保温機能が付いている

一般の家庭でよく使われているガラス製のサーバーを採用した『コーヒーメーカー』には、保温機能が付いています。コーヒーメーカーは、コーヒー豆や豆を挽いた粉を使って『コーヒーを抽出する機器』のことです。大きく分けると、ドリップ式とサイフォン式の2種類に分けられます。

コーヒーメーカーを使っている人は、コーヒーウォーマーは必要ありません。

コーヒーウォーマーの種類

コーヒーウォーマーは主に下記の3種類に分けられます。

  • 電気式加熱法
  • ハロゲン付きウォーマー
  • キャンドル型

それぞれ加熱方式が大きな異なります。具体的に、どのような違いがあるのでしょうか?詳しく特徴を解説します。

電気式加熱法

電気式加熱法は、電気でコーヒーを温める『電気式コーヒーウォーマー』です。市場に出回っているコーヒーウォーマーの商品のなかでも、多くのタイプがこの電気式加熱法を用いています。

電気式加熱法は、シンプルな構造なので生産コストもかからず、リーズナブルな価格で消費者は購入できる点も人気の理由の一つです。

また、商品数が多いということもあり、さまざまなメーカーから保温だけでなく保冷機能が搭載された商品や、カップごと温められるカップウォーマーなど、バリエーション豊富な商品が展開されています。

ハロゲン付きウォーマー

ハロゲン付きウォーマーは、一般の家庭ではあまり使われていませんが、カフェやホテルなどの業務用として使われている種類です。

ハロゲン付きウォーマーは、ハロゲンでお湯を沸かし、電気式加熱によって淹れたコーヒーを温めます。そのため、電気加熱とハロゲンそれぞれが搭載された『2口以上タイプ』が多いのが特徴です。

主に業務用として使われることから、電気式のものに比べると製造数が少なく、比較的価格も高くなります。

キャンドル型

キャンドル型は、電気を使用せずに『キャンドル』で温めるタイプです。小さなキャンドルで温める商品が多く展開されています。

温度調整がしやすく電気式とくらべて、キャンドル型はキャンドル数で温度を調整するため、温度調節が難しいですが使う場所を選びません。

販売価格も電気式同様、リーズナブルな価格のものが多く見られます。

カップの保温にはカップウォーマー

カップのコーヒーを保温したいひとは、コーヒーウォーマーよりもカップウォーマーの方が向いています。また、コーヒーウォーマーよりもコンパクトなサイズのため、デスクに置いていても場所を取りません。

仕事に熱中して、コーヒーを飲むことをうっかり忘れてしまっても、カップウォーマーがあれば、温かく美味しいコーヒーが楽しめるので安心です。

ここでは、カップウォーマーについて解説します。

マグカップや紙コップを保温

カップウォーマーは、販売メーカーや種類がさまざまです。搭載されている機能は、商品によっても違います。最近のカップウォーマーの商品は、マグカップだけでなく、コンビニやカフェでテイクアウトした紙コップのコーヒーも保温可能な商品も多くみられます。

ただし、プラスチック製のカップは保温できません。また、購入前に対応カップの種類のチェックも行いましょう。

USBタイプのものが多い

コンパクトなサイズが特徴のカップウォーマーは、デスクなどにおいて使用するシーンが多く見られます。そのため、コンセントではなく『PCにUSBを繋げて電源を取る』USBタイプの商品が圧倒的数を誇ります。

オフィスでのコーヒーウォーマーとして最適なアイテムです。

コースター型など形状はさまざま

カップウォーマーのデザインは『コースター型』『カップ型』『巻き付け型』など、さまざまな種類があります。

コースター型は、グラスやカップを置くコースターのデザインです。薄型で、場所を取らないこと、対応カップが幅広いことなどが特長でしょう。

カップ型は、見た目がカップのようなデザインで、紙カップや缶コーヒーなどを容器のまま入れて温められます。底面が保温プレートです。

巾着タイプやベルトタイプなどの巻き付け型は、ペットボトルのコーヒーを保温するのに最適です。自動販売機やコンビニなどで購入したペットボトルに巻き付けてUSBをPCに差し込むだけ保温できます。

おすすめコーヒーウォーマーを紹介

コーヒーウォーマーには、いろいろな種類があることについて解説してきましたが、メーカーや商品によっても、保温機能が多少異なります。

コーヒーウォーマーの購入を検討している人は、保温機能に優れた商品を選びましょう。

ここでは、たくさんの商品のなかから、おすすめのコーヒーウォーマーを3商品紹介します。

カリタ シングルウォーマー DX-1

カリタの『シングルウォーマー DX-1』は、保温する温度がHighとLowに切り替えられる機能が搭載された電気式コーヒーウォーマーです。スタイリッシュなシルバーの色合いは、どんなインテリアにもマッチします。

ウォーマープレート部分には、万が一、コーヒーがこぼれても焦げつきにくいテフロン仕上げなのでお手入れも簡単です。大きさは、幅200cm×奥行210cm×高さ58mmです。

  • 商品名:カリタ シングルウォーマー DX-1
  • 価格:8030円(税込)
  • Amazon:商品ページ

カリタ コーヒーウォーマー 2連ウォーマー

カリタの『コーヒーウォーマー 2連ウォーマー』は、保温部分が2口ある電気式コーヒーウォーマーです。1.8Lのデカンタを2個同時に保温可能なので、自宅で家族や自分用として使用するよりも、オフィスや店舗など大人数でコーヒーを飲むシーンに適しています。

大きさは、幅380cm×奥行210cm×高さ85mmです。

  • 商品名:カリタ コーヒーウォーマー 2連ウォーマー
  • 価格:1万2044円(税込)
  • Amazon:商品ページ

BONMAC コーヒーウォーマー BMW-1A

BONMACの『コーヒーウォーマー BMW-1A』は、黒1色というシンプルなデザインが人気の電気式コーヒーウォーマーです。

保温する温度は1種類、ONとOFFのスイッチのみということもあり、リーズナブルな価格で購入できる商品を探している人に向いています。

大きさは、幅170cm×奥行190cm×高さ50mmとコンパクトサイズなので、ダイニングテーブルやキッチンなどにおいても邪魔になりません。

  • 商品名:BONMAC コーヒーウォーマー BMW-1A
  • 価格:3150円(税込)
  • Amazon:商品ページ

カップウォーマーを一部紹介

オフィスのデスクでも、コーヒーウォーマーとして大活躍するカップウォーマーは、商品の種類が豊富にあります。どれを選べばよいのかわからずに悩んでしまうこともあるのではないでしょうか?

ここでは、たくさんのカップウォーマーの商品から一部を紹介します。

iThird カップウォーマー

『iThird カップウォーマー』は、加熱、保温機能の便利な二つの機能が搭載されたコースター型電気式カップウォーマーです。タッチ式のスイッチをタッチするだけで、ON・OFF、加温、保温の操作が可能です。

冷めてしまったコーヒーには、スイッチをタッチしてレッドライトをONにすれば加温が開始されます。そして、加温後は、スイッチを再びタッチしてブルーライトにすることで適温をキープしてくれる便利なカップウォーマーです。

陶器製、ガラス製、ステンレス製のカップに対応しています。本体には、耐熱性があるガラス製のプレートとアルミ製のフレームを使用しており、お手入れも簡単です。

また、コースター底裏には、滑り止めパッドが付いているため、しっかりとデスク上に固定できます。大きさは、直径120×高さ17.8cmです。

  • 商品名:iThird カップウォーマー
  • 価格:2680円(税込)
  • Amazon:商品ページ

HOTTOP WARMER

『HOTTOP WARMER』は、マグカップだけでなくコーヒーポットやカフェオレボウルなども保温可能な電気式カップウォーマーです。約60度をキープして、いつでも温かくて美味しいコーヒーが楽しめます。

身体に有害な電磁波の心配もないので、安心して毎日使えるのも魅力です。また、時間は1時間ほどかかりますが、HOTTOPの上にマグカップやポットを置くだけで冷たいコーヒーも温められます。

1時間の使用で掛かる電気代は約0.6円と省エネなので、自分用、プレゼントとしても人気です。

  • 商品名:HOTTOP WARMER
  • 価格:4450円(税込)
  • Amazon:商品ページ

コーヒーウォーマーでいつでも美味しく

コーヒーウォーマーには、コーヒーサーバーを温められるものからカップやペットボトルなど1人用のものまで種類が豊富にあります。そのため、利用シーンに合わせて選べる点も特徴です。

自分に合ったコーヒーウォーマーを見つけて、コーヒーをいつでも美味しく飲みましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME