ボウリングウェアのシャツはどう選ぶか。着こなし例やオーダーなど

2019.04.25

ボウリング用のシャツは、豊富なデザインや機能性が用意されているため、どれにしようか悩んでしまうこともあるのではないでしょうか?特徴や着こなし例などを知れば、シャツ選びがスムーズになるでしょう。快適にプレイできる、おすすめのウェアを紹介します。

ボウリング用のシャツとはどんなウェア?

まずは、ボウリング用シャツと呼ばれるウェアの特徴をチェックしてみましょう。運動をしやすくするために施された工夫や、ファッションとして取り入れられた経緯なども一緒に紹介します。

ポロシャツ、ボウリングシャツの違い

スポーツ全般に使われるポロシャツは、動きやすさを重視したい人におすすめのウェアです。ボウリング用のシャツとしても主流のスタイルで、素材・カラー・デザインのバリエーションが豊富にあります。

織り方にも種類があり、通気性の良いものから型崩れにしにくいものまでさまざまです。肌触りも良いので、快適に過ごせるでしょう。

一方、ボウリングシャツは、もともとボウリング専用のシャツとして作られ、胸元が大きく開いたオープンカラーが特徴です。ゆったりとした着心地で、風通しが良く夏場でも重宝します。

背中・胸・襟部分に刺繍が施されている点も、ボウリングシャツの大きな特徴と言えるでしょう。そのほかにも、袖にワッペンがついていたり、ボタンにデザイン性の高いものが使われていたり、チームやブランドの個性を出せる装飾の工夫がたくさん施されています。

Tシャツ、ポロシャツ、半袖シャツ、アロハシャツとは全く違った独自のデザインを持ち、ボウリングを行うためのユニフォームにファッショナブルな要素が取り入れられた点が注目されました。

シャツインはしない形状

ボウリングシャツは、裾にボックスカット(裾を真っ直ぐにカットしている形のこと)が施されています。ボックスカットは運動していても裾が邪魔にならないほか、カジュアル感も演出できるためボウリングにピッタリの加工です。

着用時の動きやすさを考慮して採用されたボックスカットの裾は、シャツインしないで着るのが通常です。ファッションとして取り入れるときにも、シャツインしないでラフな着こなしを心がければ、レトロな雰囲気を残しながら、ほどよく男らしさが演出できるでしょう。

普段着としてラウンドカットのゆるいタイプのタンクトップにボックスカットのシャツを着こなせば、スタイリッシュさとカジュアルさが調和したコーディネートもできるのでおすすめです。

1950年代のアメリカで流行

1950年代のアメリカで作られたボウリング時のユニフォームが、ボウリングシャツの始まりと言われています。当時からオープンカラーが採用され、ワッペンなどの刺繍でデザインされたものが多くありました。

ブームの最中には、数々のブランドが工夫を凝らしたデザインで作り、ボウリングシャツで有名なブランドも多く存在しました。中でも『HILTON(ヒルトン)』や『キング・ルイ』のボウリングシャツは、ヴィンテージとして今でも人気の高いブランドです。

トラッドな着こなし

トラッドとは一般的に米国紳士服の様式のことで、トラディショナルスタイルと呼ばれる伝統的なスタイルの略です。トラッドな着こなしもボウリングシャツだからこそ楽しめます。ぜひ挑戦してみましょう。

トラッドなデザインのボウリングシャツとは

トラッドなデザインのボウリングシャツとは『アームホールのリブ』『ボウリングピンスタイルのボタン』などのポイントを押さえた、ボウリングシャツ王道のデザインのものを指します。

1950年代に流行った米国を彷彿させるようなレトロさを持ちながらも、今でもおしゃれの最前線で活躍するトラッドなデザインは、大人の雰囲気を引き立ててくれます。

ラフな格好との組み合わせや、スマートでスタイリッシュな着こなしにも合わせやすく、コーデのアクセントとしても重宝するのでおすすめです。

小物合わせでおしゃれに

トラッドなデザインのボウリングシャツでも、無地のものであれば、デニムパンツと一緒にハットを取り入れてモード感を演出できるでしょう。

シンプルな大人の雰囲気をトラッドなボウリングシャツで演出しながらも、ハットなどの小物で流行のテイストを取り入れると、よりおしゃれ度の高いコーディネートができます。

ヴィンテージな着こなし

ヴィンテージアイテムとしても価値の高いボウリングシャツを着こなして、おしゃれ感を引き立てるのも良いでしょう。

刺繍と程良いゆったりサイズのボウリングシャツ

1950年から流行しているボウリングシャツはヴィンテージアイテムとしても注目されています。ファッションアイテムとして取り入れれば、レトロさとカジュアルさを演出できるでしょう。

刺繍と程よいゆったりサイズのボウリングシャツは、古着との相性も良く色合いを合わせればカジュアルからヴィンテージまで幅広い着こなしができます。アクセントカラーを取り入れながら、派手な色使いを避けてシックにまとめるのがポイントです。

手軽なコーディネートとして、ゆったり系のボトムスに、ヴィンテージなボウリングシャツを合わせれば、ラフでありながら大人の雰囲気と遊び心を感じさせる仕上がりにまとまるのでおすすめです。

古着屋をチェックしてみよう

古着屋では、ボウリングシャツをヴィンテージとして扱って販売している店舗もあります。シンプルかつ刺繍によってさまざまなデザインが施されたボウリングシャツを見つけるには、古着屋をチェックしていくのがおすすめです。

特にブランドもののボウリングシャツは人気の品です。当時の雰囲気を残した逸品を見つけられるでしょう。

無骨になりすぎないようアクセントカラーを足す

ヴィンテージな着こなしでシンプルにまとまりすぎてしまった場合は、アクセントカラーを足すことで華やかなスタイルに仕上がるでしょう。シンプルすぎると地味な印象を与えてしまいますが、アクセントカラーで引き立ててあげる工夫はおしゃれ度が増すのです。

レトロテイストのボウリングシャツでは、配色が派手なこともあります。そんなときは、他のアイテムの色やデザインをシンプルにまとめてボウリングシャツをアクセントにしましょう。ボウリングシャツに施された刺繍などがコーデのアクセントとしても輝くのでおすすめです。

シャツのデザインの選び方

次は、シャツのデザインの選び方をチェックしてみましょう。どのようなデザインがどんな印象を与えるのかを考えて選んでみるのも、デザイン選びの楽しみです。

赤など勝負カラー

赤などの勝負カラーは気持ちをポジティブにし、アドレナリンの分泌を促してくれます。注目を集めたいときにもぴったりのカラーでしょう。このことから、赤は勝負という場面で1番影響を与えると言われています。

しかし、一般的には勝負カラーは自分が好きな色だったり、ゲン担ぎの色であることがほとんどです。ボウリングなどでも勝負カラーをシャツのデザインに入れてみるのも良いでしょう。

普段使いできる落ち着いた色合い

勝負カラーは派手な色使いのものが多く、自分のイメージとは違うと感じたときにはグレーなど『普段遣いできる落ち着いた色合い』のデザインのものを選んでみましょう。

普段使いとして、取り入れるのもおすすめです。ボウリングなどの試合でも落ち着きのある印象を与えるので、シックな雰囲気を演出したいときに合います。

こだわりの色分けで個性的に

襟や袖だけ違うカラーが使われたものや、腰元から上と下でカラーが全く違うものなど、色分けされたデザインのボウリングシャツも人気です。個性的な雰囲気を演出するのにピッタリで、若い人からも支持されています。

市販されているボウリングシャツでも、色分けに工夫が凝らされたものがたくさん出ているのでチェックしてみてはいかがでしょうか。

大会は襟付き、ネームありのものを

では、ボウリングの大会に出場するときはどのようなシャツを選べば良いのでしょうか。プロボウリング協会の公式トーナメントや承認大会などでは『襟付きで袖があるもの』と『背中にネームが入っているもの』がルールです。

ボウリングシャツにネーム入れをするときにはプリントが一般的です。プリント(マークを圧着させる方法で貼り付けるもの)、フルカラープリント、昇華プリント、刺繍の4種類から選べるものもあります。

昇華プリントとは

昇華プリントは生地を染めてネーム入れを行う方法です。昇華プリントであれば、ネームの重みや違和感がないので肌触りや着心地が良く仕上がります。また、写真などの高解像度のデータやグラデーションなども再現できるのも特徴です。

また、耐擦過性や耐水性もあることから激しい運動などでも色褪せることなく長く愛用できるのも利点です。

フルカラープリントとは

フルカラープリントは、ポリエステル100%のものを染色して好みのデザインを反映できるタイプです。ネーム入れから自分の好みのデザインまでトータルに対応できるため、世界に1枚だけの自分のオリジナルシャツが作成できます。

ボウリングの大会では、チームが同一のユニフォームを着用することが規定に含まれています。そんなときにフルカラープリントであれば、ユニフォームを作るとき全員の意見を含めて1枚のオリジナルボウリングシャツが作成できるので便利です。

カッコ良い刺繍も

ボウリングチームのロゴやネーム入れを刺繍で入れ込む方法もあります。自分が使っている、または選んだお気に入りのボウリングシャツにカッコ良い刺繍でオリジナルシャツを作り上げてみましょう。

デザインもある程度までは対応できるほか、ボウリングシャツがなくても刺繍を行っている店舗で無地のボウリングシャツの販売を行っている場所もあります。まずは、デザインなどを考えて、伝えてみるところからスタートしてみましょう。

STORMのボウリング用ポロシャツ

STORM(ストーム)のボウリング用ポロシャツは、高いデザイン性と機能性で人気があります。アメリカのブランドですが、日本にも正規販売代理店があるため簡単に購入ができます。

日本ではハイスポーツ社より購入可能

日本では、日本正規販売代理店のハイスポーツ社から購入できます。

STORMの製品は、ボールからシャツまで幅広く取り扱いがあるためボウリング用品を一式揃えるのにも便利です。大会に使えるネーム入りのシャツもあるため、愛用者が多くいます。

ロゴや色が目立つデザイン

STORMのボウリング用ポロシャツはロゴや色が目立つ派手なデザインのものが多くあります。色分けに工夫が凝らされたものや、ポップなカラーからシックなカラーまで取り揃えられているため、お気に入りの1枚を見つけられるでしょう。

ポロシャツに限らず、ボウリングシャツ・ジャケットなども取り扱いがあります。個性的なファッションにも取り入れられるほか、シンプルなデザインが好きな人に向けたデザインもあるので見逃せません。

ABSのボウリング用ポロシャツ

次は、STORMにも負けない豊富なラインナップで注目されているABS(アメリカンボウリングサービス社)の製品をチェックしてみましょう。

スポーティからおしゃれなデザインまで

スポーティーテイストのものから、普段でも着られそうなおしゃれなものまで、幅広いラインナップがあるのがABSの魅力の1つです。宇宙の様子を投写したかのような不思議なデザインや、大人カジュアルを引き立てる色割りでシックかつスポーティなものまであります。

また、ケーゲル社やリンド社などの大手海外メーカーからの輸入・販売も行っています。

ABS社製以外にも個性的なデザインの製品が取り揃えられ、アメリカンで力強いデザインのものも、多くの男性から人気を集めているのです。中にはおもちゃのブロックの柄など個性あふれるものもあるのでチェックしてみてください。

ネーム入れは3000円より

ボウリングシャツへのネーム入れは、ウェアのデザインに合わせた書体が選べて3000円から行っています。ネームのデザインが豊富で、選んだウェアにぴったりなものを見つけられるでしょう。

1枚から作成できる 藤良

ボウリングのオリジナルユニフォームを作成するなら、1枚から気軽にオーダーできる藤良(ふじよし)がおすすめです。生地の配色、刺繍、プリントなどを組み合わせてオリジナリティあふれるウェアが作れます。

ぴったりサイズのシャツのオーダー可能

藤良のオーダーユニフォームは、普段着として着こなせるカジュアルラインなども選べ、着丈や袖丈などの細かい調節にも対応してもらえます。アメリカンサイズが多いユニフォームではサイズ選びが大変ですが、オーダーであれば自分の体にあったピッタリサイズのシャツがオーダーできるのが利点です。

藤良は、アームホールには特にこだわりをもっており、スタイリッシュなディティールを保ちながら『運動性能を確保』した機能的なシャツを作成しています。しなやかで軽い着心地の素材から、速乾性のあるスポーツニットまで幅広い素材から選べるのもポイントです。

オリジナルのデザインもOK

デザインは用意されているものからも選べますが、『袖にラインを入れる、色を変える、グラデーションを採用する』などオリジナルなデザインを自由に反映できます。

柄にも対応できるため、イメージがある場合は、手書きで書いたラフなイメージを写真撮影してメールに添付すれば、デザインを起こして提案してもらえます。

刺繍にこだわりたい人におすすめ

藤良の刺繍はコンピューターミシンで行い、緻密な計算でデータを作り上げるため『手では出せない精密で綺麗な仕上がり』が特徴的です。試し縫いで納得の行く精度まで調節を行っているため、一切手抜きなしの刺繍に仕上がります。

自分のデザインをオリジナルの刺繍として直接ユニフォームに刺繡する時も、コンピューターミシンであれば、細かい部分まで意見が反映されるのです。

刺繍は、オリジナルデザインだけではなく『企業マーク、ネーム、ロゴなど』にも対応しています。チームのユニフォームの作成や、チームの一員を示すロゴなどにこだわりたい人はサービスを利用してみましょう。

また、自分が作成したオリジナルのイラストを藤良がオリジナルワッペンに加工・作成してくれるサービスもあります。

  • 店舗名:株式会社 藤良
  • 住所:東京都中野区江原町1-10-13
  • 電話番号:03−3953−3093
  • 営業時間:平日 9:00〜18:00
  • 定休日:土日祝日
  • 公式HP

ボウリングをおしゃれに楽しむ

ボウリングシャツはボウリングをおしゃれに楽しめる大人のファッションです。自分だけの1枚や、お気に入りの1枚はやる気にも繋がります。今までは普段着でボウリングをしていた人も、専用のウェアをカジュアルに着こなして楽しんでみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME