ボウリングで使うマイボールの値段は?無理なく安価に購入する方法

2019.04.26

ボウリングの練習を続けるにつれ、スコアアップへの思いは強くなります。そのため、マイボールの購入を検討する人もいるでしょう。しかし、ボール選びには悩みが付きまとうものです。そこで、初心者がマイボールを購入する際のポイントを紹介します。

初めてのマイボールは無理ない値段設定を

ボール選びで迷うことは、いくら程度のボールが自分に向いているかということでしょう。カタログなどを見ると、ボールの価格は幅広いことが分かります。

一体、どの価格帯のボールが適しているのでしょうか。

予算は1万6000円程度がおすすめ

ボールは、リーズナブルなものから高価なものまで幅広い商品が販売されています。数千円で買えるものや30万円を超えるものもあるのです。

趣味でボウリングに親しむボウラーは、一般的に1~3万円くらいのボールを選んでいます。初めて購入するなら、1万6000円程度のボールがおすすめです。このクラスなら、さまざまなメーカーから自分に合ったボールを十分に選べるでしょう。

ボールは常に進化し、新しいモデルが登場します。最新モデルにこだわらなければ、以前のモデルを割引価格で手に入れることも可能です。

価格別おすすめマイボール

ここでは、多くのボウラーがボールを購入する価格帯をいくつかに分け、それぞれのおすすめを紹介します。

超初心者向け。1万円以下

まだビギナーだと自覚があり、一生懸命練習してハイスコアを目指している人には、『アメリカンボウリングサービス ラ ヴィ』がおすすめです。

1万円を大きく切る低価格は、初心者には魅力的でしょう。表面素材はポリエステルなので、ボールの曲がりは強力ではありませんが、安定したコントロール性能が特徴です。

カラーバリエーションが豊富なので、ウエアやシューズに合わせてコーディネートも楽しめます。

  • 商品名:アメリカンボウリングサービス ラ ヴィ
  • 価格: 5955円(税込)
  • Amazon:商品ページ

初心者向け。2万円以下

摩擦力とコントロール性能をバランスよく両立させて、初心者でも扱いやすいと定評のある『ハイ スポーツ ビート』は国内トップクラスの人気モデルです。

リアクティブウレタンを表面素材に使うことで、強力な摩擦が確実な曲がりを実現します。ウレタン素材も配合されているので、コントロールのしやすさも兼ね備えている点が、中級者にも選ばれる理由です。

  • 商品名:ハイ スポーツ ビート
  • 価格:1万4113円(税込)
  • Amazon:商品ページ

中級者以上向け。3万円台

本格的なボールを求めるなら、『ストーム トロピカル ブリーズ』を検討してみましょう。

ストームは、ボウリングのボールの中で世界的にナンバーワンのシェアを誇るブランドです。そのクオリティは、各国の多数のプロ選手からも厚い信頼を得ています。

トロピカル ブリーズは、パールリアクティブ素材を採用しているため、強力な曲がりが大きなピンアクションを生み、ハイスコアへと導いてくれるでしょう。

  • 商品名:ストーム トロピカル ブリーズ
  • 価格:3万2700円
  • Amazon:商品ページ

安価なマイボールを手に入れる方法

ボールは、決して安い買い物ではありません。定期的な買い替えも視野に入れるなら、安価に手に入れたいものです。

よりリーズナブルにボールを購入する方法を紹介します。

ショップで店員に相談

ボウリング場の多くにはプロショップが併設されており、ボールをはじめとする各種グッズを販売し、ボールやシューズのメンテナンスにも対応してくれます。プロショップの店員は、ボウリングのエキスパートと言える心強い存在です。

カーブやフックの角度にこだわるか、それとも球速を大切にするかなど、自分の理想の球種に合ったボール選びについて、適切なアドバイスを受けることができます。まずは、なんでも相談してみましょう。

ラウンドワンで値段をかけずに

練習することでお金をかけずにマイボールが作れるなら、利用したいと感じる人は多いのではないでしょうか。

ラウンドワンのマイボールキャンペーンは、そんな願いを叶えてくれるサービスです。半年以内に5回プレーをし、カードにスタンプを貯めると2100円でマイボールを手に入れられます。

例えば、2時間パック1190円に貸靴代370円で1560円です。このセットで5回通うと7800円になります。これにボール代2100円を加えると9900円となり、1万円を切る価格でマイボールが購入可能です。

指穴を開けるドリル代も含まれるので、お得にマイボールを手にしたい方は検討してみてはいかがでしょうか。

とりあえずなら中古品もアリ

高価なボールを買っても、自分に合わなければムダになります。お試しで買ってみるなら、中古品を考えてもよいでしょう。

ボールの表面素材は、使うごとにレーンの油や汚れを吸い込みます。それらを油抜きという作業できれいにし、中古品として販売しているものが多数あるのです。

多少劣化もありますが、十分に使用できる状態にメンテナンスされているので、価格に見合った性能は保障されるでしょう。

また、指穴のサイズや間隔を自分に合わせて調整できることが、マイボールの大きなメリットです。この点も、開けられた穴を一旦ふさぎ、新たに自分に合った穴を開けてもらえます。そのため、中古でも指にフィットしたボールが買えるのです。

マイボールは自分のレベルに合わせて

ボウリングは気軽にできるスポーツですが、プレーするにはお金がかかります。練習のペースが上がれば、それに応じた出費も必要です。

長くボウリングを楽しむためにも、マイボールは自分のレベルに合わせて堅実に選んでください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME