帽子は掛ける収納がおすすめ。人気の通販アイテムからDIYまで紹介

2019.04.23

に帽子が好きになると、服装の雰囲気に合わせてさまざまな種類のものを持っているでしょう。しかし、帽子は収納方法に迷ったり、散らかりやすかったりするアイテムでもあります。もし収納方法に迷っているなら、いっそ壁に掛けてみるのはいかがでしょうか?

かさばる帽子には掛ける収納がおすすめ

帽子の収納方法の中で、『帽子を掛けて収納する方法』に的をしぼって紹介していきます。その前にまず、なぜ掛ける収納をすすめるのか、その魅力を紹介しましょう。

床や棚に置くより部屋がすっきりする

ひとくちに『掛ける収納』といっても、壁に直接掛けたりポールなどを使って掛けたりするなど、方法はさまざまです。

これらの方法の最大のメリットは、『場所を取らないこと』があげられます。

帽子を床に置くと、踏んでしまう可能性もあるうえに、見た目にもあまりよくありません。棚に並べるのもよい方法ですが、棚自体が場所を取るため、部屋がせまくなってしまいがちです。

手に取りやすく片づけやすい

帽子は、大抵の人が出かける直前に身につけるものです。

収納家具の中に入っているよりも、すぐに見える位置に置いてある方がサッとかぶれるので、ラクにコーディネートできます。片づける際も、フックに掛けておくだけなので、面倒に感じることもありません。

さらに、帽子が常に見えている状態なら、どこへいったかすぐにわかります。「去年の冬にかぶっていたニット帽を今年かぶろうとしたら、どこへいったかわからなくなった…」という事態もなくなるのです。

常に見える場所に帽子があれば、湿気などによる『カビ』を予防する効果も期待できます。「久しぶりに帽子を出したら、カビが生えていた」という悲しい出来事も防げるでしょう。

壁掛け収納ならさらにメリットづくめ

帽子は、ポールなどに掛けて収納するのも一つの方法ですが、壁掛けにすることで、よりメリットが増えます。次は、掛ける収納の中でも『壁に掛ける方法』の魅力をくわしく解説します。

スペースを有効に使える

壁に掛けることで、ポールを使うよりもさらにスペースを有効に活用できます。壁に帽子を掛けるスペースがあれば、そこにフックを取り付けるだけでOKです。

帽子がさほど多くない場合、1カ所にフックを貼れば、立派な『帽子置き場』になる手軽さも魅力です。

フックは100円均一などで購入できるものでも構いません。たったこれだけで、お財布にも嬉しい帽子置き場ができあがります。

インテリアとしてもおしゃれ

近年のDIY流行により、100円ショップでもおしゃれな素材が手に入るようになりました。

上手く使って『見せる収納』を意識すると、まるでおしゃれなアパレルショップにいるようなディスプレイに仕上がります。

帽子はファッションアイテムです。日用品のように『なるべく隠して収納したほうがよいアイテム』とは異なり、あえて見せることでいつものお部屋がさらに魅力的になります。

帽子を壁に掛けると単調なデザインの壁にアクセントを加えられるため、観賞するだけでも楽しくなれるでしょう。

掛け方で部屋の印象は大きく変わる

帽子を壁に飾る方法はさまざまで、掛け方一つで印象も変わります。最もシンプルな方法といえば『麻ひもとクリップ』を使った収納です。

麻ひもを壁に取り付け、クリップで帽子を引っかけるようにすると、ナチュナルな印象を演出できます。麻ひもをチェーンに変えると、ワイルドな雰囲気にもできるでしょう。

麻ひもよりも少し手間がかかりますが、『バー』を壁に取り付けて帽子を収納する方法もあります。バーが『木目調』と『金属風』のものでは、やはり趣が違ってくるのです。

掛ける収納をする際には、自分の部屋のコンセプトに合わせて素材を選ぶとよいでしょう。

さらに、ウォールステッカーなどを使って壁を飾れば、壁に遊び心がプラスされて見ていて楽しい雰囲気が出ます。

通販で買えるおしゃれな帽子掛け

帽子を掛けて収納する魅力がわかったところで、次は通販で買えるおすすめの帽子掛けを三つ紹介します。

Love-KANKEI ウォールハンガー

『Love-KANKEI ウォールハンガー』は、天然の木とアルミフックでできたハンガーです。

本来5連で使える形状ですが、2連と3連に分けることも可能となっており、スペースに合わせて使えます。

フックは、出し入れ可能な作りになっているので、使わない時はフックを引っ込めてスマートに見せられるのも便利です。

ハンガーはネジで取り付ける仕様になっており、1フックあたり2.3kgまで耐えられます。どんな部屋にも似合うシンプルなデザインなので、空間の雰囲気を壊すことなく、収納力UPが叶えられます。

  • 商品名:Love-KANKEI ウォールハンガー 壁掛けフック
  • 価格:2200円(税込)
  • Amazon商品ページ

gudeelife RAN バンブーラウンドフック

『gudeelife RAN バンブーラウンドフック』は、2017年に設立されたインテリアブランド『GUDEELIFE』が製作したフックです。

素材は竹で、丸いフォルムがかわいらしいシンプルなデザインです。色はシャビーホワイト・ナチュラル・ダークブラウンの3色展開で、ビスで取り付けられるようになっています。

かわいらしい見た目に反するしっかりした作りで、重量は5kgまで耐えられる設計です。

  • 商品:GUDEELIFE 壁掛け フック ウォールフック
  • 価格:1620円(税込)
  • Amazon商品ページ

ドアにも壁にもOK CAPRACK9

『CAPRACK9』は、帽子ラックの中でもつくりがかなり特徴的です。

一見するとサスペンダーのような見た目をしており、取り付けるドアの高さに合わせて長さを調節できるようになっています。

ドアの上に付属の金具を引っ掛けて、そのまま下までまっすぐ伸ばして使う帽子ラックは、取り付けも簡単でスペースも取りません。

帽子は9個まで収納が可能で、家族で使ってもよいでしょう。なおこの帽子ラックは、高さ179~204cmのドアに対応しています。

  • 商品名:アンドグラッド CAP RACK 9 10094
  • 価格:1836円(税込)
  • Amazon商品ページ

身近なアイテムを使って帽子掛けをDIY

既製品を紹介しましたが、次は自分で工夫して帽子掛けをDIYする方法を紹介します。

100均のワイヤーネットとS字フックで

100円均一のお店に行くと、さまざまなサイズやカラーのワイヤーネットが販売されています。

自分が帽子を掛けようと思っている壁の大きさに合わせたワイヤーネットを選んで、S字フックを取り付ければ、簡単に帽子ラックが作れます。

すべて100円で揃うため、非常にリーズナブルな点も魅力です。部屋の壁の色や雰囲気に合わせてラックの色を選ぶと、一層おしゃれになるでしょう。

フックは、S字フック以外にも『ワイヤーネット専用タイプ』もあるので、組み合わせて使用することで、より奥深い帽子掛けがDIYできます。

家具のすき間などに突っ張り棒を渡し

突っ張り棒を使って帽子ラックを作ることも可能です。突っ張り棒にカーテンクリップを通し、そのクリップ部分に帽子を吊るして収納する方法です。

クリップを使わず、2本の棒を平行に設置した上に、帽子を乗せるだけでも立派な帽子置き場になります。

突っ張り棒は、スタンダードな棒状のものから、ラックのようになるものまで種類があります。たくさん帽子を収納する場合には、吊るす収納と置く収納の2パターンで使用できるラックタイプがおすすめです。

突っ張り棒は100円均一でも多く売られていますが、たくさん掛ける場合には強度にも注意して選ぶようにしましょう。

有孔ボードに帽子を掛けて男前インテリアに

たくさんの『孔』が開いている有孔ボードを使った帽子掛けなら、男前な雰囲気で部屋のコーディネートがワンランクあがることでしょう。

有孔ボードに帽子を掛ける際にはフックが必要です。『有孔ボード専用フック』もあるうえに、100円均一のフックを改造しても取り付け可能です。

丈夫でたくさん掛ける場所があるため、将来もっと帽子が増えたとしても、問題ありません。

そのほか帽子収納で使われる素材には、木製のフレームやアイアンバー、すのこなどがあげられます。これらにフックを付けても帽子置場に利用可能です。

DIYが既製品よりも優れている点は、自分のお部屋の間取りや家具のサイズにぴったり合わせられることです。材料をうまくそろえることで、既製品よりも安く作れることも魅力でしょう。

掛ける帽子収納で注意すべき点

ここまで、掛ける収納に関してのよい面と具体的なアイディアを中心に紹介してきました。しかし、帽子を壁掛け収納する場合には、ほかの方法とは違った配慮も必要です。

どのような点に気をつければよいのでしょうか?

直射日光が当たる場所には掛けないこと

壁掛け収納を作る際は『直射日光が当たらない場所』を選びましょう。

直射日光が当たる場所は、どうしても色あせなどの劣化を起こしてしまい、お気に入りの帽子が台無しになってしまいます。

壁掛け収納を作るうえで大切なことは、直射日光を避けること、そして『湿気が少ない風通しのよい場所を選ぶこと』です。

大切な帽子をいつまでも美しく保つためにも、掛ける場所に気をつけましょう。

型崩れしやすい帽子には適していない

壁掛け収納はフックなどを使って吊るすように掛ける形になるため、どうしても下に引っ張られるような飾り方になります。それが長く続くと帽子の型崩れなどを引き起こしかねません。

帽子によっては、美しい形を維持しながら楽しむデザインのものも多くあります。型崩れしやすい繊細な素材の場合には、壁掛けはあまりおすすめできません。

自分の持っている帽子が吊るすのに適しているのか適さないのかをよく考えて、収納方法を選びましょう。

掛ける収納で部屋をすっきりおしゃれに

帽子を収納する方法は数あれど、掛ける収納ほど手軽でスペースを有効活用できる方法もないでしょう。

シンプルなフックはもちろん、ワイヤーラックや突っ張り棒を使って、自分の部屋にマッチしたオリジナルの帽子掛けを作ることも可能です。

もし、帽子をたくさん持っていて収納に困っているなら、一度掛ける収納を試してみてはいかがでしょうか。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME