メガネフレームの色をスマートに選ぶ。人気の定番色とメタルカラー

2019.04.21

メガネを購入する時、フレームの色を何となくで選んでいませんか?「いつも無難な色にしてしまう」という人も、上手なフレームの色の選び方を知れば、より自分に似合うメガネを見つけられます。肌の色や服装・シーンに合った選び方を紹介します。

メガネフレームの色の選び方

メガネを買ったものの、失敗したという経験がある人も多いのではないでしょうか。

ショップでは真剣に選んだつもりなのに、どうして失敗してしまうのか、その原因と、自分に似合うメガネフレームの色の選び方について説明します。

何となく買いから卒業しよう

メガネ選び失敗の原因は、『何となく選んでしまうから』です。

メガネはいろいろな服装の時にかけるので、上着を着ている時は、脱いだ状態でも似合うかどうかチェックしてみましょう。また、普段自分がよく着る服装でお店に行くのもおすすめです。

ビジネス用に購入したい人は、スーツを着ている時に選んでみましょう。

髪形に関しても、ブローだけしている状態、ワックスでセットした状態、どちらでも似合うかどうかチェックすることが大切です。

パーソナルカラーを知って似合う色を選ぶ

メガネフレームの色を選ぶ際も、何となく、無難だからという理由で選ぶのではなく、『自分のパーソナルカラー』を知って選ぶとよいでしょう。

人は、自分が持っている肌や瞳の色によって似合う色が異なり、似合う色のグループをパーソナルカラーと呼びます。パーソナルカラーのアイテムを身につけると、肌馴染みがよく、肌や瞳がきれいに見える効果があります。

パーソナルカラーは四つの季節グループに分類されます。イエローベースの一つ『スプリングタイプ』なら暖色系で彩度の高い色が、同じくイエローベースの『オータムタイプ』は暖色系でも深いアースカラーが似合うでしょう。

ブルーベースの『サマータイプ』であれば寒色系で青みのある柔らかい色が、『ウィンタータイプ』の場合は、彩度の高い寒色系で深い色が似合います。

メンズスーツに合わせるメガネフレームの色

男性であれば、スーツに合うメガネを探している人も多いでしょう。メンズスーツには、どのメガネフレームの色が合うのか、定番からおすすめできる色まで、くわしく紹介します。

信頼感の持てるブラックやブラウンが人気

一般的にビジネスのシーンでは、カラフルなメガネはあまり歓迎されません。アパレルや芸能関係といった、クリエイティブ系の仕事であれば、遊び心のあるカラフルなメガネを着用している人も多いですが、それ以外の職場では浮いてしまうでしょう。

ベージュやライトグレーなど薄めの色も、カジュアルな雰囲気になるのでおすすめしません。

ビジネスシーンでは、信頼感の持てるブラックやブラウンがよいでしょう。誰に似合うとされ、スーツの色も選びません。濃いめの色はフォーマルでも通用するので、その点も便利です。

日焼けした肌に、べっ甲がぴったり

日焼けした肌や色黒の人には、同系色のべっ甲柄のフレームがよく似合います。肌に馴染み、柔らかい印象になるでしょう。プラスチックの素材がワイルドさを緩和する効果もあり、全体的に知的な印象も与えます。

べっ甲柄でも、透明感の強い明るい色味から、色の濃いものまで、さまざまあります。色の濃いべっ甲柄は、より肌の黒い人の方が様になるでしょう。かけてみて、自分の肌に馴染むものを選んでみましょう。

また、フレームの種類によっても印象が変わります。べっ甲柄のウェリントンもワイルドな印象をおさえる効果があり、細身のフレームを選ぶことで、よりスマートな印象を与えます。

シルバーはキリっとシャープな印象

メンズスーツに合うメガネフレームとして、もう一つおすすめする色がシルバーです。メタル素材のシルバーのフレームは、クールでシャープな仕事のデキる男性といったイメージを与えます。

個性やトレンドは強くはありませんが、お洒落すぎないところが逆に、誠実さ・信頼感・清潔感といった印象にもつながります。フレームの種類は、同じくシャープで知的な印象を与えるスクエアがベストです。

シルバーフレームの持つ印象は、恋愛対象として考える女性から見ても、魅力的に映るでしょう。

メガネがシルバーフレームの場合、時計もシルバー系でまとめてみましょう。統一感が出て、さらにデキる男性のイメージが高まります。

オフの日は定番色メガネもデザインで遊ぶ

オフの日にかけるメガネは、フレームの色が定番色でも、デザインに凝った遊び心のあるものを選ぶことで、いつもとは違った雰囲気を楽しめます。

ブラックのサーモントで凛々しく

ローゲージニットやデニムなど、ゆるめのファッションが多いオフの日は、ほどよい引き締め効果のある、ブラックのサーモントブローを合わせてみてはいかがでしょうか。

『サーモントブロー』は、上部が太めになったデザインのフレームで、眉毛の印象を際立たせる効果があります。クールでカッチリとしたイメージで、目元の印象も強まり、顔の引き締め効果も期待できます。

サーモントブローは、とくに顔の輪郭がぼやけて見える人に、おすすめのフレームです。

シルバーはボストンで知的さと優しさを

色がシルバーでも、フレームの種類をボストンにすることで、よりオフの日にマッチしたメガネになります。

シルバー素材のボストンでおすすめするのが、幅広い年代から人気のあるアイウェアブランド、レイバンの『RX3447V』です。

『RX3447V』はオールメタル製で、フレームラインが細く繊細で優しい印象を与え、知的さや温かさも演出できる傑作フレームです。

つるの部分の柔軟性も高く、顔をやさしく包み込むような、抜群のかけ心地も特徴でしょう。縁周りには細かな彫金も施された、デザイン性も高いメガネです。

混色で抜け感あるワンランク上のコーデに

単色のフレームのほかに、混色のフレームもあります。同じフレームでも、色を単色から混色にすることで、イメージチェンジが図れます。また、混色ならではの色気のある目元も演出できるでしょう。

混色でもいろいろなパターンがあります。フロントとつるの色が違うバイカラーのフレームは、正面と横から見た印象が異なり、さりげないお洒落を楽しめます。

フレームの上半分が黒、下半分がべっ甲柄といった、上下で色が違う場合は、黒の引き締まったイメージと、べっ甲柄の軽快な印象との両方を感じられるでしょう。

紺色のフレームに、淡い茶色のインナーリムをはめ込んだデザインは、目元だけが際立つバイカラーになっており、茶目っ気のある印象を与えます。シンプルなファッションの差し色としても効かせられるでしょう。

有色とクリアを組み合わせたデザインも多いです。表面が茶色・背面がクリアのものや、クリアの生地の表面に一回り小さく黒色をペイントしたデザインなど、さまざまです。

ブラックがしっくりこないときはバイカラー

ほとんどの人にマッチするといわれているブラックですが、もし自分の肌の色にしっくりこないという場合は、ほかの色も入ったバイカラーのフレームを選んでみましょう。

ほかの色が入ることで、自分の肌の色に馴染み、浮くこともなくなります。パーソナルカラーを参考にしたり、実際にフレームを着用したりし、鏡を見てチェックしてみましょう。

高級感あるコンビフレームも試してみよう

フレームの色を混色にする以外に、素材を複数組み合わせる楽しみ方もあります。

個性のあるプラスチックフレームと、クールで上品なメタルフレームを併せたコンビフレームは、高級感が感じられ、素材の違いによる立体感も魅力です。

一般的に多いのが、レンズ周りのリム部分がプラスチック、レンズの間のブリッジやつる部分がメタルの組み合わせです。

いつもの着こなしを、よりアップグレードしたいなら、高級感の感じられるコンビフレームを試してみるとよいでしょう。はいかがでしょうか。

メタルフレームは定番色以外も取り入れやすい

メタルフレームはプラスチックフレームなどに比べ、フレームラインも細く、色味があってもそれほど強い印象を与えないため、定番色以外でも取り入れやすいでしょう。

とくに普段、ブラックやグレーなど落ち着いた色の服をよく着る人は、カラーメタルのフレームメガネをかけることでアクセントになります。また、無難なメガネから卒業したいという人にも、カラーメタルのメガネはおすすめです。

どんな服装にも合いやすい紫

紫は一見合わせるのが難しい色に思いがちですが、意外にもブラックやブラウンと同じく、いろいろな服に合わせやすい色です。

服や小物のどこか1点に同系色のものを取り入れると、さらにコーディネートしやすくなります。紫のほかにも、ワインレッドや淡いグリーン・淡いターコイズなども、合わせやすい色です。

セクシーなメタルカラーで洗練された印象に

メタルの特徴は、人の動きに合わせて、キラリとリッチに光るところです。そんな繊細なメタル素材のフレームに、色味が加わることで、かけた時にセクシーで洗練された印象になります。

とくにおすすめなのが、ブラウンカラーです。シックでありながら、大人のセンスのよさも感じさせてくれます。ふとした表情も色っぽい、遊び上手な男性に見えるでしょう。

リムレスや無色フレームという選択肢も

縁のないメガネ(リムレス)や無色フレームについても見てみましょう。特徴や与える印象について説明します。

縁のないメガネは自然で繊細な印象

リムレスは縁がないため、見た目も自然で繊細な印象を与えます。形もスクエアで、知的でスマート・仕事がデキそうといったイメージもあり、おすすめできるメガネです。また軽量なので、かけていて楽というメリットもあります。

レンズに穴を開け金具で止めているツーポイントのため、強度としてはやや弱く、取り扱いには注意が必要です・

無色フレームはツヤ消しタイプがおすすめ

少し個性的な無色フレームですが、肌や髪の色に馴染みやすかったり、遊び心のある抜け感が演出できたりといった長所もあります。

初心者が挑戦するなら、ツヤ消しタイプがおすすめです、肌馴染みもよく、ギラつき感もあまり感じられないでしょう。また、フレームが細めのものも、独特のクセが少なくかけやすいでしょう。

自分を客観的に見て色を選ぶことが大切

メガネフレームはビジネスシーンにおいて、ブラックやブラウン・シルバーなど、落ち着きや信頼感を与える色がおすすめです。

オフの日にかけるメガネは、デザインや色で遊んでみましょう。フレームの色は、客観的に見て、自分に似合う色を選ぶことが大切です。そのように選ぶことで、メガネ選びに失敗することもなくなるでしょう。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME