バイク免許の取得は最短何日?通学と合宿の期間の違いも徹底比較

2019.04.28

颯爽とバイクに乗ってツーリングやタンデムを楽しむ、そのような希望を持っている人もいるでしょう。一口にバイクの免許と言っても、実はその種類はたくさんあります。そこで、その種別をみながら免許取得に必要な日数について見てみましょう。

バイク免許の基本、種類と取得可能年齢

バイクには、さまざまな種類があります。小さいものからとても大きなサイズまで、いろいろな形のものを目にすることでしょう。

バイクは、排気量といってエンジンの大きさで分類されます。そして、バイクの免許も、排気量ごとに何種類かに分けられているのです。

また、それぞれの区分によって取得できる年齢も異なります。まずは、その違いについて説明します。

原付免許

『原付免許』は学生をはじめ、女性や高齢者にとっても、生活の足として活躍する免許で、二輪免許の入口とも言える免許です。

『原チャリ』と称される排気量50ccのバイクを運転できる免許で、正式には『原動機付自転車』とあらわします。

16才で受験でき、手軽に取得できるので、多くの人が所持するものです。年齢さえ基準に達していれば、身分は問いません。そのため、高校生でも試験にさえ合格すれば取得が可能です。

小型限定普通自動二輪車免許

『小型限定普通自動車二輪車免許』は、排気量125cc以下の小型バイクが運転できる免許です。略称で『小型自動二輪免許』と言い、ここからATとMTに免許が分かれます。

排気量50ccの原付バイクは、30km/hの速度制限や、2段階右折など、道路交通法上の規制があります。しかし、小型自動二輪ではこのような制限がないので、人気のある免許です。

小型自動二輪免許も、原付免許同様16才から取得できます。

普通自動二輪車免許

排気量400cc以下のバイクを運転するには『普通自動二輪車免許』が必要です。この免許も、AT限定とMTの2種類に分かれています。

近年、若者を中心に人気が上昇したビッグスクーターなどが運転できます。そのため、免許としての人気も高まりました。

こちらも、原付・小型自動二輪と同じく、取得可能な年齢は16才の誕生日からになります。そしてこれも同様に、身分による制限などもありません。

大型自動二輪車免許

『大型自動二輪車免許』は、排気量の大きさに関係なく、あらゆるバイクを運転できる免許です。ライダーにとって、憧れの免許だと言えます。

かつては、指定教習所の卒業をもっての実技試験免除がありませんでした。しかし、法改正で指定教習所の卒業による免除規定が盛り込まれ、大型免許取得のハードルが下がったのです。

また、2005年より、排気量650cc以下のバイクが運転できるAT限定免許も登場します。このことで、大型バイクがより身近なものになりました。

大型二輪車免許のみ、取得できる年齢が他の二輪免許と異なり、18才以上でなければ取得できません。かつては16才以上で取得できましたが、現在は18才未満の取得はできません。

バイク免許は最短何日で取得できる?

排気量別によるバイク免許の種類と、それぞれの取得可能年齢について説明しました。そして、免許の種類ごとに、受けるべき試験も違ってくるのです。

教習所で免許取得を目指す場合、どの種類の免許を取ろうとするかで、必要な教習内容も変わります。そこで、免許取得までの最短日数を、それぞれの区分で見てみましょう。

原付免許の最短期間

原付免許では、技能教習を受ける必要がありません。試験内容は学科試験と適性検査のみで、教習所に通わずに取得できます。

そして、この試験に合格すれば、原付免許が即日交付されます。つまり、1日で免許を取得できるのです。

ただし、学科試験に合格した後に、3時間の原付教習を受けることが義務付けられています。そのため、1日で免許の交付を受けたい人は、時間に余裕を持って試験に臨みましょう。

小型限定の最短期間

小型二輪から、免許取得には技能教習と学科教習のそれぞれが求められます。必要な教習時間は以下の通りです。

MTでは、免許のない人または原付免許のみ所持の場合、技能12時間・学科26時間です。ATでは、免許のない人または原付免許のみ所持の場合、技能9時間・学科26時間となります。

この、必要な教習時間を確実にこなしていけば、小型二輪免許取得の最短期間は6日程度です。

普通二輪の最短期間

普通二輪免許の取得にあたっては、求められる教習時間がさらに細かく分かれます。参考に、原付や小型二輪の所持者に必要な教習時間についても、表にして説明します。

所持免許 技能教習時間(日数) 学科教習時間
MT なし・原付 19(10日) 26
小型MT 5(3日) 0
小型AT 8(4日) 0
AT なし・原付 15(8日) 26
小型MT 3(2日) 0
小型AT 5(6日) 0

上の表で分かる通り、免許なしまたは原付免許のみの人では、MTで19日・ATで15日は必要になります。小型MT所持者では、最短2日で取得可能です。

大型二輪の最短期間

次に、大型二輪免許取得の日数を説明します。こちらも、原付や小型二輪の所持者に必要な教習時間についても合わせて、表にまとめました。

所持免許 技能教習時間(日数) 学科教習時間
MT なし・原付 36(18日) 26
小型MT 20 (10日) 0
小型AT 24 (12日) 0
普通二輪(MT) 12 (6日) 0
普通二輪(AT) 16 (8日) 0
AT なし・原付 29 (15日) 26
小型MT 17 (9日) 0
小型AT 18 (9日) 0
普通二輪(MT) 9 (5日) 0
普通二輪(AT) 10 (5日) 0

この表に見られる通り、所持免許なしまたは原付のみの人だと、MT取得には18日を要します。普通二輪免許を所持していれば、最短5日で取得可能です。

普通自動車免許があればもっと早く取得可能

普通自動車の免許を所持している人が、二輪の免許を目指すことがあります。その時、どの種類の二輪免許であっても、免許なしや原付免許のみの人と比べて、早く免許を取得できます。

学科教習が免除される

普通自動車免許を所持していると、それぞれの区分の二輪免許教習において、学科教習が一部免除されます。そのため、取得日数が短縮されるのです。

小型二輪以上の免許では、必須となる学科教習は26時間です。これにたいして、普通自動車免許を所持していると、25時間の免除で、1時間のみの学科教習にまで短縮されます。

そのため、普通自動二輪では1日程度早く取得できます。また、大型二輪のATでは、2~3日程度短い期間で、取得できるでしょう。

原付なら普通自動車免許で乗ることができる

生活の足として最も活用されている二輪免許が、原付免許でしょう。この原付免許は、普通自動車免許を所持していることで、自動的に与えられています。

つまり、普通自動車免許を持っていれば、原付バイクを運転できるのです。わざわざ原付免許を取る必要はありません。

通いより合宿免許のほうがメリットは大きい?

小型二輪以上の二輪免許を取得するには、ほとんどの人が教習所に通うことになります。そして、教習所を選ぶときに、『通学免許』と『合宿免許』のどちらかになるでしょう。

各地の教習所に自宅から通うものが通学で、日常生活から離れて多くの教習生と一緒に教習を受けるものが合宿です。通いと合宿には、それぞれメリット・デメリットがあります。

二輪の免許を目指す場合、通いと合宿のどちらが有利なのでしょうか。費用や日数などについて解説します。

卒業までの期間が短く、料金も安い

費用をかけずに、かつ短い期間で二輪免許を取得したいなら、合宿免許がおすすめです。効率的に組み立てられた教習プランで、確実に免許取得を目指せるでしょう。

通いでは、技能教習の予約を取らなければなりません。しかし、自分の空いている時間に確実に予約が取れるかどうかは分かりません。なかなか予約が取れないこともあるのです。

一方で合宿免許なら、あらかじめ教習内容がしっかりと組み立てられています。毎日教習を受けられるので、日数的にも予算的にも大きなメリットがあるのです。

普通自動車免許がある場合はどっちがお得?

小型以上のバイク免許取得において、普通自動車免許があると、大幅に学科教習が免除されることは説明した通りです。つまり、技能教習がメインになるということです。

それならば、通いと合宿のどちらで免許を取ることがお得かと考えると、やはり合宿免許が有利でしょう。毎日の技能教習で、確実に免許取得に進んでいけます。

教習所に行きたいと思う時間帯や曜日と言うものは、たいてい他の教習生も同じように考えています。ですので、どうしても予約が重なることがあるのです。

その点、合宿ならば、そのような心配はありません。教習生のために、しっかりと教習プランが立てられているからです。

バイク免許取得におすすめの教習所

一方、仕事や学業と両立しながら、自分のペースで免許の取得を目指したい場合は、通いで取得するのがおすすめです。

自動車教習所の中には、バイク免許の教習を行っていない場所もあります。また、二輪免許教習をしていても、大型は扱っていないという教習所もあります。

そこで、希望する二輪免許の教習を確実に受けられる、東京・大阪それぞれのおすすめ教習所を紹介します。

東京 日の丸自動車学校

学校や職場からの通いやすさを考えるなら、『日の丸自動車学校』がおすすめです。目黒・恵比寿それぞれの駅から徒歩圏内にあり、最高のアクセス環境を持つ教習所です。

二輪専用の教習コースを備えているので、初心者でもムリなく安心して教習を受けられるでしょう。また、最新のシミュレーターもあり、質の高い環境が整備されています。

  • 教習所名:日の丸自動車学校
  • 住所:東京都目黒区三田1-6-27
  • 電話:0120-333-661
  • 公式HP

大阪 八戸ノ里ドライビングスクール

確実に最短日数での取得を目指すなら、『八戸ノ里ドライビングスクール』はいがかでしょうか。丁寧で親切なインストラクターの質の高さに定評がある教習所です。

AT小型二輪ならば、たった2日で卒業できるコースもあります。限られた日数でライダーを目指す人を、力強くサポートしてくれる教習所です。

  • 教習所名:八戸ノ里ドライビングスクール
  • 住所:大阪府東大阪市御厨南1-4-38
  • 電話:0120-831-024
  • 公式HP

バイクの免許を取ってツーリングに出かけよう

風と一体となって疾走するバイクには、単に移動手段としてではない大きな魅力があります。バイクに夢やロマンを感じる人は、たくさんいることでしょう。

バイクの免許は、そんな人々の生活をより豊かにしてくれます。バイクの免許をとって、大切な人とのタンデムやツーリングを楽しみましょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME