プロ野球の観戦チケットの入手方法。争奪戦に負けない買い方とは

2018.07.31

プロ野球はテレビで気軽に観戦できますが、球場ではファンが一体となって盛り上がるので、より観戦を楽しめます。人気のある試合だとチケット争奪戦になることもありますが、いろいろな入手方法を知って、チケットを入手できる確率を高めましょう。

プロ野球観戦チケットの基礎知識

野球は日本の国民的スポーツです。プロ野球は昭和の時代に発展し、今でも多くの人が球場やテレビでの観戦を楽しんでいます。球団はそれぞれ本拠地を持っていて、地元に根付き、愛される存在です。

『ホーム(本拠地の球場)』と『ビジター(対戦相手の球場)』で対戦することが多くあります。それ以外の地域で公式戦を行うこともあります。

まずは、観戦チケットの入手方法を確認してみましょう。

事前に販売期間を調べる

チケットは『当日券』と『事前販売』があります。人気の球団や席種だったりすると、すぐにチケットが売り切れる可能性があるので、できるだけ早く購入手続きをしましょう。

一般販売の前には『先行販売』があります。先行販売には、ファンクラブ会員限定や抽選といった条件があることが多いですが、先行販売でチケットを入手できればベストです。入手できなくても一般販売でもう一度チャレンジすることができます。

チケットの値段は球場次第

プロ野球の球団は、本拠地の球場を持っています。座席の種類は立見席、自由席、ファミリーシートなど様々で、それぞれの球場で座席の区分の仕方は違います。

また、同じような場所に位置する座席の値段も、球場により変わります。

プロ野球観戦チケットの買い方

プロ野球の観戦チケットには、いくつかの買い方があります。球団の公式HPや各プレイガイド、球場窓口などを利用して購入できます。

球団の公式HPから購入

球団の公式HPからチケットが購入できます。球団直営の販売で、豊富な席数から選択できます。

球団によって、サイトの利用方法に関して違いがあります。例えば、会員登録や手数料が必要か否かといった点で違いが見られます。

人気球団はファンクラブへの入会もおすすめ

人気球団のチケットは入手しづらいので、入手の確率を高めるためには『ファンクラブに入会する』のもおすすめです。ファンクラブ会員限定の先行予約ができます。

また、ファンクラブに入会すると、一般料金よりお得な値段でチケットを購入できたり、オリジナルグッズがもらえたり、会員限定のイベントに参加できたりとさまざまな特典があります。

各プレイガイドで購入

プロ野球のチケットは、プレイガイドでも購入できます。チケットぴあやe+(イープラス)といったプレイガイドがあります。プレイガイドのサイトや電話、窓口を利用します。

球場窓口で購入

球場が住まいの近くにあれば、窓口で購入するのが手っ取り早くて便利です。営業時間や定休日を確認していきましょう。デーゲームの日、ナイターの日、試合がない日で、営業時間が違うこともあります。

プロ野球観戦の楽しみ方

球場でプロ野球観戦を思い切り楽しむために、座席の種類やその特徴、また楽しめるサービスについて、知っておきましょう。

目的に合った座席を選ぼう

席種は大きく分けて、『内野席』『外野席』『バックネット裏』があります。それぞれの席種の特徴をご紹介します。

『内野席』は、外野席より選手を近くで見ることができます。また、広めの座席で座りやすく、基本的に座って観戦する場所なので、ゆったりと楽しめます。

『外野席』は、周りの人と一体感を楽しめる場所です。鳴り物を鳴らしたり応援歌を歌ったりして、盛り上がれます。

『バックネット裏』は、ピッチャーとバッターの対決の緊迫感を間近で感じられる席です。

また、スタジアムの右と左で、『ホーム側』と『ビジター側』に分かれています。試合を主催するチーム側と、その対戦相手側で応援席を分けているのです。相手チームのユニフォームを着たままでは入れない席もあります。自分が応援するチーム側の座席をとるようにしましょう。

誕生日プレゼントになるような企画も

各球団はイベントにも力を入れていて、例えば『楽天生命パーク宮城』では誕生日のお祝いになるようなサービスがあります。

誕生日当日に、インフォメーションで証明書を提示して申し込みをすれば、ビジョンで誕生日の人の名前を表示してくれます。スタジアムにいるお客さんみんなにお祝いしてもらえるでしょう。

また、『Happy birthday缶バッジ』をプレゼントしてくれて、それを左胸に付けていれば、球場スタッフからお祝いの言葉をかけてもらえます。

自分に合う買い方を見つけよう

チケットの買い方には、いろいろな方法があることが分かりましたね。自分に合う買い方を見つければ気軽に買えますし、買う方法をたくさん知っていれば、チケット争奪戦にも勝ちやすくなります。

チケットの入手方法を知ったら、是非気軽にプロ野球観戦を楽しんでみてください。

その他のテーマ

ART

CULTURE

CRAFT

FOOD

TIME