コーヒーの種類は何がある?特徴を知り、味の違いを楽しもう

2019.04.28

世界中で愛飲されているコーヒーは、1つの原料からバラエティ豊かな味や香りを引き出せる、奥深い飲み物です。そんなコーヒーの特徴、豆の銘柄や抽出方法などによる味や香りの違いを知り、もっとコーヒーを楽しんでみましょう。

まずは知っておきたいコーヒーの基本

コーヒーとはどんな飲み物なのか、まずは原料や抽出方法などの基本情報を知っておきましょう。

コーヒーは豆や作り方で味が異なる

コーヒーの原料は、『コーヒーノキ』という木から採れる『コーヒーチェリー』の種の部分です。この種が、コーヒー豆の元となります。

すべてのコーヒーの原料になるコーヒー豆は、品種の違いのほか、収穫される場所によっても味が異なります。収穫されたままの状態の生豆を焙煎して加熱加工することにより、風味が変化します。

品種と産地、焙煎方法の違いに加え、コーヒー豆の挽き方や抽出方法によっても、味の違いを付けられます。

同じ原料でも多彩な味が楽しめるのが、コーヒーの魅力と言えるでしょう。

コーヒーは主に2種類ある

主なコーヒーは、2種類あります。

1つは、フィルターをセットしたドリッパーにコーヒー豆を挽いたコーヒー粉を入れてお湯を注ぐ、『ドリップコーヒー』です。豆の挽き方やお湯を注ぐ量、スピードなどにより、風味に変化を付けられます。

そしてもう1つが、ドリップコーヒーに使用する豆よりさらに細かく挽いた豆を専用マシンで抽出する、『エスプレッソコーヒー』です。短時間で高圧力をかけて抽出するため、雑味を出さずに濃厚でコーヒーの旨味やコクを引き出せます。

カフェや喫茶店では、これら2種類をベースとしてアレンジされたメニューが、多数揃っています。

以下で、それぞれの種類のコーヒーについて詳しく解説します。

透過式抽出のドリップコーヒー

ドリップコーヒーは、『透過式抽出』という方法でコーヒーフィルターを載せたドリッパーを使って抽出します。抽出に必要なツールが比較的安価なので、家庭でも手軽にできる方法です。

ブレンドとストレートの違い

ドリップコーヒーでよく聞かれるのが、『ブレンドコーヒー』です。市販のコーヒー粉として販売されることも多いものですが、これは複数の種類の豆を使ったコーヒーを指します。

豆の配合により、使用する豆の特徴を活かしながら独自の味を作り出すことができるのが、ブレンドコーヒーの魅力です。喫茶店などであれば各店舗で配合されたブレンドとなることが多いので、お店独自の味を楽しめます。

ブレンドコーヒーに対するものとして、『ストレートコーヒー』があります。これは1種類の豆のみで淹れたコーヒーのことで、キリマンジャロやブルーマウンテンなど、よく知られた品種の豆で淹れることが多いタイプです。

1種類の豆しか使用していないストレートコーヒーは、その品種が持つ本来の香りや風味を味わえます。特定の銘柄の豆の味を存分に楽しみたいときに、おすすめのタイプです。

浅煎り豆をドリップ アメリカンコーヒー

薄いコーヒーと言うイメージが強いアメリカンコーヒーは、レギュラーコーヒーを薄めたもの、と思っている人もいるでしょう。しかし、これもドリップコーヒーの一種です。

アメリカンコーヒーの薄めの味はドリップコーヒーを薄めたのではなく、浅煎りの豆を多めのお湯でドリップすることにより生まれます。

そのため、濃度が薄めでブレンドコーヒーよりも味が薄く感じ、コーヒー独特の苦味が少なく酸味が強めのさっぱりとした味という特徴があります。コーヒー独特の苦味が苦手という人にとっては、飲みやすいコーヒーでしょう。

ミルクを合わせたカフェオレ

カフェオレは、ドリップコーヒーに同じ量のミルク(牛乳)を入れたものです。コクと苦味にミルクのまろやかさが加わり、飲みやすくなります。わずかに苦味が残るものの、酸味が抑えられるのでコーヒーが飲めない人にも好まれます。

なお、カフェオレと似た飲み物に『コーヒー牛乳』がありますが、これはカフェオレとは反対に、ミルク(牛乳)にコーヒーを加えたものなので、あくまでもミルクがメインでコーヒーの比率が少ないのが違いです。

圧力方式のエスプレッソ

もう1つのコーヒーの種類であるエスプレッソは、ドリップで抽出するドリップコーヒーとは異なり、豆に高温高圧をかけて短時間で抽出するコーヒーです。

濃厚な味わいでミルクとの相性も抜群

高い圧力をかけて短時間で抽出するエスプレッソは、同じ量の豆を使ってもドリップコーヒーより量が少なくなります。その代わり、一気に抽出することにより旨味を引き出せるので、コーヒーが持つ旨味やコク、苦味が感じられる濃厚な味わいが魅力です。

濃く強い味のエスプレッソはミルクとの相性が良く、以下のようなミルクを加えたドリンクも広く知られています。

ミルクを入れたカフェラテ

ミルクをエスプレッソに合わせた『カフェラテ』は、カフェなどでも一般的なメニューの1つになっています。作り方はカフェオレと似ていますが、濃い味わいのエスプレッソがベースなので、カフェオレより深いコクがあるのが特徴です。

泡の比率が多いカプチーノ

カフェラテ同様、カプチーノもエスプレッソにミルクを合わせたメニューです。

カフェラテとの違いは、泡立てたミルクを加えているという点です。泡の比率が多いことに加えてミルクの量もカフェラテより多めなので、カフェラテよりもまろやかな味です。

コーヒー豆の種類

世界にあるさまざまなコーヒー豆の品種は、大きく3種類に分けられます。以下で紹介する3種類は『コーヒーの3大原種』と呼ばれている、すべてのコーヒー豆のルーツといえる品種です。

世界中で飲まれる定番品種 アラビカ種

アフリカ・エチオピア原産の『アラビカ種』は、世界中で生産されているコーヒーの7~8割を占める重要な品種で、200種類以上ものコーヒー豆の元となっているコーヒー豆の定番品種です。

フローラルな甘い香りが特徴で、レギュラーコーヒーとしても多く使用されています。

産地により味や香りに個性が出やすい一方、霧や乾燥などの環境の変化や災害、病害虫に弱く、栽培が難しいというデメリットがあります。

アラビカ種から派生した品種は、コーヒー生産で知られる南米で栽培されているものが多く、南米のコーヒーの原型とされる『ブルボン種』もその1つです。

ブルボン種から品種改良された複数の品種のほか、『マラゴジッペ種』や『ケント種』も、アラビカ種から派生した品種です。

そのほかにも、ブルボン種の改良品種である『ムンドノーボ種』、突然変異で生まれた『カツーラ種』など、多数の品種がアラビカ種に属しています。

安価で苦味が特徴 ロブスタ種

『ロブスタ種』は、別名『カネフォラ種』と呼ばれることもある、西アフリカ原産の品種です。アフリカやインドネシア、トリニダード・トバゴといった国々で生産されており、アラビカ種に次ぐ生産量です。

比較的低地で栽培されているロブスタ種は、アラビカ種とは異なり病害虫に強い品種です。栽培しやすいことから収穫しやすく、安価で抽出できる液体量も多いことから、缶コーヒーやインスタントコーヒーによく用いられています。

アラビカ種の約2倍のカフェインを含むロブスタ種の味の特徴は、酸味が少ないこと、そして独特の香ばしい香りと強い苦味です。

ストレートで飲むと特有の泥臭いような苦味を感じやすいので、ブレンドコーヒーで独特の風味を和らげて飲むのに適しています。

流通が少ない リベリカ種

3つ目の品種は、西アフリカのリベリア原産の『リベリカ種』です。コーヒー全体の3%ほどしか生産されておらず、流通量が少ないため『幻のコーヒー』と称されることもあります。

低地で栽培しやすく、環境への適応力が強い品種であるものの、果実が熟すまでの時間が長いこと、大木なので収穫が大変な点が、収穫量が少ない原因と言われています。

収穫量の少なさに加えてアラビカ種より味や品質が劣ることもあり、生産地は原産地のリベリアのほか、コートジボワールやインドネシア、最近ではベトナムやフィリピンなどのごく一部に限られています。

一般に販売されるコーヒーとして出回ることはほとんどなく、栽培されている地域で消費されたり、研究用として使われたりすることが多い品種です。

世界のコーヒー豆の生産地

世界中の数多くの国で、コーヒーが栽培されています。しかし、日本ではほとんど栽培が行われておらず、大半を輸入に頼っています。

なぜ日本でコーヒーの栽培が行われていないか、その理由としてコーヒーの生産地帯が挙げられます。

コーヒーの生産地帯 コーヒーベルト

コーヒー生産国は、世界中で約60カ国あると言われていますが、すべての生産国が、赤道を中心として北回帰線と南回帰線に挟まれたエリアに位置しています。このエリアが、『コーヒーベルト』です。

日本国内にも、この地帯が沖縄などの限られた場所に存在しているそうですが、基本的に、コーヒーベルトの外でコーヒー栽培はできません。

質の良いコーヒー豆を栽培するには、以下のような条件が必要だからです。

  • 年間1500~2000㎜の降雨量
  • 肥沃で水はけの良い土壌
  • 平均気温15~20℃
  • 適度な日当たりの良さ

コーヒーベルトの中でこれらの条件を満たした場所であっても、病害虫や自然災害などから守りながらのコーヒー豆栽培は、決して簡単ではないといわれています。

 世界の国の主な生産量

約60カ国あるコーヒー生産国の中で最も生産量が多いのは、コーヒーの産地として知られるブラジルです。世界のコーヒー生産量の約3割を占めるほどで、日本へ輸入されるコーヒーの生産国としてもトップです。

ブラジルに次ぐコーヒー生産量の多い国は、ベトナムです。次いでコロンビア、インドネシア、エチオピアと続きます。南米だけではなく、近年はアジアの国々もコーヒーの生産量が右肩上がりで増えています。

コーヒー豆ブランドで人気の名前

コーヒー豆には、先述の品種のほかに産地による銘柄も存在します。以下では、代表的なコーヒー豆の銘柄を紹介します。

口当たりの良さが特徴 ブルーマウンテン

最高級コーヒーとして知名度が高い『ブルーマウンテン』は、ジャマイカにある山の名前からその名が取られています。ブルーマウンテンの標高800~1200mの限られたエリアで栽培されたもののみに、ブランド名が付けられています。

クセが少なく口当たりとのど越しの良さ、そして香りや苦味、甘みや酸味というコーヒーの要素すべてが調和した、『コーヒーの王様』と称されるに値する味わいです。

強い酸味が人気 ハワイコナ

『ハワイコナ』は、アメリカ・ハワイ島のコナ地区のみで栽培されている銘柄です。ハワイ州による厳しい品質管理のもと、人の手によって丁寧に収穫しています。

生産量はコーヒー全体の1%程度という希少なコーヒーで、強い酸味が特徴です。コクが深いながら後味がスッキリとした、苦味の少ない味は上品で、ホワイトハウスでも提供されているほどです。

甘いコクと上品な香り キリマンジャロ

アフリカ・タンザニア北東部にあるアフリカ最高峰の山・キリマンジャロの麓で栽培されている銘柄です。標高1500~2500mという高地で栽培されており、標高が高くなるほど品質が良く、香り高いと言われています。

甘く上品な香りと強い酸味、深いコクが特徴で、これらのバランスが取れた飲みやすいコーヒーです。同じ豆でも、焙煎方法によってさまざまな味を楽しめるのも特徴です。

マイルドコーヒーの代名詞 コロンビア

その名称から分かるように、南米・コロンビア産の銘柄です。

コロンビアは豆の大きさにより、大きいものが『スプレモ』、小さいものが『エキセルソ』と分けられ、大きいものほど高級、エキセルソ以下は輸出されずにコロンビア国内でのみ流通されます。

まろやかな苦味と酸味、フルーティな味わいと甘い香りが特徴的で、飲みやすいマイルドな味わいのコーヒーです。苦味や酸味が突出しないマイルドさから、コロンビアはブレンドコーヒーのベースとして使用されることが多い銘柄です。

その他、特徴的なコーヒー豆

ここまで紹介した代表的な銘柄のほかにも、世界最古のコーヒーや高級品種など、多種多様なコーヒー豆があります。

世界最古のコーヒーブランド モカ

世界で最も古いコーヒーとして知られるエチオピア原産の『モカ』は、アラビアの商人によって世界に広められました。

その拠点となっていたアラビア半島の国・イエメンの紅海に面した『モカ』は、世界中にコーヒーを出荷した港町で、この銘柄の名前の由来になりました。

モカはエチオピアとイエメンで栽培が行われていますが、産地によりエチオピア産が『モカ・ハラー』または『モカ・シダモ』、イエメン産が『モカマタリ』という銘柄に分かれています。

フルーティな香りと独特の酸味に甘みやコクが感じられる味わいは、日本でも高い人気があります。

インドネシアの高級銘柄 マンデリン

『マンデリン』は、インドネシア・スマトラ島の一部で生産されている銘柄です。インドネシアで栽培されている主なコーヒー豆はロブスタ種ですが、マンデリンはアラビカ種の一種です。

生産量が少ないため希少性が高く、かつ品質が良いことから、高級コーヒーの1つに数えられています。

マンデリンは、ごく一部のエリアと高原地帯で栽培される『スーパーグレード』、一般的な『スタンダードグレード』の2種類の等級があります。スタンダードグレードではさらに、欠点豆の数によりG1~G5まで5段階の格付けが行われています。

コク深い味わいと苦味のバランスが良い味わいで、少なめの酸味と独特の味わいが特徴です。ブレンドコーヒーやカフェオレにも適した銘柄です。

世界で最も高価なコーヒー コピルアク

マンデリンと同じインドネシア産のコーヒー『コピルアク』は、他のコーヒーとはまったく違う方法で収穫される、世界一高価なコーヒーとして有名な銘柄です。

コピルアクは、ジャワ島やバリ島、スマトラ島などで生産されています。原料となるのは、野生のジャコウネコが排泄した糞です。

ジャコウネコは、コーヒー農園で栽培されている完熟したコーヒーチェリーを餌にしており、その糞からは消化されずに残った状態の種が残ります。コピルアクは、この未消化の種を取り出して丁寧に洗浄し、乾燥・焙煎してできるコーヒーなのです。

ジャコウネコの腸内で発酵された種からできたコーヒーは独特の香りを持ち、苦味や酸味が控えめのさっぱりとした味わいです。

このようなユニークな採取方法から、コピルアクは産出量が少ないために希少価値が高く、高値で取り引きされるコーヒーとなっています。

さまざまなコーヒーの違いを楽しもう

世界中には多数の銘柄のコーヒーがあり、それぞれに独特の香りや風味があります。同じ豆でも、淹れ方によって味わいが変わるのも、コーヒーの魅力です。

たくさんの銘柄を試して、多彩なコーヒーの味を楽しんでみましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME