日本酒と焼酎の違い、説明できればビギナー脱出。日本のお酒について知っておこう

2019.04.19

日本のお酒といえば、日本酒と焼酎。どちらかを、あるいはどちらも愛飲している人も多いのではないでしょうか。全国各地を見てみると地域限定のものも多くあり、旅行先のお土産として購入される方も多いそうです。そんな日本酒と焼酎について今回は「違い」をご紹介します。知れば知るほど味わい深い日本酒と焼酎。是非、その魅力を感じてみてください。

日本酒と焼酎の決定的な違いは製法

日本酒と焼酎。飲んでみれば全く違うことは容易にわかりますが、具体的にはどこが異なっているのでしょうか?この2つを明確に分けている1つの要因が、製造方法になります。

日本酒の造り方「醸造酒」とは?

まずは、日本酒の製造工程。日本酒は「醸造酒」であり、米を酵母により発酵させたのち、蒸留をおこなわずそのまま飲むことになります。そのため、米のふくよかな味わいがより濃厚に感じられ、芳醇な味わいに仕上がります。

焼酎の作り方「蒸留酒」とは?

対して焼酎は「蒸留酒」であり、原料を発酵させてつくった酒をさらに蒸留することでアルコール純度を高めます。このため、焼酎の味わいはよりクセの少ないすっきりとした味に仕上がるのです。

アルコール度数の高いお酒はどっち?

では、日本酒と焼酎ではどちらの方がアルコール度数は高いのでしょうか?比べてみると、日本酒より焼酎の方がアルコール度数は高めになります。

これも製造工程の違いによって生まれてくる結果です。日本酒と同じ醸造酒の仲間には、ワインやビールがあります。他のお酒をみてもわかるとおり、醸造酒のアルコール度数はそこまで高くなく、せいぜい5~15%程度に落ち着くことが多いでしょう。

それと反対に蒸留酒で作られているお酒には、ウイスキーやブランデー、ウォッカなどのきつめのお酒が数多くあります。これらの中にはアルコール度数が40~50%といったお酒も珍しくありません。ただし、蒸留後に加水した場合でも蒸留酒とされますので、アルコール度数を大きく落とすことも可能となります。

日本酒と焼酎の違いは原料にもあり

また、原料についても違いがあります。日本酒の原料は米がベースである必要がありますが、焼酎は米・麦・芋などさまざまな原料を使ってもよく、その種類は多種多様です。日本のお酒として一緒くたにされることも多いですが、実は全くと言っていいほど違うお酒なのです。

焼酎はイモや麦など種類が豊富

焼酎の原料には、実に様々な種類が揃っています。例えば、麦を原料とした麦焼酎、芋類を原料とした芋焼酎、米を原料とした米焼酎など実に豊富。

その他にも、アロエや紅茶、栗、牛乳、トマトなどといった変わり種も存在しており、焼酎の原材料として法律で認められている食材は50種類以上に及ぶそうです。牛乳焼酎なんて想像もつかないですが、そんな変わり種も受け入れてしまう懐の広さが焼酎の一つの魅力でもあります。

王道の芋や麦だけでなく、是非変わり種にも注目してみましょう。原料が違えば味わいもまったく異なるので、苦手だと思っていた焼酎にはまってしまうかもしれません。

日本酒と焼酎をより美味しくいただこう

日本酒と焼酎は、同じ日本の酒として一緒くたにされることも多いですが、実は全く違うお酒だとわかりました。見た目は同じであっても原料や製法に違いがあり、アルコール度数をはじめとして味も全く異なるものです。

知識がある状態で飲むのと知らないで飲むのとでは、味わい方もまた変わってくるでしょう。うんちくを語るのは『粋』ではないかもしれませんが、お酒を楽しむための知識を得つつ、日本のお酒をたっぷり楽しむのも乙なものです。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME